zuknow learn together

新しい教材を作成

【司法書士試験】民法対策(弁済①)

カード 24枚 作成者: 石下勝信 (作成日: 2014/01/09)

  • 債権者甲に対して債務者乙のために第三者丙が弁済をする。丙は、弁済をするについて正当な利益を有しないときには、弁済と同時に甲の同意を得なければ、甲に代位しない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士試験の民法をジャンル別にしています

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    債権者甲に対して債務者乙のために第三者丙が弁済をする。丙は、弁済をするについて正当な利益を有しないときには、弁済と同時に甲の同意を得なければ、甲に代位しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 弁済をするについて正当な利益を有しない者は、債権者の同意をい得なければ債権者に代位することができない。

    解説

  • 2

    債権者甲に対して債務者乙のために第三者丙が弁済をする。丙は、弁済によって甲に代位することとなっても、甲が乙に対して有していた契約の解除権を行使することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 契約の解除権は債権者のみがもつ。代位弁済をしたにすぎない丙は、契約の解除権を行使することはできない。

    解説

  • 3

    債権者甲に対して債務者乙のために第三者丙が弁済をする。丙が弁済をするについて正当な利益を有しない場合において、弁済により甲に代位することになっても、甲が乙に対してその代位を通知し、又は乙がその承諾をしなければ、丙は、その代位を乙に対抗することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 弁済をすることについて正当な利益を有しない者の弁済の場合は、丙が代位を乙に対抗するには通知又は承諾が必要である。

    解説

  • 4

    債権者甲に対して債務者乙のために第三者丙が弁済をする。丙が甲のために抵当権が設定されている乙所有の不動産の第三取得者である場合には、丙は、弁済により乙の保証人である丁に対して甲に代位する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 第三取得者丙は、保証人に代位しなくても代価弁済、消滅請求等があるので、代位できない。

    解説

  • 5

    債権者甲に対して債務者乙のために第三者丙が弁済をする。丙が保証人である場合において、丙が弁済をしても、甲のための抵当権の登記に代位の付記登記をしないでいる間に丁が乙からその不動産の所有権を取得し、その旨の登記をしたときは、丙は、丁に対して甲に代位することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 第三者の取得が先で、保証人の弁済が後のときには、付記登記なくて代位できる。保証人の弁済がさきだったら、付記登記がなければだいいできない。

    解説

  • 6

    債務者以外の第三者は、たとえ弁済につき利害関係を有するときでも代物弁済をすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 弁済につき利害関係を有する第三者は、代物弁済をすることができる。

    解説

  • 7

    債務者が本来の給付に代えて自己の第三債務者に対する債権を債権者に譲渡しても、債権者が第三債務者から弁済を受けるまでは、債務は消滅しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 代物弁済の目的となる給付の種類については制限はない。第三者に対する債権を代物弁済の目的とするとき、債権を譲渡し対抗要件を備えれば代物弁済は成立し、債務は消滅する。

    解説

  • 8

    代物弁済は、詐害行為取り消しの目的とならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 代物弁済も財産権を目的とする法律行為である以上、詐害行為取り消し権の目的となる。

    解説

  • 9

    債権の一部について代物弁済をすることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 債権の一部弁済が認められるのと同様、債権の一部について代物弁済も認められる。

    解説

  • 10

    代物弁済として給付した物に瑕疵があるときでも、債務の消滅の効力は、妨げられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 代物弁済は更改と異なって、給付をすべき債務を生じさせるものではなく、他の給付を現実にすることによって債権を消滅させるものである。よって、瑕疵があっても債務の消滅の効力は妨げられない。ただ、売買の瑕疵担保の規定は準用される。

    解説

  • 11

    債権の消滅の消滅原因による分類で、目的の実現による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁済、代物弁済、供託、担保権の実行、強制執行

    解説

  • 12

    債権の消滅の消滅原因による分類で、目的の実現不能による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 債務者の責めに帰すべからざる履行不能

    解説

  • 13

    債権の消滅の消滅原因による分類で、目的の実現不必要による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相殺、更改、免除、混同

    解説

  • 14

    債権の消滅の消滅原因による分類で、権利一般の消滅による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消滅時効の援用、終期の到来、、取り消し、解除、告知、解除条件の成就、契約

    解説

  • 15

    債権の消滅の法律的性質による分類で、単独の法律行為による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免除、相殺

    解説

  • 16

    債権の消滅の法律的性質による分類で、契約の法律行為による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代物弁済、更改、供託

    解説

  • 17

    債権の消滅の法律的性質による分類で、準法律行為による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁済

    解説

  • 18

    債権の消滅の法律的性質による分類で、事件による消滅となる事項はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 混同、債務者の責めに帰すべからざる履行不能

    解説

  • 19

    債務者と債権者は協力して弁済をするべきであるが、債権者が非協力的なときは債務者の義務も軽減される。しかし、弁済の準備がなければ軽減されない。の結論は「債権者が弁済を受領しない意思が明確なときは、債務者は言語上の提供をしなくてもよい」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 しかし、の後には、義務の軽減の反対の結論が入るべきである。

    解説

  • 20

    債務者と債権者は協力して弁済をするべきであるが、債権者が非協力的なときは債務者の義務も軽減される。しかし、弁済の準備がなければ軽減されない。の結論は「弁済に関して債務者のなすべき準備の程度と債権者のなすべき協力の程度は信義則で決せられるが、例外もある」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 しかし、の後には、義務の軽減の反対の結論が入るべきである。

    解説

  • 21

    債務者と債権者は協力して弁済をするべきであるが、債権者が非協力的なときは債務者の義務も軽減される。しかし、弁済の準備がなければ軽減されない。の結論は「債権者が弁済を受領しないことが明確であるのは、債権者が契約の存在を否定することである」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 しかし、の後には、義務の軽減の反対の結論が入るべきである。

    解説

  • 22

    債務者と債権者は協力して弁済をするべきであるが、債権者が非協力的なときは債務者の義務も軽減される。しかし、弁済の準備がなければ軽減されない。の結論は「受領遅滞にある債権者は、債務者が弁済できなくても受領遅滞を解消しなければ債務不履行の責任を問えない」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 しかし、の後には、義務の軽減の反対の結論が入るべきである。

    解説

  • 23

    債務者と債権者は協力して弁済をするべきであるが、債権者が非協力的なときは債務者の義務も軽減される。しかし、弁済の準備がなければ軽減されない。の結論は「弁済の準備ができないので言語上の提供もできない債務者は、債権者が受領しない意思が明らかでも弁済をしないと債務不履行である」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 しかし、の後には、義務の軽減の反対の結論が入るべきである。

    解説

  • 24

    第三者が債務者の意思に反して債権者に弁済した場合であっても、第三者が物上保証人であるときは、その弁済は効力を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 担保不動産の第三取得者や物上保証人などの利害関係を持っている人は債務者の意思に反して弁済をすることができる。

    解説

57057

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ