zuknow learn together

新しい教材を作成

ヨーロッパ世界の形成と発展~封建社会の成立~

カード 18枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 農奴が生産労働を担当し、聖職者・貴族が支配者として彼らを支配した、身分制社会。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    農奴が生産労働を担当し、聖職者・貴族が支配者として彼らを支配した、身分制社会。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 封建社会

    解説

  • 2

    農奴が結婚の際、領主に払った税。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結婚税

    解説

  • 3

    その多くが小領主である、戦士階級の人々の呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 騎士

    解説

  • 4

    荘園のなかで、領主が直接経営する土地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直営地(領主直営地)

    解説

  • 5

    戦士階級の人々が持つべきと期待された、武勇と信義の尊重や女性や弱者へのいたわりなどの道徳。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 騎士道精神

    解説

  • 6

    農民が保有地からの収穫物を領主に納める生産物地代。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貢納

    解説

  • 7

    農奴の死後、相続人が領主に払った税。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死亡税

    解説

  • 8

    領主の館や教会があり、その地に住む農民をも支配していた、領主の所有地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 荘園

    解説

  • 9

    荘園のなかで、農民に使用権を認めた土地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保有地(農民保有地)

    解説

  • 10

    西ヨーロッパの封建制度の経済的基礎となる荘園制度で、君主から保証された所領内で裁判や課税について国王の関与を拒否する権利を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不輸不入権

    解説

  • 11

    封建制度において、主君から家臣に貸与された土地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 封土(知行)

    解説

  • 12

    西ヨーロッパの10~11世紀の封建制度の起源となったものの一つで、ゲルマン人の制度は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従士制

    解説

  • 13

    領主が農奴に行使した裁判権。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 領主裁判権

    解説

  • 14

    農奴が教会に納めた貢納。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十分の一税

    解説

  • 15

    西ヨーロッパの10~11世紀の封建制度の起源となったものの一つで、ローマ末期の制度は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恩貸地制度

    解説

  • 16

    封建社会のなかで、土地のなかだちを中心に形成された君臣(主従)関係。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 封建制度

    解説

  • 17

    領主の所有地内の大多数を占めた、移転と職業選択の自由のない、半自由民的な農民。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農奴

    解説

  • 18

    領主に対する農民の労働地代。領主の直営地での耕作労働が中心であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賦役

    解説

57003

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ