zuknow learn together

新しい教材を作成

【司法書士試験】民事執行法対策(訴訟手続きの停止)

カード 15枚 作成者: 石下勝信 (作成日: 2014/01/09)

  • 1 訴訟代理人がいない場合における訴訟手続きの中断に関して、主たる債務者と連帯保証人とを共同被告とする訴訟において、主たる債務者に対する訴訟手続きが同人の死亡によって中断したときには、連帯保証人に対する訴訟手続きも中断する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士試験の民事執行法をジャンル別にしています

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1 訴訟代理人がいない場合における訴訟手続きの中断に関して、主たる債務者と連帯保証人とを共同被告とする訴訟において、主たる債務者に対する訴訟手続きが同人の死亡によって中断したときには、連帯保証人に対する訴訟手続きも中断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 一人の共同訴訟人について起きた事項は他の人に影響を与えない。

    解説

  • 2

    1 訴訟代理人がいない場合における訴訟手続きの中断に関して、被告である株式会社が株主総会の決議によって解散したときでも、訴訟手続きは中断しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 会社は解散決定をしても、清算会社としている。

    解説

  • 3

    1 訴訟代理人がいない場合における訴訟手続きの中断に関して、被告である未成年者の共同親権者である父母が双方とも死亡したときには、訴訟手続きは中断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 法定代理人の死亡は、訴訟手続きの中断事由である。

    解説

  • 4

    1 訴訟代理人がいない場合における訴訟手続きの中断に関して、数人の選定当事者が訴訟をス効している場合においては、選定当事者の一人がその資格を失ったときでも、訴訟手続きは中断しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 選定当事者の一部が資格を失っても、全員のために訴訟は止まらない。

    解説

  • 5

    1 訴訟代理人がいない場合における訴訟手続きの中断に関して、会社の代表者がその資格を失ったときでも、そのものが訴訟において会社を代表するものでないときは、訴訟手続きは中断しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 会社の代表者が資格を失っても、訴訟において会社を代表しているのでないときは、訴訟手続きは中断しない。

    解説

  • 6

    2 訴訟手続きの中断について、信託の受託者として当事者となっていたものが、任務の終了により受託者でなくなったときは、訴訟手続きは中断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 総計人の訴訟関与が可能になるまで、訴訟は中断する。

    解説

  • 7

    2 訴訟手続きの中断について、判決の言い渡しは、訴訟手続きの中断中でもすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 裁判所は中断中でも判決を言い渡すことができる。

    解説

  • 8

    2 訴訟手続きの中断について、数人の選定当事者がいる場合において、そのうちの一人が辞任したときは、訴訟手続きは中断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 新たな選定当事者が受け継ぎするまで訴訟手続きは中断する。しかし、一部に資格を喪失しただけでは中断しない。

    解説

  • 9

    2 訴訟手続きの中断について、当事者が破産手続き開始の決定を受けたときは、破産財団に関する訴訟手続きは中断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 破産した時は、破産財団に関する訴訟手続きは中断する。

    解説

  • 10

    2 訴訟手続きの中断について、訴訟手続きの受け継ぎの申し立ては、受け継ぎをすべきもの又はその相手方がすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 受け継ぎの申立とは、中断した訴訟手続きを続行しようという意思を通知する裁判所に対する申述をいう。新訴訟追行者が訴訟手続きに関与できるようになれば、訴訟手続きの進行を停止させておく理由はない。

    解説

  • 11

    3 原告が訴訟代理人を選任していない訴訟続きの中断について、口頭弁論が終結した後に訴訟手続きが中断した場合には、裁判所は、中断中であっても、判決の言い渡しをすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    3 原告が訴訟代理人を選任していない訴訟続きの中断について、債権者である原告が、債権者代位権に基づき、債務者の被告に対する債権を代位行使している訴訟手続きは、原告の債務者に対する債権が消滅したとしても、中断しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 この場合、原告は当事者適格を失うので、訴えが却下される。訴訟手続きが中断するわけではない。

    解説

  • 13

    3 原告が訴訟代理人を選任していない訴訟続きの中断について、裁判所が原告の死亡の事実を知ったときは、裁判所は、職権で訴訟手続きを中断する旨の決定をしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 法定事由があれば、当然に中断する。裁判所が知っているかどうかは関係ない。

    解説

  • 14

    3 訴訟続きの中断について、原告が訴訟代理人を選任して訴訟を追行していたところ、当該訴訟代理人が死亡した場合には、訴訟手続きは、新たな訴訟代理人が選任されるまで中断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 法定代理人が死亡した場合は、本人自身が訴訟行為をすることができず、かつ本人のために訴訟行為をするものが存在しないため、訴訟が中断する。訴訟代理人が死亡しても、本人ができるので問題ない。

    解説

  • 15

    3 原告が訴訟代理人を選任していない訴訟続きの中断について、原告が死亡したため訴訟手続きが中断した場合には、死亡した原告の相続人は、訴訟手続きの受け継ぎの申し立てをすることができるが、被告は、これをすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 裁判の相続は、受け継ぎをしなければならない。相手方当事者にも受け継ぎの申立権がある。

    解説

56956

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ