zuknow learn together

新しい教材を作成

ケアマネージャー10分用語チェック その5

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2014/01/08)

  • モニタリング

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ケアマネージャーに関係する用語をランダムにまとめてました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    モニタリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケアマネジメントにおいては、ケアプランを作成しサービス提供の手配をして終わりと考えるのではなく、特に在宅生活者に対してはケアマネジャー自身の訪問によるモニタリングが重要である。モニタリングされた事項は、ケアチームにおいて評価され、必要に応じてケアプランの変更を検討する。ケアマネジメントの一過程で、ケアプランに照らして状況把握を行い、現在提供されているサービスで十分であるか、あるいは不必要なサービスは提供されていないか等を観察・把握すること。通常、一般的一過程においてもモニタリングは、変化を見逃さないように観測を続けて監視することを意味する。

    解説

  • 2

    ライフステージ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の一生のうち、年代にともない変化していく段階のことをいいます。乳幼児期、児童期、青年期、壮年期、老年期などに分けられます。

    解説

  • 3

    居宅介護サービス計画費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険のサービスを利用するためのケアプラン作成を介護支援専門員(ケアマネジャー)に依頼した時に支払われる費用のことです。介護保険制度から全額支払われるので、利用者の負担はありません  又、ケアプランは自分で作成することも可能です。

    解説

  • 4

    申請代行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市町村に申請する介護保険の事務手続きを、介護支援専門員(ケアマネジャー)が代行することをいいます

    解説

  • 5

    誤嚥(ごえん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高カロリー輸液 、嚥下に関する神経・筋の障害、意識状態が低下している場合等に起きやすい。また、入れ歯等の異物を呑み込んで詰まることもこう呼ぶ。 どちらも窒息の危険があるので、食物または異物を取り除くのが先決である。誤飲ともいう。食物や水、唾液などが、食道ではなく気管の方に入ってしまうこと。 誤嚥と肺炎 ・・・ 食べ物や唾液に含まれている細菌が気管から肺に入ると肺炎(誤嚥性肺炎)を起こす。誤嚥が起こるのは食事のときだけとはかぎらなく、 胃液が食道を逆流して気管に入ったり、睡眠中に唾液を誤嚥したりすることもある。食事中の誤嚥はむせるので気がつくが、眠っている間は 気づかない。 嚥性肺炎の多くは睡眠時の誤嚥によるといわれている。」

    解説

  • 6

    福祉住環境コーディネーター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建築、医療、福祉などの知識を持った専門家。高齢者や障害者が暮らしやすいように、住まいをコーディネートする人です。

    解説

  • 7

    介護保険制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急速な高齢社会を迎える日本の高齢者が安心して暮らすために、公的な介護サービスを提供する社会保険制度でドイツの介護保険制度をモデルに創設されました。

    解説

  • 8

    居宅療養管理指導

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通院できない利用者の家庭を医師などが訪問し、健康管理や専門の指導を行なうサービスです。 管理栄養士の栄養指導や、歯科衛生士の口腔指導などもあります。

    解説

  • 9

    認定調査票

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調査は、市町村職員等を被保険者宅に訪問させ面接し、概況調査、基本調査、特記事項の3点から構成されている認定調査票を用いて公平かつ客観的に行われる。介護保険制度において、要介護認定または要支援認定の申請があったときに、市町村職員または市町村から委託を受けた介護保険施設および指定居宅介護支援事業者等の介護支援専門員等が行う、認定に必要な調査をいう。基本調査は、心身の状況に関する 70項目と特別な医療に関する12項目からなる選択式となっている。認定調査は、市町村の職員が行うこととなっている。また、調査を指定居宅介護支援事業者等(介護保険施設を含む)に委託することができることとなっている。 実際には、市町村の調査担当職員の不足により、居宅介護支援事業者または、介護保険施設に認定調査を委託することも多い。

    解説

  • 10

    健側

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片マヒの患者の右半身、左半身のうち、障害がない側をいいます。

    解説

  • 11

    生活技能訓練

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法的考えが基本にあり、社会生活を対人場面を中心に細かく分析し、それに対応できるように細かで具体的な学習用のプログラムを作成し、それにもとづいて練習・実習するもの。また、社会生活技能訓練、SSTなどとも呼ばれ、認知行動療法の一つでもある。コミュニケーションを要する日常の出来事に対して、ロールプレイを用いて練習する。この方法の特徴として、批難(批判)しない、相手の意見を受け入れる、自分の意見を適切に表現するどの特徴があり、社会復帰を要する施設で取り入れられている。心療内科、精神科などの病院では診療報酬を得ることも可能である。

    解説

  • 12

    介護保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2000年に定められた強制加入保険。介護が必要な高齢者に、介護サービスを円滑に行なうために設けられています。介護被保険者には、40歳~65歳までの第1号被保険者。65歳以上の第2号被保険者とがあります。

    解説

  • 13

    訪問リハビリテーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者の自宅を理学療法士や作業療法士が訪問し、機能回復訓練を行なうことです。このサービスは、介護保険はもとより、医療保険の分野でも訪問リハビリテーションはあります。

    解説

  • 14

    老人保健福祉計画

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉法および老人保健法に規定する地方自治体が高齢者の保健福祉事業の供給体制の確保に関する計画であり、平成5年度から6年度にかけて全市町村および都道府県において市町村老人保健福祉計画と都道府県老人保健福祉計画がそれぞれ作成された。市町村計画は、市町村が将来必要な老人保健福祉サービスの量を明らかにし、その提供体制を計画的に整備することを内容とし、都道府県計画は、都道府県が広域的な観点から市町村を支援するため、広域調整を旨としている。介護保険事業計画を包括する総合的計画として位置づくられる老人保健福祉計画と介護保険事業計画は整合性をもって作成することが必要であることから、計画期間は同一とし、作成も同時に行うのが適当とされている。

    解説

  • 15

    脳腫瘍

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病理学的には良性のものも多いが、生体において重要な機能を営む脳の内部にできる腫瘍であるため、臨床的にはいずれも悪性とされる。頭蓋腔内の真性腫瘍のみならず、脳・脳膜・血管・神経から発生するすべての新生物。頭蓋骨疾患で内部に向かって発育するものも含める。脳腫瘍は通常何らかの症状が出現したときには、すでに腫瘍はある程度の大きさに成長しているため、脳浮腫を引き起こしている場合がほとんどであり、頭蓋内圧亢進症状(とうがいないあつこうしんしょうじょう)すなわち、頭痛、悪心、嘔吐等を起こすとともに、発生部位によっては局所症状として視野欠損や難聴、運動麻痺、言語障害などを伴うことがある。

    解説

  • 16

    被保険者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保険の加入者。保険料を支払い、対象の事故が発生したときに保険金を受け取る人のことをいいます。介護保険では、65歳以上の第1号被保険者と、40歳以上65歳未満の第2号被保険者があります。

    解説

  • 17

    ガイドヘルパー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知的障害者や重度の視覚障害者、重度脳性マヒの人が外出する際にサポートするヘルパー(訪問介護員)です。

    解説

  • 18

    介護老人福祉施設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般では特別養護老人ホームのことを指します。 在宅で介護が難しい人が入所し、日常生活の世話や介護を受けられる施設です。この介護老人福祉施設は全国的に不足状態で待機者が何百人と出ているのがあたり前となっています。

    解説

  • 19

    廃用症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者の病気やけがによる寝たきり状態の放置や社会交流の途絶から連鎖的に生じて、寝たきりの固定化につながることが多いことから寝たきり症候群とも呼ばれる。できる限りの自立、機能活用を図ることが必要である。心身の不使用がまねく機能低下。身体的には筋や骨の萎縮や関節拘縮、起立性低血圧等の循環器機能の低下等(低運動性症候群等ともいう)、精神的には意欲の減衰や記憶力低下等。ケガや病気で入院した場合には、早期にリハビリを開始し、これらの障害を予防することが望ましいとされている。

    解説

  • 20

    骨粗しょう症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨質の組成は正常であるが、骨量が減少した状態で、骨の変形や骨折をおこしやすい。高齢者、特に閉経後の女性に好発する。カルシウム代謝の変化、女性ホルモンの分泌低下などが因子として考えられている。食物からのカルシウム摂取と運動の併用は、予防としても大切になる。オステオポローシス、骨多孔症ともいう。治療には卵胞ホルモン、ビタミンD、骨からのカルシウム放出を抑制するカルシトニン等の薬物療法がある。また、骨粗鬆症は、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状。背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらには骨折の原因となる。骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こす。骨折による痛みや障害はもちろんのこと、大腿骨や股関節の骨折はいわゆる高齢者の寝たきりにつながりる。骨粗鬆症は、中年以降に見られ、患者の8割は女性である。わが国においては1000万人、アメリカでは3000 万人に症状が現れていると考えられる。

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ