zuknow learn together

新しい教材を作成

認知心理学 英単語集

カード 40枚 作成者: コバ (作成日: 2013/10/31)

  • threshold , limen

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

認知心理学においての英単語集です。医学、脳科学あたりの言葉が多いですね。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    threshold , limen

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閾値

    解説

  • 2

    amnesia

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健忘 一時的か永久的かを問わず、あらゆる形態の記憶損失を表す一般的な用語。

    解説

  • 3

    automatic processing

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自動処理 特に意識することなく生ずる精神作用と定義できる。別の用語で言えば前意識処理(preconscious processing)或いは前注意処理(preattentive processing)となる。

    解説

  • 4

    two-store memory model

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶の二重貯蔵モデル

    解説

  • 5

    negative transfer

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負の転移

    解説

  • 6

    psychophysical methods

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神物理学的測定法

    解説

  • 7

    constant method

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恒常法

    解説

  • 8

    semantic memory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意味記憶

    解説

  • 9

    hearing , auditory sensation

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聴覚

    解説

  • 10

    method of limits

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極限法

    解説

  • 11

    memory disorder

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶障害

    解説

  • 12

    periodic amnesia

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同期性健忘

    解説

  • 13

    competition of response theory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応競合説

    解説

  • 14

    episodic memory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エピソード記憶

    解説

  • 15

    explicit memory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顕在記憶 以前の経験を意識的に想起することによる課題成績として定義される。

    解説

  • 16

    intellect

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知性

    解説

  • 17

    divergent thinking

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡散的思考

    解説

  • 18

    consciousness

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識 自分自身の精神過程(あるいはそのような過程の産物)を知っていること。知っているということは、内観報告によって明らかにされる。内観報告では個人は自己の精神的経験について報告する。

    解説

  • 19

    paramnesia

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶錯誤

    解説

  • 20

    state-dependent memory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶の状態依存

    解説

  • 21

    stimulus

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激

    解説

  • 22

    implicit memory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 潜在記憶 先行経験の影響は受けるが、意識的には想起されない課題成績として定義される。(Schachter/1987)

    解説

  • 23

    discriminative threshold

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁別閾

    解説

  • 24

    mental models

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メンタルモデル 現在用いられているメンタルモデルという考え方は、Craik(1943)に由来するものである。彼は、人が外界の状況を外界についての内的なモデルないしはシミュレーションに翻訳していると考えた。

    解説

  • 25

    context-dependent memory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶の文脈依存

    解説

  • 26

    convergent thinking

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集中的思考

    解説

  • 27

    introspection

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内観 語源はラテン語である。自分の精神過程と経験を調べるために「その内部を注意深く見る」という意味を持つ。

    解説

  • 28

    visual sensation , visual perception , vision

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視覚

    解説

  • 29

    stimulus threshold

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激閾

    解説

  • 30

    method of adjustment

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調整法

    解説

  • 31

    positive transfer

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正の転移

    解説

  • 32

    generalized amnesia

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全般性健忘

    解説

  • 33

    blindsight

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 盲目視 広義には、とりわけ霊長類において一次視覚皮質が欠如しているにもかかわらず、視覚が残存していることを指す。もっとも狭義には視覚皮質に損傷を受けた人が視覚的弁別を行えるにもかかわらずその弁別している刺激を「見えている」とは認識していない現象をいう。

    解説

  • 34

    recognition

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再認

    解説

  • 35

    recall

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再生

    解説

  • 36

    subliminal perception

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閾下知覚 気づくことのできる閾値以下の刺激に対して反応する現象である。

    解説

  • 37

    declarative memory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宣言的記憶

    解説

  • 38

    transfer theory

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転移説

    解説

  • 39

    partial amnesia

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脱落性健忘

    解説

  • 40

    hypnosis

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 催眠 催眠状態は意識の変容した状態といえる。

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ