zuknow learn together

新しい教材を作成

「イスラーム世界の形成と発展」~アフリカのイスラーム化~

カード 14枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • エジプト新王国の滅亡後、前10世紀後半から後4世紀ころにかけて、ナイル川上流に続いた黒人王国。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    エジプト新王国の滅亡後、前10世紀後半から後4世紀ころにかけて、ナイル川上流に続いた黒人王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クシュ王国

    解説

  • 2

    15世紀後半に、マリ王国を滅ぼしてニジェール川流域に建てられた西スーダンの黒人王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソンガイ王国

    解説

  • 3

    「海岸に住む人」を意味し、アフリカ東海岸の人々のバントゥ諸語とアラブ商人たちの言語の長期にわたる接触を通じて形成された混成言語。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スワヒリ語

    解説

  • 4

    11世紀以降サハラ縦断の隊商交易の終点として栄え、16世紀には大学も作られた西アフリカの都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トンブクトゥ

    解説

  • 5

    前2世紀にエチオピア高原で成立し、後4世紀にクシュ王国を滅ぼした国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクスム王国

    解説

  • 6

    14世紀にマリ王国の最盛期を現出し、メッカ巡礼を行った王。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マンサ=ムーサ

    解説

  • 7

    11~19世紀に、アフリカ南部のザンベジ川流域を支配した黒人王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モノモタパ王国

    解説

  • 8

    モノモタパ王国の都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジンバブエ

    解説

  • 9

    8世紀以前、西アフリカのニジェール川上流に成立した黒人王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガーナ王国

    解説

  • 10

    東アフリカ沿岸部の住民の言語。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バントゥー語

    解説

  • 11

    13世紀前半、ニジェール川上流と西アフリカを支配した黒人王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マリ王国

    解説

  • 12

    アッシリアのエジプト侵入で南に遷都し、製鉄と商業で繁栄したクシュ王国の首都。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メロエ

    解説

  • 13

    インド洋貿易で繁栄し、15世紀に鄭和の艦隊やヴァスコ=ダ=ガマが来航した、アフリカ東岸の海港都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マリンディ

    解説

  • 14

    9世紀ごろチャド湖東岸に建国され、中央スーダンのイスラーム化を促し、内紛で衰退後、14世紀にチャド湖西岸に本拠を移して再興した黒人王国。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カネム=ボルヌー王国

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ