zuknow learn together

新しい教材を作成

ケアマネージャー10分用語チェック その3

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2014/01/08)

  • 居宅介護住宅改修費

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ケアマネージャーに関係する用語をランダムにまとめてました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    居宅介護住宅改修費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手すりの取り付けなど、在宅で生活しやすいように住宅を改修した場合、介護保険から助成される費用のことです。

    解説

  • 2

    福祉資金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害者世帯、高齢者世帯または低所得世帯に対して、機能回復訓練器具および日常生活の便宜を図るための用具の購入等に必要な経費。障害者または高齢者が日常生活の便宜を図るための高額な福祉用具等の購入等に必要な経費。結婚、出産および葬祭に際し必要な経費。住居の移転等に際し必要な経費および給排水設備、電気設備若しくは暖房設備を設けるのに必要な経費。身体障害者が自ら運転する自動車または障害者と生計を同一にする者が専ら障害者の日常生活の便宜または社会参加の促進を図るために自動車を購入するのに必要な経費等として貸付けられる資金のことで、生活福祉資金貸付制度にもとづく貸付資金の一種

    解説

  • 3

    ケアプラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在宅要介護者の自立生活を援助するには、心身の状況や環境などを総合的に評価し、生活全般の課題やニーズをつかんだ上で、問題点の解決や軽減したり、ニーズを充足していくために適切なサービスを選択して組み合わせていく必要がある。一般には、このような様々なサービスの組み合わせを計画表としたものをケアプラン(居宅サービス計画)という。また、施設においても、個々の利用者の状況や希望にあわせたサービスを計画する必要がある。その計画を施設サービス計画という。介護保険制度においては介護サービス計画として重要な位置を与えられている。なお、ケアプランは、一定期間の計画であり、利用者の生活 ニーズ等に変化がある場合には、新たな援助目標を設定し、ケアプランを作成することになる。

    解説

  • 4

    MRSA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • methicilin-resistant Staphylococcus aureus  メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。 多くの抗菌薬に対して抵抗力を示す、皮膚などに存在する化膿性菌のことです。 日和見感染をする可能性もあり、病院・施設などでは個室に隔離する必要があります。

    解説

  • 5

    ウェルニッケ失語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会話中に言い間違いや、「あれ」「これ」という指示語をよく使ったり内容があわない発言が多くなる症状のことです。感覚性失語ともいい、比較的上手に話すので一見して分からないという特長もあります。

    解説

  • 6

    後期高齢者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資格取得日は75歳の誕生日当日。(法律上の記述は年齢計算ニ関スル法律(明治三十五年法律第五十号)での「各種法令における年齢の考え方」の時刻基準を採用している。) したがって1日生まれの人は当月から保険料が課されることになる。閏年2月29日生まれは3月1日が資格取得日となる。障害認定での資格取得日は、保険者である広域連合が 障害認定した日となる。

    解説

  • 7

    地域密着型介護予防サービス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地元で利用できるように設置された介護予防のためのサービスです。1:介護予防認知症対応型共同介護2:介護予防小規模多機能型居宅介護3:介護予防認知症対応型通所介護以上の3種類があります。

    解説

  • 8

    老人福祉施設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特別養護老人ホーム、老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、老人介護支援センターの7施設の総称。老人福祉法に規定されています。規定外として、老人休養ホーム、老人憩いの家、有料老人ホームなどがあります。

    解説

  • 9

    介護支援相談

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護に関する専門的な知識や技術を持ち、介護サービスの内容などの相談を受ける事業のことです。 地域包括支援センターなどで受け付けています。

    解説

  • 10

    主治医意見書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険の要介護度の認定・要支援認定を判断する二次判定の際に、主治医が書く意見書のことです。

    解説

  • 11

    居宅介護福祉用具購入費

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浴槽や便座など、レンタルに向かない福祉用具を購入した場合、介護保険から助成される費用のことです。

    解説

  • 12

    介護タクシー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訪問介護員などの資格をもつ運転手がリフト付きなどの車両を運転し、介護者の乗降を介助するサービスです。 移動費用は実費が必要になります。タクシー会社などの事業者は訪問介護事業者の指定を受ける必要があります。また最近では、有償運送といって 訪問介護事業所が条件指定を受けていれば白ナンバー・普通免許でタクシー送迎できるようになる制度もあります。

    解説

  • 13

    二次判定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護認定の最終判定のこと。介護認定審査会が、一次判定と基本調査の特記事項、主治医の意見書などを合わせて、要介護度を判定します。

    解説

  • 14

    冷あん法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 氷枕や氷のう、冷湿布等を用いて、患部に寒冷刺激を与え、痛みを和らげたり、沈静化させたりすること。異なる方法には、温あん法がある。また、花粉症などでの、目のかゆみや充血の激しいときには、冷やしたタオルを閉じたまぶたの上に数分間当て、これを数回くり返し、局所に冷たい刺激を与えることで、知覚神経の働きを一時的に緩慢にし、かゆみを一時的に鈍らせ、症状を抑える効果もある。

    解説

  • 15

    アルコール依存症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長期にわたる大量の飲酒が原因により、心身の健康を害し、円滑な社会生活が著しく困難な状況に陥る事です。主な症状としてアルコールに対する強い欲求・精神的アルコール依存、飲酒行動に関する抑制能力の喪失、耐性増加に伴う飲酒量の増加、離脱症状(りだつしょうじょう)・身体的アルコール依存等であり、しばしば飲酒行動上の異常も伴います。アルコール依存症は従来のいわゆるアルコール中毒に相当するもので、長期にわたる大量のアルコール摂取をめぐるさまざまな有害作用を含む概念として推奨されています。その他、アルコール症と言う言い方もあり、これはアルコールによる健康障害(しょうがい)から社会的対応への障害(しょうがい)性をも含む上位概念であるが、名称が漠然としていると言う事からアルコール依存症への統一がなされました。

    解説

  • 16

    福祉手当

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 福祉手当の受給者は、20歳以上の従来の福祉手当の受給資格者であって、特別障害者手当ておよび国民年金法による障害基礎年金のいずれも受けることができない者に対して経過措置として従前の例により福祉手当が支給されている。障害児福祉手当と同様の支給制限がある。特別児童扶養手当等の支給に関する法律にもとづき、在宅の重度障害者に対する福祉の措置の一環として、精神または身体に重度の障害があるため日常生活において常時の介護を必要とする者に対して支給されていたが、昭和61年の改正により障害児福祉手当および特別障害者手当に改編された。

    解説

  • 17

    福祉年金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現在では、昭和61年4月前に老齢福祉年金の受給権を有していた者に対してのみ老齢福祉年金が支給されており、障害福祉年金の受給権を有した者、母子福祉年金および準母子福祉年金の受給権を有していた者については、それぞれ障害基礎年金、遺族基礎年金が支給されている。拠出制の年金の受給要件を満たせない者や拠出制の国民年金が発足した昭和36年4月当時すでに老齢、障害、母子または準母子の状態にあった者を対象として支給されるもので、老齢福祉年金、障害福祉年金、母子福祉年金および準母子福祉年金の4種類あった。その後、昭和61年4月の年金精度の改革により、これらの年金は廃止された。国民年金法による年金の一種。

    解説

  • 18

    カンファレンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケアマネジャーが行なうものの中に、サービス提供者会議といったものがあり、医師やケアマネージャー、サービス事業者などの援助者が集まる会議のことをいいます。この会議には要介護本人や家族が参加します。この会議では要介護者本人の状態の変化や問題点を検討します。

    解説

  • 19

    理学療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さまざまな運動や体操などの運動療法のほか、マッサージ、温熱などの物理療法で、機能の回復と改善を図る治療法です。 PT(Physical Therapy)ともいわれます。理学療法士は、医師の指示のもと理学療法を行ないます。

    解説

  • 20

    薬物療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物療法で使用されている主な向精神薬は、うつ病を対象とする抗うつ薬、統合失調症を対象にする抗精神病薬、神経症を対象とする抗不安薬、その他抗てんかん薬、催眠鎮静薬、躁病に対する炭酸リチウム、などである。これら向精神薬の臨床経験も進みその効果、副作用も明らかとなり、血中濃度を測定しながらの薬物療法が行われている。なお、最近では薬物療法に際して実証的証拠にもとづく合理的治療を行う方向に進んでいる。薬物による治療法をいい、精神科領域で画期的な進歩をみせたのは1950年代で、それ以来向精神薬が次々と開発され、精神科治療の主流は次第に薬物療法に代わり今日に至る。

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ