zuknow learn together

新しい教材を作成

ケアマネージャー10分用語チェック その13

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2014/01/08)

  • 栄養管理指導

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ケアマネージャーに関係する用語をランダムにまとめてました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    栄養管理指導

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養士など資格をもったものが患者の健康状態を把握し、適切な栄養がとれるように、食生活を管理・指導することをいいます。

    解説

  • 2

    運動機能障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なんらかの原因により手足や身体の一部が自分の意思で動かせないなど、一定基準以上の運動機能障害が認められることを指します。

    解説

  • 3

    介護保険料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険の被保険者が納める保険料のことです。介護サービスを行うための財源となります。 被保険者は、介護保険料を、年金や給料などからも徴収されます。

    解説

  • 4

    構音障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳卒中が原因となり、正しく発声できない状態をいいます。言葉は正しく選べるものの、ろれつが回らず、言いたいことが相手に伝わらなくなります

    解説

  • 5

    指定訪問介護

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訪問介護員などが利用者の自宅を訪問し、日常生活を快適に送れるように世話をしたり手助けすることです。指定居宅サービス事業者がサービスを提供します

    解説

  • 6

    統合失調症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原因不明の疾患で青年期に多く発病し、慢性・進行性に経過し、放置すれば末期には人格欠陥、荒廃に至る。症状は多彩で、主に思考、感情、意欲の面に異常が生じ、幻覚、妄想、させられ体験等が出現する。治療は、薬物療法、生活療法、精神療法が中心となっている。従来は、精神分裂病という病名が使われていたが、精神それ自体の分裂と解されることが多く、患者の人格否定、社会的偏見や差別の助長、病名告知の妨げ等につながるとして統合失調症へと呼び名が変更された。内因性精神障害の一つである。

    解説

  • 7

    特定福祉用具

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腰かけ便座、特殊尿器、簡易浴槽、入浴補助用具、移動用リフトの吊り具など、介護保険対象の福祉用具のうち、入浴・排泄の際に使用するもので、レンタルに適さないものをいいます。

    解説

  • 8

    排泄介助

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寝たきりの人などの大小便の排泄を介助することです。その人の症状に合わせて、おむつから尿器・差し込み便器、ポータブルトイレへと、レベルを上げていくことが重要です

    解説

  • 9

    措置入院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神保険指定医2名以上の診断結果をもとに、精神障害のため自傷・他傷の恐れのある人を強制的に入院させることをいいます。都道府県知事の指示で医療および保護を目的に行われます。

    解説

  • 10

    ニトロールニトログリセリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニトログリセリンは、狭心症の発作時、舌下で著効する。ニトロールより速効性であり、その排泄も早い。揮発性であるため、長期保存をすると効力の低下をみることがある。虚血性疾患治療剤であり、心筋梗塞や狭心症の治療に用いられる。「心筋梗塞 ・・・ 心筋梗塞 参照」「狭心症 ・・・ 心臓を包むようにとりまいている冠状動脈に、コレステロールなどの脂肪が沈着すると血管が肥厚して動脈効果がおき、血管が狭くなり、血液の流れが悪くなる。このような状態になると心臓の筋肉へ(心筋)必要な酸素や栄養がいきわたりにくくなり急に激しい運動をしたり、強いストレスにあうと心臓の筋肉は一時的に血液不足になり、胸痛が生じる。また動脈硬化に関係なく、冠動脈が何かの原因で局部的に収縮して内腔が狭くなると、心筋への血流がわるくなり、狭心症発作を起こす場合がある。」

    解説

  • 11

    メジャートランキライザー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗精神病薬、神経弛緩剤とも呼ばれるもので、精神病、特に精神分裂病に対し、強力な鎮静効果や幻覚、妄想、自閉性の改善をもたらす作用をもつ。主に統合失調症、躁状態の治療に用いられるが、それ以外にも幅広い精神疾患にも使用される。また、脳の興奮状態を抑制させる作用を利用して、抗不安薬では取り除けないような強度の不安や極度のうつ状態、不眠に対する対処薬としても利用される場合もある。また、ドパミン遮断作用を応用し、嘔気・嘔吐などの消化器症状や吃逆の対症薬として利用される場合もある。メジャートランキライザーを使用する諸症状として、過鎮静(眠くて仕方がない)、脱力症状(ふらつく・ロレツが回らない)、パーキンソン症状(手の震え,身体のこわばり)、抗コリン症状(便秘・口渇)、アカシジア(足がむずむずしてじっとしていられない)、急性ジストニア(眼 球が上転して白目になってしまう)等である

    解説

  • 12

    癬(かいせん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビゼンダニ(疥癬虫)が皮膚に寄生して起こる伝染性の皮膚病です。発症すると赤いブツブツができ、夜中に激しいかゆみに襲われます。直接皮膚につくほか、布団や下着からの間接感染によって伝染します。重症化するとノルウェー疥癬になります。

    解説

  • 13

    尿閉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膀胱内に尿が充満しているにもかかわらず、これを自分で排出できない状態をいう。原因としては、前立腺肥大症、前立腺がん、尿道狭窄症等がある。この他外傷、脳卒中、直腸がんの手術等で膀胱神経に障害がおこり、排尿のコントロールができなくなる神経因性膀胱がある。また、排尿困難が強くなり、多量の尿が膀胱に残る状態で、長く続くと腎機能障害を起こす。対処法としては、状態によって膀胱にカテーテルを留置するか、外科的処置するか、一定時間ごとにカテーテルを使って、自分で尿をとる。いずれも医師および看護師の診断・指導のもとで行われる。

    解説

  • 14

    マッピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般的には物事の全体像を表す図式のことをいいます。介護活動においては、利用者を中心に家族や社会との関係を図で表し、問題解決に役立てます。

    解説

  • 15

    介護福祉士

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護福祉士法にもとづく国家資格で、専門の知識と技術をもって業務にあたっています。受験には指定された学校を卒業するか、実務経験3年が必要です。現場では、食事の世話、入浴、排泄などの介護や指導・支援を行っています。

    解説

  • 16

    ノロウィルス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小型球形ウイルス(SRSV)の1種です。食中毒症状を起こす原因になります。

    解説

  • 17

    メンタルヘルス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神障害の予防・診断・治療を行い、こころの健康を保つために行う活動のことです。

    解説

  • 18

    日本社会福祉士会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 具体的な活動としては、専門性の向上、関係諸団体との連携の強化、生涯研修体制の確立、資格制度の改善と充実、等を行っている。社会福祉の援助を必要とする人々の生活と権利の擁護および社会福祉の増進に寄与することを目的とし、平成5年に設立された。社会福祉士国家資格を持つ社会福祉専門職の全国組織。社団法人日本社会福祉士会は、自己研鑽を積み、力を結集して、医療・保健・教育・司法行政等の関係機関の専門職の人たちと力を合わせ、福祉を必要とする方が、地域で安心した生活をおくれるよう支援している。

    解説

  • 19

    嚥下(えんげ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人が食べ物や飲み物を口に入れ、咀嚼(そしゃく)し、のど、食道から胃に送り込むことです。 高齢になるとこの嚥下機能の低下が起こり、誤嚥や誤嚥性肺炎などを引き起こす可能性があります。

    解説

  • 20

    特定施設入所者生活介護

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定施設サービス計画にはサービスの内容、担当者、健康上・生活上の問題点と解決すべき課題、提供するサービスの目標・達成時期・提供上の留意点を定める必要がある。有料老人ホームや軽費老人ホーム(特定施設)に入所している要介護者または要支援者に対して、特定施設サービス計画にもとづき入浴・排泄・食事等の介護、洗濯・掃除等の家事、生活等に関する相談・助言等の要介護者・要支援者に必要な日常生活上の世話、機能訓練、療養上の世話を行う。介護保険の給付対象となる居宅サービスの一つ。常時10人以上の高齢者を入所させ、食時の提供その他日常生活上必要な便宜を提供し、自炊ができない程度の身体機能の低下等が認められ、または高齢等のため独立して生活するには不安が認められる者であって、家族の援助が困難なものを入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を提供する施設。なお、居住費用(施設・設備費用、光熱水費等)、食事費用、看護・介護職員の加配に要する費用などは利用者負担となる。

    解説

56875

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ