zuknow learn together

新しい教材を作成

経済用語

カード 11枚 作成者: amber (作成日: 2015/04/08)

  • 内国債では負担の転嫁は生じないが、外国債では転嫁が生じる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

経済用語・人物名について

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    内国債では負担の転嫁は生じないが、外国債では転嫁が生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラーナー 内国債→転嫁なし 外国債→転嫁あり

    解説

  • 2

    財源調達として公債と租税になんら差異はなく、将来世代に負担を転嫁しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リカード=バーローの等価定理 公債=租税 将来世代への転嫁なし

    解説

  • 3

    公債発行は将来の個人に強制的に徴税を課すという面で将来に負担を転嫁させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブキャナン 将来世代へ徴税による強制的転嫁

    解説

  • 4

    公債発行時の次世代で公債の償還が行われるときは、生涯消費量が減少し負担は将来へ転嫁される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボーエン=デービス=コップ 増税による所得減=負担 負担が第2世代に転嫁

    解説

  • 5

    完全雇用状態では、公債発行は民間の資本貯蓄量を減少させ生産力を減らすので将来へ負担を転嫁させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モデリアー二 公債発行→民間の資本貯蓄量減少=生産力減少 即ち、将来へ負担転嫁

    解説

  • 6

    公債発行は元利を支払わされる将来世代の負担になる。公債発行は将来の生産性も減少させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スミス、ミル(古典派) 公債発行=将来世代の負担 将来の生産性減少

    解説

  • 7

    4大租税原則・9小原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A.ワグナー 負担の公平・公正を主張

    解説

  • 8

    包括的所得=資産の純増分+消費支出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H.サイモンズ

    解説

  • 9

    需要の価格弾力性が低い財(必需品)ほど高い税率を課税する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラムゼイ・ルール

    解説

  • 10

    政府の肥大化により民間経済の活力は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブキャナンとワグナー

    解説

  • 11

    供給面を活性化するための減税政策等を提唱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サプライサイド経済学

    解説

56924

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ