zuknow learn together

新しい教材を作成

【司法書士試験】民事訴訟法対策(判決の命令・決定)

カード 15枚 作成者: 石下勝信 (作成日: 2014/01/09)

  • 判決も決定も、仮執行の宣言を付することができない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士試験の民事訴訟法をジャンル別にしています

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    判決も決定も、仮執行の宣言を付することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 決定のみ該当する。判決は仮執行宣言を出せる。

    解説

  • 2

    判決も決定も、言い渡しによらなければ、効力を生じない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 判決のみ該当する。

    解説

  • 3

    判決も決定も、計算違い、誤記その他これらに類する明白な誤りがあるときは、自らした裁判を更正することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    判決も決定も、上訴に理由があると認めるときは、自らした原裁判を更正しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 決定のみ該当する。

    解説

  • 5

    判決も決定も、最高裁判所に上訴をすることができる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    XYは、通謀してX所有の不動産に付き仮装の売買契約を締結し、XからYへの所有権の移転の登記をした。その後、Yは、善意のZに当該不動産を売却し、YからZへの所有権の移転の登記をした。この場合、XがYに対して提起した所有権の移転の登記の抹消手続きを求める訴えは、却下される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 Yに対する訴えは有効である。その履行は無理でも、訴えの利益の有無は左右されない。

    解説

  • 7

    XはYとの間で、Yに対して有する特定の貸金債権について訴えを提起しない旨の合意をした。この場合、XがYに対して当該貸金債権に係る貸金の返還を求める訴えを提起しても、Yが当該合意の存在を主張したときは、Xの訴えは却下される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 不起訴の合意もすることができる。

    解説

  • 8

    XはYに対して有する貸金債権について執行証書を有している。この場合、XがYに対して提起した当該貸金債権に係る貸金の返還を求める訴えは、却下される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 執行証書を有していても、執行証書には給付請求権の存在につき既判力がないため、別訴で争われる可能性がある以上、給付の訴えの利益が認められる。

    解説

  • 9

    亡Aの相続人は、XYのみである。この場合、XがYに対して提起した、特定の財産が亡Aの遺産であることの確認を求める訴えは、却下される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 特定の財産が遺産に含まれることの確認を求める訴えにつき、判例は訴えの利益を認めている。

    解説

  • 10

    亡Aの相続人は、XYのみである。この場合、XがYに対して提起した、亡Aの相続に関し特定の財産がYの特別受益財産であることの確認を求める訴えは却下される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 特別受益あ遺産であることを確認する訴えは、相続分の紛争に対し、色説かつ抜本的に解決することにならない。

    解説

  • 11

    共同相続人間において定額郵便貯金債権が現に被相続人の遺産に属することの確認を求める訴えは、その遺産に属することに争いがある限り、確認の利益がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 特定の財産が遺産に含まれることの確認を求める訴えにつき、判例は訴えの利益を認めている。

    解説

  • 12

    戸籍上離縁の記載がある養子縁組の当事者の一方が提起した離縁無効確認の訴えは、被告において当該離縁が無効であることを争っていないときであっても、確認の利益がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 戸籍上の離縁の無効確認は、相手がその事実を争っていない場合であっても確認の利益がある。

    解説

  • 13

    賃貸借契約継続中に賃借人が賃貸人に対して敷金返還請求権が存在することの確認を求める訴えは、賃貸人が敷金交付の事実を争っているときであっても、条件付請求権の確認を求めるものであるから、確認の利益がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 敷金返還請求権の確認は、利益が見込める。

    解説

  • 14

    特定の財産が民法903条1項のいわゆる特別受益財産にあたることの確認を求める訴えは、特別受益財産に当たるかどうかについて当事者間に争いがある限り、確認の利益がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 特定財産が特別受益財産に該当するかは、確認の利益がない。

    解説

  • 15

    債務者が債権者に対して提起した債務不存在確認訴訟の係属中に、債権者からその債務の履行を求める反訴が提起されたときは、本訴である債務不存在確認の訴えは、確認の利益を欠くことになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 債務不存在確認の係争中に履行の反訴が提起されたら、本訴である不存在確認訴訟は利益を失い却下される。

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ