zuknow learn together

新しい教材を作成

【司法書士試験】民事訴訟法対策(手形訴訟・小切手訴訟①)

カード 15枚 作成者: 石下勝信 (作成日: 2014/01/09)

  • 手形訴訟による審理及び裁判を求める旨の申述は、訴状に記載していなければならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士試験の民事訴訟法をジャンル別にしています

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    手形訴訟による審理及び裁判を求める旨の申述は、訴状に記載していなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 手形訴訟は略式訴訟なので、訴状に手形訴訟による審理及び裁判を求める旨の申述が記載されなければならない。

    解説

  • 2

    手形訴訟の原告は、口頭弁論の終局にいたるまでの間、いつでも、被告の承諾を得ないで、訴訟を通常の手続きに移行させる旨の申述をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 手形訴訟の原告は、口頭弁論の終結にいたるまで、被告の承諾を得ないで訴訟を通常の手続きに移行させる旨の申述ができる。

    解説

  • 3

    手形訴訟における証拠調べは、原則として書証に限るが、手形の振り出しの原因関係については、当事者本人を尋問することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 証拠調べは、それにかなう書省に限られることが原則である。

    解説

  • 4

    手形訴訟においては、反訴を提起することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 手形訴訟では 反訴はできない。

    解説

  • 5

    手形訴訟の被告は、請求を認容する判決に対し、その判決をした裁判所に異議を申し立てることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 判決をした裁判所に異議を申し立てることができる。控訴は許されない。

    解説

  • 6

    手形訴訟は、手形の支払い地の地方裁判所又は簡易裁判所に提起しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 被告の住所地を管轄する地方裁判所・簡易裁判所への提起もできる。

    解説

  • 7

    手形訴訟の被告は、原告の承諾を得ないで通常訴訟への以降を申し立てることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 被告の承諾を得ないで通常訴訟への移行を申し立てることができる。

    解説

  • 8

    請求が手形訴訟による審理及び裁判をすることができないものであることを理由として訴えを却下する判決に対しては、控訴をすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 請求が手形訴訟による審理及び裁判をすることができないという理由での訴えの却下は、控訴できない。通常訴訟により争うことができる。

    解説

  • 9

    手形訴訟の判決に対する異議の申し立ては、相手方の同意を得ないで取り下げることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 異議の取り下げは、相手方の同意を得なければすることができない。

    解説

  • 10

    手形訴訟の判決を認可する判決に対しては、控訴をすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 手形訴訟の判決を認可する判決とは、手形訴訟の終局判決に対する異議の申立により、訴訟が通常の手続きに移行し、審理の結果手形訴訟の判決と符合すると判断された場合に下される。

    解説

  • 11

    手形訴訟においても、反訴を提起することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 反訴はできない。訴訟遅延を防ぐためである。

    解説

  • 12

    手形訴訟においても、手形債権の存在を立証するために文書提出命令の申し立てをすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 証拠調べはそれにかなう書証に限る。

    解説

  • 13

    手形債権の不存在確認を請求の趣旨として、手形訴訟を提起することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 手形債権の不存在確認を請求の趣旨として手形訴訟をすることはできない。

    解説

  • 14

    手形による金銭の支払い請求を認容する手形判決については、職権で仮執行宣言を付さなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 損害賠償の請求を容認する判決をしたら、仮執行宣言をしなければならない。迅速な回収の実現をしなければならない。

    解説

  • 15

    原告の請求を棄却した手形訴訟の終局判決に対しては、控訴をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 手形訴訟の終局判決に対しては、控訴をすることができない。

    解説

56560

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ