zuknow learn together

新しい教材を作成

憲法

カード 98枚 作成者: keita (作成日: 2013/10/31)

  • 立憲的意味の憲法

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

行政書士で使える憲法対策暗記張です。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    立憲的意味の憲法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基本的人権を守るための統治構造を規定した法

    解説

  • 2

    総辞職の原因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不信任決議案可決or信任否決後10日以内に衆議院が解散されない②内閣総理大臣の欠如③衆院選後の国会の召集

    解説

  • 3

    総議員の3分の2以上で決するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憲法改正の発議

    解説

  • 4

    拘禁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体の拘束のうち、より継続的なもの(勾留)

    解説

  • 5

    付随的違憲審査制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通常の裁判所が具体的な訴訟事件を裁判する際、その前提として事件の解決に必要な限度で、適用法条の違憲審査を行う方式

    解説

  • 6

    国家からの自由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由権(精神的自由・経済的自由・人身の自由)

    解説

  • 7

    学問の自由の内容

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①学問研究の自由②研究結果発表の自由③教授の自由

    解説

  • 8

    住民自治

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方自治が住民の意志に基づいて行われるという民主主義的な要素

    解説

  • 9

    法の支配

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の支配を排斥し、あらゆる国家権力を法で拘束することによって、国民の権利・自由を保護することを目的とする原理

    解説

  • 10

    衆議院のみに認められるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①内閣不信任決議権②予算先議権

    解説

  • 11

    「唯一」の意味

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国会中心立法の原則②国会単独立法の原則

    解説

  • 12

    精神的自由の規制に関する審査基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①事前抑制の理論②明確性の理論③明白かつ現在の危険の基準④LRAの基準

    解説

  • 13

    政教分離の原則の根拠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①少数派の保護②政府の破壊からの救済③宗教を堕落から免れしめる

    解説

  • 14

    二重の基準の理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神的自由の規制立法は、経済的自由の規制立法より厳格な審査基準で審査されるべき

    解説

  • 15

    取材の正当性の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①目的が真に報道目的としたもの②手段や方法が社会観念上是認されるもの

    解説

  • 16

    天皇が制限を受ける人権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①婚姻の自由②財産権③学問の自由④表現の自由

    解説

  • 17

    団体行動権(争議権)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働条件の実現を図るために団体行動をとる権利・争議行為など

    解説

  • 18

    間接適用説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私法の一般条項(民法90条・709条)を適用する際に、憲法の精神をその解釈に読み込んで解決しようとする考え

    解説

  • 19

    裁判所の事前差止めの要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①真実ではなく、公益目的ではない②被害者に損害の恐れがある③口頭弁論や審尋など主張立証の機会がある

    解説

  • 20

    対審非公開禁止のもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①政治犯罪②出版③憲法第三章で保障する国民の権利

    解説

  • 21

    国家による自由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会権(生存権・教育を受ける権利・勤労の権利・労働基本権)

    解説

  • 22

    社会学的代表

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民の多元的な思想・社会の実勢力をそのまま国会に反映させる

    解説

  • 23

    国会の権能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①憲法改正の発議権②法律の議決権③内閣総理大臣の指名権④弾劾裁判所の設置権⑤財政監督権⑥内閣の報告を受ける権能⑦条約の承認権

    解説

  • 24

    団体自治の具体化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①財産の管理②事務の処理③行政の執行④法律の範囲内での条例の制定

    解説

  • 25

    税関が合憲である根拠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国外で発表済②目的が思想内容等の網羅的審査・規制ではない③私法審査の機会がある

    解説

  • 26

    法治国家

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法律によって行政権を制限することにより、国民の権利・自由を保護することを目的とする原理

    解説

  • 27

    内閣総理大臣の権限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大臣の任免②議案の提出・報告③法律・政令に連署④訴追に対する同意

    解説

  • 28

    経済的自由の規制に関する審査基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①明白性の原則②厳格な合理性の基準

    解説

  • 29

    解散権の根拠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①7条3号説(内閣の助言・承認権)②69条限定説③65条説

    解説

  • 30

    国家情報公開の例外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①プライバシー保護の要請②裁判の公正③外交や防衛上の要請

    解説

  • 31

    目的効果基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①目的が宗教的意義を持つかどうか②効果が宗教に対する援助・助長・促進又は圧迫・干渉等に当たるか 

    解説

  • 32

    地方自治の存在理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中央政府の権力を抑制(自由主義的意義・団体自治)②代表民主制の補完(民主主義的意義・住民自治)

    解説

  • 33

    主権の3つの意味

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①統治権(国家が有する支配権を包括的に示すもの)②最高独立性(国家権力が国内的に最高であり、対外的に独立)③最高決定権(国政のあり方を最終的に決定する力)

    解説

  • 34

    最高裁判所の権限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一般裁判権②国家行為の合憲性審査権③最高裁判所の規則制定権④下級裁判所の裁判官指名権⑤司法監督権

    解説

  • 35

    厳格な合理性の基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判所が規制目的の必要性、合理性及び同じ目的を達成できる、より緩やかな規制手段の有無を立法事実に基づいて審査する

    解説

  • 36

    法人に認められる権利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①請願権②経済的自由権③国務請求権(裁判を受ける権利・国家賠償請求権)④刑事手続上の諸権利

    解説

  • 37

    政治的代表

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全国民のために行動をする

    解説

  • 38

    表現の自由の目的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自己実現の価値②自己統治の価値

    解説

  • 39

    裁判官の身分保障

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①罷免事由の限界②行政機関による懲戒処分の禁止③相当額の報酬の保障

    解説

  • 40

    明白性の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当該規制が著しく不合理であることの明白である場合に限って違憲とする

    解説

  • 41

    相対的平等

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の事実上の差異(性別や年齢)に着目し、合理的な差別は許されるという考え

    解説

  • 42

    議院の権能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①議院自律権(釈放要求・資格争訟・役員選任・運営・議院規則制定・議員懲罰)②国政調査権

    解説

  • 43

    令状主義の例外と理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現行犯逮捕①誤認逮捕の恐れが少ない②罪証隠滅・逃亡を防止

    解説

  • 44

    二院制の存在理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①衆議院の軽率な行為や過誤を参議院がチェック②異なる時期の選挙により、民意を国会に忠実に反映させる

    解説

  • 45

    国家への自由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参政権(選挙権・国民投票・国民審査)

    解説

  • 46

    31条の要求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①手続の法定②内容の適正さ③実体の法定(罪刑法定主義)④実体の適正さ

    解説

  • 47

    公務員の争議権禁止規定の根拠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①地位の特殊性と職務の公共性②勤務条件の法定③市場抑止力の欠如④代償措置の存在

    解説

  • 48

    憲法改正の限界

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国民主権②基本的人権の尊重③平和主義④96条憲法改正規定

    解説

  • 49

    事前抑制の根拠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①公の批判の機会の減少・喪失②予測に基づいてなされることによる濫用の恐れ③抑止的効果が大きく、国民の萎縮と表現活動の放棄

    解説

  • 50

    衆議院の決議が優先されるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法律案の議決②予算の議決③条約の承認④内閣総理大臣の指名

    解説

  • 51

    両院協議会が必須のもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①予算の議決②条約の承認③内閣総理大臣の指名

    解説

  • 52

    国会の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①会期独立の原則②会期不継続の原則③一事不再議の原則

    解説

  • 53

    法の支配の反映点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①憲法の最高法規性(10章)②不可侵の人権(3章)③適正手続の保障(31条)④裁判所の役割の尊重(76条3項・81条)

    解説

  • 54

    内閣の権能(その他)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①助言と承認②最高裁判所長官の指名③裁判官の任命④臨時会の招集⑤予備費の支出⑥財政状況の報告

    解説

  • 55

    団体交渉権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働基準について交渉する権利・締結されるものが労働協約

    解説

  • 56

    自己決定権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要な指摘時効を公権力の介入や干渉なしに、各自が自律的に決定できる自由

    解説

  • 57

    中心立法の例外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①議院規則②裁判所規則

    解説

  • 58

    独立行政委員会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①合議制の行政機関②内閣から独立③立法ないし司法に準ずる機能

    解説

  • 59

    単独立法の例外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①内閣の法律案提出②地方自治特別法制定のための住民投票

    解説

  • 60

    国政調査権の法的性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 議院が立法その他の権能を行使するための手段として認められた補助的な権能(補助的権能説)

    解説

  • 61

    直接適用されるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①投票の秘密②公務員選定罷免③児童酷使の禁止④団結権

    解説

  • 62

    合憲限定解釈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憲法の規定や精神に適合するような法令の解釈をとるべきであるとする解釈方法

    解説

  • 63

    地方公共団体の権能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方自治が国から独立した団体に委ねられ、団体自らの意思と責任の下でなされるという自由主義的な要素

    解説

  • 64

    積極目的規制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 福祉国家の理念に基づいて、経済の調和の取れた発展を確保し、社会的、経済的弱者を保護するための規制

    解説

  • 65

    公平な裁判所

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構成その他において偏頗や不公平のおそれのない裁判所

    解説

  • 66

    大学の自治

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①人事の自治②施設管理の自治③学生の管理の自治

    解説

  • 67

    事前抑制の理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公権力が何らかの方法で抑制することは排除すべきだとする理論

    解説

  • 68

    住民自治の具体化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①地方公共団体の長・議院の議会等の直接選挙②地方自治特別法制定の住民投票

    解説

  • 69

    不逮捕特権の例外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①院外での現行犯②院の許諾がある場合

    解説

  • 70

    司法権の限界

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①明文上(資格争訟・弾劾)②国際法上(外交官)③解釈上(自律権・自由裁量・統治行為・部分社会)

    解説

  • 71

    形式的平等

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法の取り扱いの平等

    解説

  • 72

    選挙権の要求

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①普通選挙②平等選挙③自由選挙④秘密選挙⑤直接選挙

    解説

  • 73

    名誉毀損の処罰免除の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①公共の利害に関する事実②公益目的③真実の証明あり

    解説

  • 74

    立憲的意味の憲法の目的と仕組み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民の人権を守ることにあり、そのために国家の権力を担う人や組織の勝手な行いを規制する仕組み

    解説

  • 75

    基本的人権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人が人であるというだけで当然に認められる基本的な権利

    解説

  • 76

    内閣の権能(73条関連)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法律の執行と国務総理②外交関係の処理③条約の締結④官吏に関する事務掌理⑤予算作成・国会提出⑥政令の制定⑦大赦の決定

    解説

  • 77

    制度的保障

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立法によってもその核心ないし本質的部分を侵害できないという特別な保障を与え、制度それ自体を客観的に保障すること

    解説

  • 78

    対審非公開の要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①裁判官全員一致②公の秩序または善良の風俗を害する恐れ

    解説

  • 79

    違憲判決の効力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①個別的効力説(当該事件どまり)②一般的効力説(一般的に効力を失う)③法律委任説(法律の定めるところによる)

    解説

  • 80

    相当補償説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 合理的に算出された相当な額であれば、市場価格を下回っても是認されるという説

    解説

  • 81

    抑留

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体の拘束のうち、一時的なもの(逮捕)

    解説

  • 82

    明確性の理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①要件が明確②範囲が広すぎない

    解説

  • 83

    統治行為論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極めて高度に政治性のある行為については、裁判所の司法審査の対象とならないという理論

    解説

  • 84

    消極目的規制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民の生命及び健康に対する危険を、防止若しくは除去ないし緩和するために課せられる規制

    解説

  • 85

    法律で補償規定を欠く場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 29条3項を根拠として補償請求をする余地がある(河川付近地制限令事件 最大判S43.11.27)

    解説

  • 86

    自然権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生まれながらにして持っている、幸せになるための権利

    解説

  • 87

    公務員の政治活動規制の根拠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①目的の正当性②目的との間に合理的関連性③得られる利益と失われる利益との均衡

    解説

  • 88

    出席議員の3分の2以上で決するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①議員の資格争訟②秘密会③議院の除名④法律案の再可決

    解説

  • 89

    プライバシー侵害の成立要件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①私生活上の事実又は事実らしく受け取られる恐れがある②一般人の感受性を基準として公開を欲しない③未だ知られていない事柄

    解説

  • 90

    検閲の定義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①行政権が主体②思想内容等の表現物を対象③全部又は一部の発表の禁止を目的④網羅的一般的に⑤発表前に審査⑥不適当と認めるものの発表を禁止

    解説

  • 91

    団結権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働組合結成権・労働者と使用者の地位を対等に立たせるための権利

    解説

  • 92

    参議院議員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選挙区 定数は146人。都道府県の区域(くいき)を単位として選挙を行い、山口県の定数は2人。

    解説

  • 93

    制度的保障の反映

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①政教分離②大学自治③私有財産制度④地方自治制度

    解説

  • 94

    団体自治

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方自治が国から独立した団体に委ねられ、団体自らの意思と責任の下でなされるという自由主義的な要素

    解説

  • 95

    国権の「最高」機関

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国政の中心的な地位を占める機関であるということを強調する政治的美称

    解説

  • 96

    自己決定権の具体化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①子供を持つかどうか(避妊・中絶問題)②身じまい③医療拒否(エホバ輸血拒否事件)

    解説

  • 97

    法律上の訴訟とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①当事者間の具体的な権利義務ないし法律関係の存否に関する紛争②法律を適用することにより終局的に解決することが出来るもの

    解説

  • 98

    私有財産制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財産を個人が所有することを認める体制・制度のこと

    解説

57027

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ