zuknow learn together

新しい教材を作成

ヨーロッパ世界の形成と発展~ドイツ・イタリアの消長~

カード 17枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 13~14世紀に、ドイツ地域に約300存在した封建的な小国家。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    13~14世紀に、ドイツ地域に約300存在した封建的な小国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 領邦

    解説

  • 2

    「アドリア海の女王」と呼ばれる港市と、その周辺領域からなる都市共和国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴェネツィア共和国

    解説

  • 3

    1356年に出された、神聖ローマ帝国の皇帝選出権を7人の選帝侯が持つことを認める勅書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金印勅書(黄金文書)

    解説

  • 4

    1438年から神聖ローマ皇帝位を世襲することになる、オーストリア地域を支配した家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハプスブルク家

    解説

  • 5

    都市の大商人が多かった、ゲルフとも呼ばれるイタリアでの教皇支持派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教皇党

    解説

  • 6

    13~14世紀にヴェネツィア共和国と海上権をめぐって争い敗北した、地中海沿岸の都市共和国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェノヴァ共和国

    解説

  • 7

    1282年、シチリアの貴族たちがアンジュー家の支配に対して起こした、反フランス反乱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「シチリアの晩鐘」

    解説

  • 8

    13世紀以降、ハプスブルク家の支配に対して闘いを始め、15世紀末に13州の独立を獲得した国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スイス

    解説

  • 9

    13~15世紀までヴィスコンティ家が専制支配を行っていた、北イタリアの公国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミラノ公国

    解説

  • 10

    12世紀のフリードリヒ1世時代が最盛期で、13世紀半ばに断絶した神聖ローマ帝国の王朝名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュタウフェン朝

    解説

  • 11

    1356年に金印勅書を発布し、皇帝選出権を七選帝候に認めたドイツ皇帝は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カール4世

    解説

  • 12

    ドイツで1256年から73年までの事実上の皇帝不在時代のことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大空位時代

    解説

  • 13

    14~15世紀にもっとも繁栄し、ルネサンスの中心ともなったトスカナ地方の都市共和国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィレンツェ共和国

    解説

  • 14

    東方植民を進めるなか12世紀に成立し、15世紀からホーエンツォレルン家領となった小国家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブランデンブルク辺境伯領

    解説

  • 15

    貴族や領主が多かった、ギベリンとも呼ばれるイタリアでの皇帝支持派。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皇帝党

    解説

  • 16

    ドイツ出身者の騎士団が、バルト海沿岸を開拓して形成した領域の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドイツ騎士団領

    解説

  • 17

    シチリア王国とナポリ王国とをあわせた国家の慣用的な呼び名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両シチリア王国

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ