zuknow learn together

新しい教材を作成

レベル2(3)柔道整復師法(免許②)【柔道整復師国家試験対策:関係法規】

カード 20枚 作成者: Yuzuru Itoh (作成日: 2015/04/07)

  • 問題1 柔道整復師免許制度を設ける理由で正しいのはどれか.
    1.人体に危害を及ぼすおそれのある行為も業務に含まれるため
    2.日本の伝統医学を守るため
    3.施術に医療保険を適用するため
    4.施術の有用性を確立するため

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

柔道整復師の国家試験過去問題を分野別に構成しています.
関係法規の国家試験対策に役立てて下さい.
レベル1〜3まであります.
レベル1:過去問題で基本的な問題(全13回)
レベル2:過去問題で標準的な問題(全12回)
レベル3:模試問題で国家試験レベルの問題(国家試験に準じ1回あたり必修1問,一般10問)(作成予定)

※zuknowの機能上,「改行されず問題が読みにくい」,「選択枝の番号がおかしい」という現象があります.4択問題をzuknowで学修するためには現状の表示方法しかなく,X2問題(解答を二つ選ぶ)もX1問題(解答を一つ選ぶ)に変更しています.改善要望は出しております.

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    問題1 柔道整復師免許制度を設ける理由で正しいのはどれか. 1.人体に危害を及ぼすおそれのある行為も業務に含まれるため 2.日本の伝統医学を守るため 3.施術に医療保険を適用するため 4.施術の有用性を確立するため

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.人体に危害を及ぼすおそれのある行為も業務に含まれるため
    • 誤答選択肢 2.日本の伝統医学を守るため
    • 3.施術に医療保険を適用するため
    • 4.施術の有用性を確立するため

    解説

    ●その他,一定水準の知識,技能がなければ,衛生水準の低下を招くため

  • 2

    問題2 柔道整復師免許の欠格事由はどれか. 1.交通違反により反則金を納めた者 2.罰金以上の刑に処せられた者 3.素行が不良である者 4.常習とばく者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.罰金以上の刑に処せられた者
    • 誤答選択肢 1.交通違反により反則金を納めた者
    • 3.素行が不良である者
    • 4.常習とばく者

    解説

  • 3

    問題3 柔道整復師の免許を与える者はどれか。 1.厚生労働大臣 2.文部科学大臣 3.都道府県知事 4.財団法人柔道整復研修試験財団法人理事長

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.厚生労働大臣
    • 誤答選択肢 2.文部科学大臣
    • 3.都道府県知事
    • 4.財団法人柔道整復研修試験財団法人理事長

    解説

  • 4

    問題4 柔道整復師の免許申請に必要でないのはどれか. 1.試験に合格したことを証明するもの 2.医師の診断書 3.戸籍謄本 4.養成施設の卒業証明書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.養成施設の卒業証明書
    • 誤答選択肢 1.試験に合格したことを証明するもの
    • 2.医師の診断書
    • 3.戸籍謄本

    解説

  • 5

    問題5 柔道整復師の名簿に登録するのはどれか. 1.市町村 2.保健所 3.都道府県 4.厚生労働省(指定登録機関)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.厚生労働省(指定登録機関)
    • 誤答選択肢 1.市町村
    • 2.保健所
    • 3.都道府県

    解説

  • 6

    問題6 柔道整復師として施術を行うことができないのはどれか. 1.免許を受けた内容と異なる氏名になったとき 2.免許を受けた内容と異なる本籍地となったとき 3.試験に合格し免許の申請書類を郵送したとき 4.免許証を失い再交付の手続きをしているとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.試験に合格し免許の申請書類を郵送したとき
    • 誤答選択肢 1.免許を受けた内容と異なる氏名になったとき
    • 2.免許を受けた内容と異なる本籍地となったとき
    • 4.免許証を失い再交付の手続きをしているとき

    解説

  • 7

    問題7 柔道整復師の免許について正しいのはどれか. 1.国籍が変わったが氏名は従来通りであったので申請をしなかった. 2.本人が死亡した場合,免許証は返納されなくてもよい. 3.再交付を受けたが,失った免許証を発見し,これを5日以内に返納した. 4.旧法で登録された免許証は無効である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.再交付を受けたが,失った免許証を発見し,これを5日以内に返納した.
    • 誤答選択肢 1.国籍が変わったが氏名は従来通りであったので申請をしなかった.
    • 2.本人が死亡した場合,免許証は返納されなくてもよい.
    • 4.旧法で登録された免許証は無効である.

    解説

  • 8

    問題8 柔道整復師免許について正しいのはどれか. 1.免許を与えるときは,国家試験に合格し,申請がなされたときである. 2.都道府県知事は欠格事由に該当した者に業務停止を命ずることができる. 3.心身の障害により柔道整復の業務が適正に行えない者には免許を与えないことがある. 4.柔道整復の業務において犯罪行為があった者には免許を与えない.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.心身の障害により柔道整復の業務が適正に行えない者には免許を与えないことがある.
    • 誤答選択肢 1.免許を与えるときは,国家試験に合格し,申請がなされたときである.
    • 2.都道府県知事は欠格事由に該当した者に業務停止を命ずることができる.
    • 4.柔道整復の業務において犯罪行為があった者には免許を与えない.

    解説

  • 9

    問題9 柔道整復師の免許について正しいのはどれか. 1.都道府県知事は免許を交付することができる. 2.再免許の交付は認められない. 3.免許の欠格事由は科料の刑に処せられた者である. 4.厚生労働大臣は免許を取り消すことができる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.厚生労働大臣は免許を取り消すことができる.
    • 誤答選択肢 1.都道府県知事は免許を交付することができる.
    • 2.再免許の交付は認められない.
    • 3.免許の欠格事由は科料の刑に処せられた者である.

    解説

  • 10

    問題10 柔道整復師の免許について正しいのはどれか. 1.試験に合格すれば免許証が送付される. 2.免許は国外でも有効である. 3.免許の申請には誓約書を提出する. 4.免許の申請は厚生労働大臣にする.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.免許の申請は厚生労働大臣にする.
    • 誤答選択肢 1.試験に合格すれば免許証が送付される.
    • 2.免許は国外でも有効である.
    • 3.免許の申請には誓約書を提出する.

    解説

  • 11

    問題11 柔道整復師名簿の訂正で正しいのはどれか. 1.失踪の宣告があった場合は申請が必要である. 2.死亡した場合は申請が必要である. 3.申請には免許証明書が必要である. 4.厚生労働大臣に申請する.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.厚生労働大臣に申請する.
    • 誤答選択肢 1.失踪の宣告があった場合は申請が必要である.
    • 2.死亡した場合は申請が必要である.
    • 3.申請には免許証明書が必要である.

    解説

  • 12

    問題12 柔道整復師の名簿登録の消除で誤っているのはどれか. 1.死亡したとき 2.失踪宣告を受けたとき 3.厚生労働大臣の許可が必要 4.免許証の返納

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.厚生労働大臣の許可が必要
    • 誤答選択肢 1.死亡したとき
    • 2.失踪宣告を受けたとき
    • 4.免許証の返納

    解説

  • 13

    問題13 柔道整復師名簿登録の消除について正しいのはどれか. 1.死亡したときは戸籍法による手続きをもって完了 2.死亡したときは届出義務者が厚生労働大臣に申請 3.失踪の宣告を受けたときは届出義務者が都道府県知事に申請 4.消除の手続きをしないと処罰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.死亡したときは届出義務者が厚生労働大臣に申請
    • 誤答選択肢 1.死亡したときは戸籍法による手続きをもって完了
    • 3.失踪の宣告を受けたときは届出義務者が都道府県知事に申請
    • 4.消除の手続きをしないと処罰

    解説

  • 14

    問題14 柔道整復師の名簿登録の消除で正しいのはどれか. 1.柔道整復師本人の意思でも可能である. 2.免許証または免許証明書を都道府県知事に返納する. 3.失踪宣言による消除は認められない. 4.死亡届出義務者は親族でなければならない.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.柔道整復師本人の意思でも可能である.
    • 誤答選択肢 2.免許証または免許証明書を都道府県知事に返納する.
    • 3.失踪宣言による消除は認められない.
    • 4.死亡届出義務者は親族でなければならない.

    解説

  • 15

    問題15 柔道整復師免許の取消し理由で正しいのはどれか. 1.科料に処せられた者 2.業務上不正行為があった者 3.成人被後見人になったことのある者 4.素行が悪い者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.業務上不正行為があった者
    • 誤答選択肢 1.科料に処せられた者
    • 3.成人被後見人になったことのある者
    • 4.素行が悪い者

    解説

  • 16

    問題16 柔道整復師免許証の書換え交付申請に必要な書類はどれか. 1.戸籍の謄本又は抄本 2.住民票 3.国家試験の合格証書 4.医師の診断書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.戸籍の謄本又は抄本
    • 誤答選択肢 2.住民票
    • 3.国家試験の合格証書
    • 4.医師の診断書

    解説

  • 17

    問題17 柔道整復師の免許証の再交付で誤っているのはどれか. 1.免許証を破ったとき 2.免許証の記載事項に変更があったとき 3.免許証を汚したとき 4.免許証を失ったとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.免許証の記載事項に変更があったとき
    • 誤答選択肢 1.免許証を破ったとき
    • 3.免許証を汚したとき
    • 4.免許証を失ったとき

    解説

  • 18

    問題18 柔道整復師の免許証の再交付を申請できるのはどれか. 1.性転換手術をしたとき 2.婚姻をしたとき 3.汚したとき 4.外国籍となったとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.汚したとき
    • 誤答選択肢 1.性転換手術をしたとき
    • 2.婚姻をしたとき
    • 4.外国籍となったとき

    解説

  • 19

    問題19 柔道整復師法施行規則で規定する免許証の再交付申請ができるのはどれか. 1.免許を取り消されたとき 2.登録を消除されたとき 3.免許証を紛失したとき 4.免許証を書き換えるとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.免許証を紛失したとき
    • 誤答選択肢 1.免許を取り消されたとき
    • 2.登録を消除されたとき
    • 4.免許証を書き換えるとき

    解説

  • 20

    問題20 柔道整復師法で再免許が可能なのはどれか. 1.破ったとき 2.取り消されたとき 3.汚したとき 4.失ったとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.取り消されたとき
    • 誤答選択肢 1.破ったとき
    • 3.汚したとき
    • 4.失ったとき

    解説

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ