zuknow learn together

新しい教材を作成

ケアマネージャー10分用語チェック その12

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2014/01/08)

  • 訪問介護計画

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ケアマネージャーに関係する用語をランダムにまとめてました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    訪問介護計画

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護支援専門員(ケアマネジャー)が、利用者と家族に面接し、訪問介護の具体的な計画をたてることです。または訪問介護を実施するための計画書のことをいいます。

    解説

  • 2

    プライマリヘルスケア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プライマリ・ヘルス・ケアは、住民が主体となった活動であり、その地域の文化や資源にあった方法で行い、住民が平等にサービスが受けられること、また専門家は地域住民への健康教育を含めたサービスをチームで行うとしている。世界保健機関(WHO)が「すべての人に健康を」というスローガンの戦略として、プライマリ・ヘルス・ケアを提唱したのが1978年、旧ソ連カザフスタン共和国の首都アルマ・アタで開かれた国際会議で発表された(アルマ・アタ宣言)。その宣言の内容は、2000年までに全ての人に健康を提供できることを世界的な目標とするという内容であった。

    解説

  • 3

    任意後見制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知症などが進み判断能力が衰える前に、財産管理などの代理人を選んでおく制度です。任意後見契約に関する法律に基づき定められています。社会福祉法人などの法人も任意後見人になれます。

    解説

  • 4

    フォーマルサービス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国や自治体などの公的機関が定めた制度によって進められる社会福祉サービスのことです。認可や指定を受けた医療法人や民間法人が行なうサービスを含めていうこともあります

    解説

  • 5

    保健師

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保健師となるには、国家試験に合格し免許を受けなければならない。公的機関である保健所や市町村に勤務し、個人や集団に対して、健康保険増進の指導、疾病予防の指導、健康相談、健康教育など広く地域住民の公衆衛生に必要な保健指導を行う。その働く場所により地域の保健師、産業保健師、学校保健師などに大別される。厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者。保健師は名称独占の資格であるため、資格を持たないものが保健師であることを名乗ったり、紛らわしい名称を用いることはできない。しかし、業務独占資格ではないため、栄養士などが適切な保健指導を行った場合は法的な問題はない。

    解説

  • 6

    身体介護

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入浴、排泄、着替えなど、直接要介護者の身体にふれて行なう介護のことです。訪問介護など、事業者が提供する介護援助サービスもあります

    解説

  • 7

    救護施設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体上または精神上著しい障害があるために日常生活を営むのが困難な要保護者が入所し、生活扶助を受けるための施設で、設置主体は、都道府県、市町村、地方独立行政法人、社会福祉法人および日本赤十字社に限られている。入所者の多くは、単一の障害を対象とする他法の施設に入所  することがなじまない、複合した障害を持つ者や精神障害の寛解者である。 また、救護施設は保護施設通所事業の対象施設であり、保護施設退所者に通所させて、指導訓練等を行う。生活保護法の規定にもとづき設置される保護施設の一種。

    解説

  • 8

    ボランティアセンター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボランティア活動を支援するために社会福祉協議会に設置されている機関。制度や行政だけでは充足することができないきめ細かな福祉サービスの実現を図り、人間相互の関係に支えられた生活、住みやすい地域社会づくりをめざすボランティア活動の振興を図る機関。全国ボランティア振興センターをはじめ、各都道府県レベル、市町村レベルの社会福祉協議会、ボランティア団体等に設置されている。ボランティアセンターは、ボランティア活動の発掘と援助のための調査、研究、広報、連絡調整、福祉教育等の活動などを行っている。主な仕事は、都道府県・指定都市、市区町村社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターへの支援。ボランティアコーディネーター、アドバイザー等の研修、普及。福祉教育推進のための調査研究・研修。関係省庁・関係機関との連携によるさまざまな事業等である。

    解説

  • 9

    横出しサービス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寝具の乾燥や配食、移送など、介護保険の給付外のサービスで、市(区)町村が独自に行なう保険給付のことです。

    解説

  • 10

    居宅サービス計画

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デイサービスや施設介護の中などのサービス中に歌やゲーム、手芸、園芸など、心身の状態を安定させ、元気づけるために行なわれる活動のことです。デイサービス(通所介護サービス)などではアクティビティ加算もあります。

    解説

  • 11

    介護報酬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定を受けた介護保険施設やサービス事業者が、利用者に介護サービスを行なった対価として介護報酬の9割を受け取る報酬のことです。介護報酬を受けるためには、事業者指定に始まり給付に関する届け出が必要です。

    解説

  • 12

    医療ソーシャルワーカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英語の略称でMSWともいいます。患者や家族の抱える精神的・社会的な問題の解決から、社会復帰までをサポートする専門職です。社会福祉の専門的な知識や技術をもっています。主に、病院などに勤務しております。

    解説

  • 13

    徘徊

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶喪失の状態、痴呆疾患等でみられる。あてもなく目的もなくさまよい歩くこと。青少年の逃避の形としても起こるものである。介護で必要なポイントは、①玄関や門に鍵をかけて閉じ込めると、不安が強まり、症状の悪化につながることもあり、一緒に出かけて気持ちを和らげることも1つの方法である。②立ち寄ると思われる所や、近所の人の連絡をもらえるように、協力をお願いしておくこと。 ③徘徊している背景、なぜ歩いているか、どこへ行こうとしているのか、を知ることが大切。④連絡先を衣類に縫いつけて、身元がわかるようにしておくことも必要、などである。

    解説

  • 14

    失認

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神や末梢神経、感覚器に障害がないにも関わらず、物や音、重さ、形を認識できない状態を指します。

    解説

  • 15

    移動介助(いどうかいじょ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 車イスを使用されていて自分では移動できない人や、歩行が難しい方など自力では動けない人が移動したいときに介助者が介助することです。また、体を動かしてはいけない人を移動させなければいけない場合も移動介助といいます。

    解説

  • 16

    筆談

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聴覚障害者や言語障害者の情報伝達手段のひとつです。絵や文字を使ってコミュニケーションを図ります。最近ではパソコンや携帯電話なども利用されています。

    解説

  • 17

    プレイセラピー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンナ・フロイトやクラインらの精神分析的遊戯療法、クライエント中心療法の理論を活かしたアックスラインやムスタカスらの児童中心療法等があるが、現在では行う内容にそれほどの違いはみられない。心理療法の一つで、クライエントに自発性を重視した遊びを誘導し、遊びの中で感情や欲求を自由に表現し欲求不満や葛藤を発散・解消することを図る。子どもを対象とした心理療法の一つであり、小さい子どもは言葉で自分の気持ちを表現しにくいため,遊びを通じて自分の気持ちを表現します。その表現すること自体が子どもの心を開放していくことになります。

    解説

  • 18

    睡眠障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不眠症や、いびき、歯ぎしり、頻尿、寝言のほか、睡眠時無呼吸症候群、睡眠時遊行症などの種類があります。睡眠の量やリズムに障害のある状態を指します。

    解説

  • 19

    腰椎椎間板ヘルニア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重い荷物を持ったり、体をねじったりして突然発症する。単純X線撮影や、ミエログラフィーで診断され、治療には安静や牽引療法等の保存的療法と手術療法があり、原則的には保存療法である。これには、鎮痛剤、温熱療法などが含まれる。さらに、神経ブロック療法が適応となることがある。神経根ブロック、硬膜外ブロックなどである。下部腰椎の椎間板髄核が椎管内に脱出、膨隆し、神経根を圧迫して腰痛、座骨神経痛を来したもの。また、片側の下肢痛が多いが、巨大なヘルニアの場合、両側で症状が出現することもありうる。疼痛、しびれなどの自覚症状に加え、障害された神経の支配領域に感覚障害を呈したり、運動神経の麻痺による筋力低下を来たすことがある。

    解説

  • 20

    被保険者証

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険の被保険者であることを証明する証書のことです。第1号被保険者には全員に配布され、第2号被保険者は要介護・要支援認定を受けた人、および被保険者証を申請した人に交付されます。

    解説

57064

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ