zuknow learn together

新しい教材を作成

ケアマネージャー10分用語チェック その10

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2014/01/08)

  • 福祉用具専門相談員

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ケアマネージャーに関係する用語をランダムにまとめてました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    福祉用具専門相談員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 福祉用具貸与事業者は事業所ごとに2人以上福祉用具専門相談員を置くこととされている。専門相談員は介護福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士または厚生労働大臣が指定した講習(講義と実習を全40時間受講することが必要、試験は行われない)の修了者・都道府県知事がこれと同等以上の講習を受けたと認める者でなければならない。介護保険法にもとづく福祉用具貸与事業において、福祉用具の専門的知識を有し利用者にあった用具の選定に関する相談を担当する者。具体的には、介護を受ける側と、介護する側の双方の心理を理解し、病状や障害の度合い適切に見極めて、福祉用具の選定や使い方をアドバイスできる専門家である。

    解説

  • 2

    寛解

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気の症状がある程度まで改善された状態をいいます。がんでは治癒ではなく「寛解」を使います。また、統合失調症では病状が停止し消滅したように見える状態を指します。

    解説

  • 3

    スタビライザー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リハビリテーション分野で特に頻回に用いられるものに、起立歩行障害児(者)の立位安定装置がある。これは、底面積の広い硬板に骨盤帯つき長下肢装具を固定したもので、立位における平衡機能を促進(助長)するために用いる。安定装置。一般的に用いられている言葉で、専門用語ではなく、したがって随所で使用されている。一般的に、スタピライザーは、船、飛行機、車、自転車、などの乗り物に取り付けられ、操縦時の不規則なゆれや転倒、転覆を防ぐために取り付けられるもの。また、車ではアンチロールバーとも言われ、車体のロールを防ぐためのサスペンション形式。構造は左右のサスペンションを細長いバーで連結し、左右のサスペンションの沈み込みに差異が生じた時にだけ、連結したバーに捻り抵抗が発生し、その復元力により車体の傾きを防ぐ様になっている。

    解説

  • 4

    膠原病(こうげんびょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の不明熱(原因不明の発熱)として発見されることが多いです。SLEやリウマチなど数種類の病気が含まれています

    解説

  • 5

    宅老所

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者などが気をつかわず家庭的な雰囲気で過ごすことができるように配慮された施設のことです。通所、居住、短期宿泊など多様なサービスを提供しています。民間グループや市区町村が運営しており、介護保険にはない、きめ細かな対応が特徴となっています。

    解説

  • 6

    指定居宅サービス事業者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在宅サービスを提供する事業者です。サービスの種類ごとに人員や設備、運営に関する基準が設けられ、基準を満たすと都道府県知事の指定が受けられます。主に訪問介護事業所・通所介護事業所があります。

    解説

  • 7

    向精神薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神機能や行動に作用する薬物の総称です。中枢神経系に作用して効き目を発揮します。

    解説

  • 8

    せん妄

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルコール依存症や認知症によく見られる症状です。脳の機能が一時的に低下し、意識混濁や幻覚、錯覚、不安、興奮などの状態になります。意識障害のひとつです。

    解説

  • 9

    身体拘束

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病院や施設で、利用者の身体を緊急に守らなければならないときに、一時的にベッドに拘束することです。介護保険事業者には、身体拘束禁止ケアの手引きがあります。身体拘束を行なうには、家族の承諾や、カルテ開示などの取り決めがあります。

    解説

  • 10

    訪問調査員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護・要支援認定の一次判定の際、被保険者の自宅を訪問して、心身の状態や生活環境などを調査する人のことです。認定調査員ともいいます。

    解説

  • 11

    福祉車両

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体障害者の車の乗り降りや、車いすから車いすへの乗り移りなどがスムーズにできるように配慮された車両のことです。車両の購入にあたっては、各自治体から助成が受けられる場合があります。

    解説

  • 12

    マッサージ師

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あん摩マッサージ師圧師、はり師、きゅう師等に関する法律により、医師以外の者でマッサージを業とする者は、厚生労働大臣の行う試験に合格し、あん摩マッサージ指圧師免許を受けなければならない。業としてマッサージを行う人。なお、あん摩マッサージ指圧師試験の実施に関する事務は、法第3条の4第1項の規定により指定試験機関として指定された財団法人東洋療法研修試験財団が行う。受験資格として、学校教育法第56条の規定により大学に入学することのできる者で、3年以上、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設において、あん摩マッサージ指圧師となるのに必要な知識及び技能を修得したもの等とされる。

    解説

  • 13

    ハイムリッヒ法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護者は誤嚥(ごえん)した人の背部にまわり、後ろから上腹部に手を回し、両手をしっかりと握り、次にその手で強く急激に上腹部を押し上げる。その吹き出す圧を利用して異物を吐き出させる。誤嚥したときに、気管内の異物を除去するために用いる方法の一つである。また、ハイムリッヒ法とは異なる方法で背部叩打法があり、成人や高齢者ではいすの背もたれを利用したり、小さな子どもであれば介護者の大腿や膝を利用して前屈姿勢をとらせ、背中を強く数回叩いて、異物を吐き出させる方法もある。摂食中は家族や介護者による注意深い観察と、きめ細やかな配慮がたいへん重要となる。たとえ誤嚥しても最小量で気づくこと、窒息する前に与えるのをやめることが大切になる。

    解説

  • 14

    ケアハウス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉法にもとづく軽費老人ホームの一種で、60歳以上の者、または夫婦のどちらかが60歳以上のものであって、身体機能の低下または高齢等のために独立して生活するには不安でもあるものが、自立した生活を維持できるように、構造や整備の面で工夫された施設。居室は個室化されており、車いすでの移動も可能であるなど、プライバシーや生活を尊重した構造ともなっている。各種相談、食事、入浴サービスのはかに、利用者が日常生活上の援助や介護を必要とする状態になった場合には、ホームヘルパーの派遣など外部の在宅サービスを受けることになっている。また、介護保険法では軽費老人ホームの居室は居宅とみなされ、入所者が要介護者等に該当すれば訪問介護等の居宅サービスが受けられる。特定施設入所者生活介護の対象となる特定施設とされており、人員、設備および運営に関する基準を満たすことにより指定居宅サービス事業者の指定を受けることができる。

    解説

  • 15

    市町村特別給付

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護の被保険者や在宅要支援被保険者に、介護保険のサービスとは別に、市町村が条例で定める独自の給付のことで介護給付と予防給付に対して横だしサービスといわれる。例えば、配食サービス、寝具乾燥サービスなどがある。介護保険制度において、介護 給付と予防給付のほかに、要介護状態の軽減若しくは悪化の防止または要介護状態になることを予防するために、市町村が条例で定める独自の保健給付をいう。

    解説

  • 16

    リウマチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関節、筋肉、腱に炎症が起こり、こわばり、痛みを生じる疾患です。代表的な病気にリウマチ熱、関節リウマチなどがあります。

    解説

  • 17

    特記事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険の認定調査で用いられる項目のひとつ。認定のための基本調査を補うために面接を行い、定められた調査項目だけでは被保険者の状態を十分説明できない場合、補足事項と特別な医療について記入する特別な項目です。

    解説

  • 18

    デイサービス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人デイサービスセンター等に通わせて、その施設において、入浴、食事の提供等の日常生活の世話、機能訓練、健康状態の確認、その他の日常生活上の世話を行う介護保険給付対象サービスの一つ。また、通所するために必要な場合にはリフト付き車両等による送迎サービスも行われる。また、平成18年4月1日に改正介護保険法が施行されました。これにより、療養通所介護など新しい類型のサービスや介護予防サービスなどが追加され、介護報酬体系の改訂が行われた。通所介護事業(デイサービス)の指定を受けるには、事業所ごとに都道府県知事又は市町村長に申請し、必要な要件をクリアしなければならない。

    解説

  • 19

    グループホーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5~18名程度の認知症の高齢者がグループで暮らす住宅のことです。認知症対応型老人共同支援事業として介護保険給付の対象になっています。

    解説

  • 20

    不服申し立て

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行政機関の決定や処分に承諾できない場合、異議を申し出ることです。介護保険では、保険料徴収金や、要介護認定などに不服がある場合、都道府県の介護保険審査会に申し出ることになります。

    解説

57038

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ