zuknow learn together

新しい教材を作成

「東アジア世界の形成と発展」~仏教と道教~

カード 12枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 4世紀初め洛陽に来て仏教を広めた、西域の亀茲(クチャ)出身の僧。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    4世紀初め洛陽に来て仏教を広めた、西域の亀茲(クチャ)出身の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏図澄[ぶっとちょう](ブトチンガ)

    解説

  • 2

    仏典収集のため、4世紀末に長安から陸路インドへ向かい、海路で帰国した東晋の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法顕(ほっけん)

    解説

  • 3

    北魏前半の都である平城の西に位置し、石窟寺院が造営された場所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雲崗(うんこう)

    解説

  • 4

    5世紀初め長安に来て仏典の漢訳と教理の中国定着に大きく貢献した、父がインド人で亀茲出身の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鳩摩羅什[くまらじゅう](クマーラジーヴァ)

    解説

  • 5

    北魏の遷都後から石窟寺院の造営が開始された、洛陽南方の地。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竜門

    解説

  • 6

    後漢末の太平道や五斗米道を源流とし、北魏時代に教団組織を確立した中国固有の宗教。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道教

    解説

  • 7

    魏晋南北朝時代に流行した、無為自然を理想の生き方とする思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老荘思想

    解説

  • 8

    北魏の太武帝に重用され、五斗米道(天師道)を改革して新天師道を確立した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寇謙之

    解説

  • 9

    4世紀末、念仏修行の白蓮社を結成し、浄土宗の始祖となった東晋の僧。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慧遠(えおん)

    解説

  • 10

    法顕が著した、中国の東晋代の西域インド求法僧・法顕による旅行記。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『仏国記』

    解説

  • 11

    秦・漢時代から始まり、魏・晋時代にもっとも盛んになった、仙人と長生不死の観念が結合した思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神仙思想

    解説

  • 12

    4~14世紀にかけて莫高窟などの石窟寺院が造営された、甘粛省西端のオアシス都市。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敦煌

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ