zuknow learn together

新しい教材を作成

アジア諸地域の繁栄~明代の文化(2)~

カード 12枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 北宋末の108人の豪傑の武勇物語『水滸伝』は誰が書いたものか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    北宋末の108人の豪傑の武勇物語『水滸伝』は誰が書いたものか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羅貫中

    解説

  • 2

    青年の柳夢梅と美女の杜麗娘の恋愛の成就を、現世と冥界とを描いた長編戯曲。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『牡丹亭還魂記』

    解説

  • 3

    明で完成した藍色の絵模様が描かれた陶磁器。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 染付

    解説

  • 4

    北宗画を代表する、明代の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仇英

    解説

  • 5

    職業画家がつくり出した、濃厚な着色や鋭い輪郭線を用いた山水画を特色とする絵画様式。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北宗画(北画)

    解説

  • 6

    明代に成立した、『水滸伝』、『三国志演義』、『西遊記』、『金瓶梅』の総称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四大奇書

    解説

  • 7

    明代に羅貫中が完成させた、三国時代の抗争を英雄豪傑を通して描いた長編歴史小説。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『三国志演義』

    解説

  • 8

    南宗画の画法・理論を大成した、明代の画家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 董其昌(とうきしょう)

    解説

  • 9

    明代に発達した、白磁に赤・緑・黄・黒・青などの釉(うわぐすり)で文様を描いた陶磁器。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤絵

    解説

  • 10

    文人画を様式化し、細く柔らかい描線を重ねて用い、明代に全盛となった絵画。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南宗画(南画)

    解説

  • 11

    『水滸伝』の一部を発展させて、豪族の裏面生活を描いた、明末の風俗小説。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『金瓶梅』

    解説

  • 12

    明代後期に完成した、玄奘のインド旅行を舞台に描いた妖怪変化の物語。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『西遊記』

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ