zuknow learn together

新しい教材を作成

教育 法律まとめ

カード 30枚 作成者: Saori Takeda (作成日: 2015/04/12)

  • 校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法

    解説

  • 2

    小学校は、文部科学大臣の定めるところにより当該小学校の教育活動その他の学校運営の状況について評価を行い、その結果に基づき学校運営の改善を図るため必要な措置を講ずることにより、その教育水準の向上に努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法

    解説

  • 3

    校長は、児童等が進学した場合においては、その作成に係る当該児童等の指導要録の抄本又は写しを作成し、これを進学先の校長に送付しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法施行規則

    解説

  • 4

    校長は、児童生徒等が進学した場合においては、その作成に係る当該児童生徒等の健康診断票を転学先の校長に送付しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校保健安全施行規則

    解説

  • 5

    児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童虐待防止法

    解説

  • 6

    職員には、その勤務能率の発揮及び増進のために、研修を受ける機会が与えられなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方公務員法

    解説

  • 7

    教育公務員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法

    解説

  • 8

    教育公務員には、研修をを受ける機会が与えられなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法

    解説

  • 9

    職員は政党その他の政治的団体の結成に関与し、若しくはこれらの団体の役員となってはならず、又はこれらの団体の構成員となるように、若しくはならないように勧誘運動をしてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方公務員法

    解説

  • 10

    公立学校の教育公務員の政治的行為の制限については、当分の間、地方公務員法第36条の規定にかかわらず、国家公務員の例による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法

    解説

  • 11

    教育公務員は、教育に関する他の職を兼ね、又は教育に関する他の事業若しくは事務に従事することが本務の遂行に支障がないと任命権者(略)において認める場合には、給与を受け、又は受けないで、その職を兼ね、又はその事業若しくは事務に従事することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育公務員特例法

    解説

  • 12

    すべての職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力をあげてこれに専念しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方公務員法

    解説

  • 13

    すべての公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本国憲法第15条

    解説

  • 14

    学校には、校長及び相当数の教員を置かなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法第7条

    解説

  • 15

    すべての国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ 育成されるよう努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童福祉法

    解説

  • 16

    校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法第11条

    解説

  • 17

    校長及び教員が児童等に懲戒を加えるに当たつては、児童等の心身の発達に応ずる等教育上必要な配慮をしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法施行規則

    解説

  • 18

    学校においては、別に法律で定めるところにより、幼児、児童、生徒及び学生並びに職員の健康の保持増進を図るため、健康診断を行い、その他その保健に必要な措置を講じなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法第12条

    解説

  • 19

    学校においては、児童生徒等及び職員の心身の健康の保持増進を図るため、児童生徒等及び職員の健康診断、環境衛生検査、児童生徒等に対する指導その他保健に関する事項につて計画を策定し、これを実施しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校保健安全法

    解説

  • 20

    法律に定める学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育基本法第9条

    解説

  • 21

    この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法

    解説

  • 22

    保護者(子に対して親権を行う者(親権を行う者のないときは、未成年後見人)をいう。以下同じ。)は、次条に定めるところにより、子に九年の普通教育を受けさせる義務を負う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法

    解説

  • 23

    前項の場合においては、生涯にわたり学習する基盤が培われるよう、基礎的な知識及び技能を習得させるとともに、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力その他の能力をはぐくみ、主体的に学習に取り組む態度を養うことに、特に意を用いなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法

    解説

  • 24

    法律に定める学校は、公の性質を有するものであって、国、地方公共団体及び法律に定める法人のみが、これを設置することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育基本法

    解説

  • 25

    すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本国憲法

    解説

  • 26

    すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本国憲法

    解説

  • 27

    校長(学長を除く。)は、当該学校に在学する児童等について出席簿を作成しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法施行規則

    解説

  • 28

    小学校においては、文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校教育法

    解説

  • 29

    市町村委員会は、県費負担教職員の服務を監督する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方教育行政の組織及び運営に関する法律

    解説

  • 30

    前項の教員については、その使命と職責の重要性にかんがみ、その身分は尊重され、待遇の適正が期せられるとともに、養成と研修の充実が図られなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育基本法

    解説

57013

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ