zuknow learn together

新しい教材を作成

アジア諸地域の繁栄~オスマン帝国の成立と発展(1)~

カード 16枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 13世紀にモンゴルの侵攻を受けて弱体化していた、セルジューク族の一族がアナトリアに建てた国。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    13世紀にモンゴルの侵攻を受けて弱体化していた、セルジューク族の一族がアナトリアに建てた国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルーム=セルジューク朝

    解説

  • 2

    1453年にコンスタンティノープルを攻略しビザンツ帝国を滅ぼしたオスマン皇帝は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メフメト2世

    解説

  • 3

    セリム1世のエジプト征服により滅んだ、エジプトのイスラーム王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マムルーク朝

    解説

  • 4

    1396年に起きたバヤジット1世が反オスマン十字軍を破った戦いを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニコポリスの戦い

    解説

  • 5

    オスマン帝国が1366年に都にしたのは何処か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドリアノープル

    解説

  • 6

    アナトリア西北部にある、オスマン帝国初期の首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブルサ

    解説

  • 7

    ニコポリスの戦いで敗れたハンガリー王。後に神聖ローマ皇帝となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジギスムント

    解説

  • 8

    ニコポリスの戦いに勝利したが、1402年のアンカラの戦いでティムール軍に敗れて捕らわれたオスマンの君主。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バヤジット1世

    解説

  • 9

    オスマン帝国のメフメト2世の時、遷都して新しい都となったのはどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イスタンブル

    解説

  • 10

    セリム1世のエジプト征服により成立したとされる、スルタンがカリフをも兼ねる制度。最近の研究では、18世紀後半から使われるようになったとも言われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スルタン=カリフ制

    解説

  • 11

    1389年オスマン帝国がバルカン半島のスラヴ勢力を破り、以後19世紀までその土地を支配下に置くきっかけとなった戦い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コソヴォの戦い

    解説

  • 12

    1517年、エジプトを征服したオスマンの君主。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セリム1世

    解説

  • 13

    ルーム=セルジューク朝崩壊の混乱時、1299年にアナトリア西部に成立したトルコ系のイスラーム帝国(王朝)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オスマン帝国

    解説

  • 14

    15世紀末、オスマン帝国が属国としたクリミア半島の国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリム=ハン国

    解説

  • 15

    オスマン帝国を建国した初代君主。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オスマン1世(オスマン=ベイ)

    解説

  • 16

    1453年、オスマン軍により首都コンスタンティノープルが占領され、滅亡した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビザンツ帝国

    解説

56903

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ