zuknow learn together

新しい教材を作成

世界史人物チェック「清代の中国」

カード 15枚 作成者: reina (作成日: 2014/01/09)

  • 中国東北地方東南に住んだ部族の族長で、女真人の統一に成功した人物。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    中国東北地方東南に住んだ部族の族長で、女真人の統一に成功した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヌルハチ

    解説

  • 2

    山海関で清軍と戦っていたが、明が滅亡すると清に降伏し、進軍の北京入城を先導した明の武将。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉三桂

    解説

  • 3

    君主独裁体制を強化した、清朝の第5代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雍正帝

    解説

  • 4

    反清復明運動に努め、『明夷待訪録』を著すなど、清に仕えず学問に没頭した、明末清初の思想家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄宗羲

    解説

  • 5

    清に仕えず、経世実用の学を尊び、『日知録』を著した明末清初の思想家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧炎武

    解説

  • 6

    戴震の弟子で、文字・音韻の研究を行い、『説文解字注』を著した清代考証学の大家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 段玉栽

    解説

  • 7

    史学研究法を樹立し、『大清一統志』などの編纂に関与した、清代考証学の大家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銭大昕

    解説

  • 8

    後金の第2代皇帝。1626年に即位した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太宗(ホンタイジ)

    解説

  • 9

    清に仕えず、華夷思想を主張して著述に専念し、史論を残した明末清初の学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 王夫之

    解説

  • 10

    清朝の最大版図を実現し、前の2人の皇帝に続いて、18世紀末までの全盛期を現出した第6代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾隆帝

    解説

  • 11

    1644年、明の滅亡を機に中国本土に入り、北京に遷都した、清朝第3代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順治帝

    解説

  • 12

    鄭成功の父で、息子を清朝に降伏させようと説得したが、失敗した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鄭芝龍

    解説

  • 13

    訓詁の学に優れ、また気の哲学を説いた、清代考証学の大家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戴震

    解説

  • 14

    1681年に漢人武将の反乱を平定、1683年に台湾を平定して中国統一を完成させた、清朝の第4代皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 康熙帝

    解説

  • 15

    明の滅亡後、清朝と戦ってその復活に努め、1661年にはオランダ勢力を台湾から駆逐した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鄭成功

    解説

56646

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ