zuknow learn together

新しい教材を作成

【司法書士試験】民事執行法対策(執行)

カード 25枚 作成者: 石下勝信 (作成日: 2014/01/09)

  • 不動産の執行中、債務者の普通裁判籍の住所地を管轄する地方裁判所が執行裁判所となる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士試験の民事執行法をジャンル別にしています

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    不動産の執行中、債務者の普通裁判籍の住所地を管轄する地方裁判所が執行裁判所となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 所在地の裁判所がなる。

    解説

  • 2

    船舶の執行中、債務者の普通裁判籍の住所地を管轄する地方裁判所が執行裁判所となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 船舶の所在地の裁判所がなる。

    解説

  • 3

    動産の執行中、債務者の普通裁判籍の住所地を管轄する地方裁判所が執行裁判所となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 動産の所在地を管轄する裁判所がなる。

    解説

  • 4

    債権の執行中、債務者の普通裁判籍の住所地を管轄する地方裁判所が執行裁判所となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 債務者に防御の便宜を与える目的から、債務者の裁判所がなる。

    解説

  • 5

    自動車の執行中、債務者の普通裁判籍の住所地を管轄する地方裁判所が執行裁判所となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 民事執行法上は自動車執行の対象となるので、使用の本拠の位置を管轄する地方裁判所になる。

    解説

  • 6

    不動産の強制執行に関する裁判のうち、売却許可決定はこれに対する執行抗告が許されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 決定により事故の権利が害されることを主張するときに限り、執行抗告をすることができる。

    解説

  • 7

    不動産の強制執行に関する裁判のうち、目的物の滅失による強制競売手続きの取り消し決定はこれに対する執行抗告が許されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 滅失が明らかになったときは、執行裁判所は強制競売手続きの取り消し決定をしなければならない。これには執行抗告ができる。

    解説

  • 8

    不動産の強制執行に関する裁判のうち、強制競売の開始決定はこれに対する執行抗告が許されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 執行異議は認められるが、執行抗告はできない。後に売却許可決定に対する執行抗告による救済の余地が残されているからである。

    解説

  • 9

    不動産の強制執行に関する裁判のうち、引渡し命令はこれに対する執行抗告が許されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 実態的権利関係の判断にかかわるものであるから、これに対しては執行抗告をすることができる。

    解説

  • 10

    不動産の強制執行に関する裁判のうち、強制管理の開始決定はこれに対する執行抗告が許されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 強制管理の開始決定に対しては、執行抗告をすることができる。管理人が債務者の占有を解いて自ら直接占有するため、この段階で救済を認めなければ不服申し立ての余地がなくなる。

    解説

  • 11

    執行抗告・即時抗告ともに、法令に特別の定めがある場合に限り、することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    執行抗告・即時抗告ともに、提訴期間は現裁判所の告知を受けた日から1週間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    執行抗告・即時抗告ともに、抗告状は、原裁判所又は抗告裁判所のいずれに提出しても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 どちらも、原裁判所に抗告状を提出しなければならない。

    解説

  • 14

    執行抗告・即時抗告ともに、原裁判の執行を停止する効力を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 即時抗告は執行停止の効力を有するが、執行抗告にはない。

    解説

  • 15

    執行抗告・即時抗告ともに、原裁判所は、抗告に理由があると認めるときは、原裁判を更正しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    執行抗告又は執行意義の申し立てにおいては、原裁判又は執行処分の手続き的な瑕疵のみを理由とすることができ、実態的な権利の不存在又は消滅を理由とすることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 執行抗告、執行異議ともに、担保権の不存在又は消滅を主張することができるので、実体的な権利の不存在又は消滅を理由とすることはできないとする点で間違っている。

    解説

  • 17

    執行抗告及び執行異議は、執行処分を受けた日から1週間の不変期間内にしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 執行抗告は1週間以内にする必要があるが、執行異議は期限の制限がない。

    解説

  • 18

    違法な執行処分によって損害を受けたものは、執行抗告又は執行異議による救済を求めると同時に、国家賠償を求めることもできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 違法な執行処分によって損害を受けた者は、執行抗告又は執行異議をによる救済を求めると同時に国家賠償も求めることができる。

    解説

  • 19

    執行抗告及び執行異議の裁判は、口頭弁論を経ないですることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 執行抗告については、特別の規定がなく、執行抗告の性質に反しない限り、民事訴訟法の抗告に関する規定が準用される。

    解説

  • 20

    執行抗告又は執行異議の審理においては、当事者又は当事者の申し出た参考人を審尋することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 執行抗告又は執行異議の審理において、口頭弁論をしない場合は当事者又は当事者の申し出た参考人を審尋することができる。

    解説

  • 21

    何人でも執行裁判所の行う民事執行の事件の記録の閲覧を、裁判所書記官に請求することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 利害関係を有する者に限り閲覧ができる。

    解説

  • 22

    執行裁判所のする裁判は、口頭弁論を経ないでしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 執行裁判所のする裁判は口頭弁論は必要ない。することも当然できる。

    解説

  • 23

    執行抗告は、裁判の告知を受けた日から1週間の不変期間内に、抗告状を抗告裁判所に提出してしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 原裁判所にしなければならない。

    解説

  • 24

    執行裁判所の執行処分で、執行抗告することができないものに対しては、執行裁判所に執行異議を申し立てることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 執行処分で執行抗告をすることができないものについては、執行裁判所に執行異議を申し立てることができる。

    解説

  • 25

    民事執行の手続きを取り消す決定に対しては、執行抗告をすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 特別の定めがあるので、執行抗告をすることができる。

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ