zuknow learn together

新しい教材を作成

「オリエントと地中海世界」~キリスト教の発展(2)~

カード 15枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 正統教義とされたアタナシウス派は、イエスの神性を強く認め、後にある説へと発展した。ある説とは何か。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    正統教義とされたアタナシウス派は、イエスの神性を強く認め、後にある説へと発展した。ある説とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三位一体説

    解説

  • 2

    イエスの神性と人性を分離したとする説を支持し、エフェソスの公会議で異端とされたのは何派か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネストリウス派

    解説

  • 3

    451年、コンスタンティノープルの対岸の町で開かれた公会議の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルケドン公会議

    解説

  • 4

    キリストに神性のみを認める単性論を信奉する、エジプトの教会。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コプト教会

    解説

  • 5

    325年の公会議で、異端とされたのは何派か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリウス派

    解説

  • 6

    ギリシア古典とミトラ教に心酔し、異教復興を企て、教会から「背教者」と呼ばれた4世紀の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユリアヌス

    解説

  • 7

    431年に行われたネストリウス派を異端とした会議をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エフェソス公会議

    解説

  • 8

    ニケーアの公会議で正統教義と認められたのは何派か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アタナシウス派

    解説

  • 9

    5世紀前半、西ゴート人のローマ侵入を契機に執筆された、アウグスティヌスの神学書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『神の国』(『神国論』)

    解説

  • 10

    カルケドン公会議では、キリストに神性のみを認める説が異端とされた。この説の考えを何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単性論

    解説

  • 11

    325年に行われたキリスト教の正統をアタナシウス派とした会議を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニケーアの公会議

    解説

  • 12

    キリスト教の教父と呼ばれる学者で「告白録」「神の国」を著したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウグスティヌス

    解説

  • 13

    コンスタンティヌス帝時代、キリスト教最初の『教会史』を著した司教・教父。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エウセビオス

    解説

  • 14

    431年、小アジア西岸の町で開かれた公会議の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エフェソス公会議

    解説

  • 15

    ネストリウス派は中国にも伝わり、唐代には何と呼ばれたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 景教

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ