zuknow learn together

新しい教材を作成

ケアマネージャー10分用語チェック その1

カード 20枚 作成者: yasu (作成日: 2014/01/08)

  • デイケア

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ケアマネージャーに関係する用語をランダムにまとめてました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    デイケア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉法の対象となる70歳以上の高齢者が、通所しているリハビリを目的としたサービス。心身機能の回復、維持を目的とする計画的な医学的管理の下の入浴・食事等の介護や機能訓練等のサービス、家庭介護者の負担軽減等をねらいとしている。具体的には老人保健施設デイケア、病院または診療所併設のデイケア施設等で行う老人デイケアがある。また医療の分野では、デイホスピタルとも呼ばれ、退院後のアフターケア等を行っている。精神医療、老人医療、障害者福祉、老人福祉等の分野において、在宅にありながら施設のサービスが受けられるように昼間の間だけ預かるサービス。

    解説

  • 2

    訪問看護ステーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訪問看護を提供する事業所。看護師や保健師が医師と連携して在宅の患者の健康チェックや療養指導を行ないます。

    解説

  • 3

    頻脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓は自律神経(交感神経と副交感神経)によって支配されており、何らかの要因で交感神経が優位になると心拍数が増える。心因性、運動性の要因が多いが、薬物性要因に依る場合もある。心因性に依る場合は、比較的短時間の内に解消される。運動性に依る場合には適度な過負荷訓練により反復訓練を行うことに依って、解消される。薬物性因子に依る場合は、当該薬物の使用を即時中止するとともに、緊急に医療機関の受診を行い、薬物の中和をおこなわなければ、人体に深刻な影響を及ぼす場合もある。脈拍数が1分間に100以上になった状態をいい、成人の安静時脈拍数はおよそ1分間50~70回である。

    解説

  • 4

    IADL

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者の運動能力で買い物や洗濯、電話、薬の管理等、ADLよりも高い能力が必要とする複雑な動作の事。職業や性別を考慮し、身体活動能力や障害(しょうがい)の程度をはかり評価する尺度の1つとなっており、要介護認定調査の項目にもいくつかはいっています。

    解説

  • 5

    頻尿

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原因は、膀胱に異常がある、膀胱炎、前立腺炎、膀胱結石、膀胱内の腫瘍、膀胱周囲の臓器(子宮・卵巣)等の疾患や、神経因性膀胱の脳血管障害、脳梗塞・脳出血など、尿道に異常や障害のある、前立腺肥大症のような通過障害や尿道炎など、神経性(心因性頻尿)のストレスや精神的トラウマなど、また、一時的なものは精神的緊張や体を冷やした場合にも起こる。疾患によるものでない場合は、緊張を解きほぐす等で 対処する。夜間頻尿については、水分摂取時間を指導したり、尿器や移動トイレを利用するのも一法である。排尿の回数が多くなる状態で、昼間8回以上、夜間は2~3回以上を頻尿という。

    解説

  • 6

    バリアフリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バリアフリーとは、通行や出入りをはばむ柵とか防壁障害物のことをいう。すなわち、高齢者や障害者の生活や活動に不便な障害を取り除くことをいう。階段の代わりにスローブをつけたり、段差をなくしたり、車いすで通行可能な道路や廊下の幅の確保、警告床材、点字の案内板の設置等などがその例である。公共の建築物や道路、個人の住宅等において配慮した設計。一般的にバリアフリーは物理的な解決法を指す言葉として用いられることが多いが、社会生活弱者が容易に社会参加できるように促す概念としての位置付けがある。

    解説

  • 7

    高カロリー輸液

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心静脈に直接、点滴で注入して栄養素と水分を補給するための薬剤です。ブドウ糖、ビタミン、アミノ酸などが主な成分です。手術の後などで口から栄養が摂取できない場合や、経管栄養が困難な場合に用いられます。

    解説

  • 8

    ケースワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個別援助技術ともいいます。 サービス利用者の要望を聞いて状態を把握し、周りの環境の調整や相談援助など、適切な福祉サービスを提供する援助技術のことです。

    解説

  • 9

    権利擁護

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険法の施行により、高齢者福祉サービスが措置から契約へと移行することになり、高齢者の権利養護の必要性が高まってきた。 その具体的な施策として民法が一部改正され、成年後見制度が導入されるとともに、厚生省のおいても平成11年度に地域福祉権利擁護事業を予算化し、 社会福祉協議会による高齢者の権利擁護事業が始まっている。社会福祉の分野では、自己の権利や援助のニーズを表明することの困難な障害者等に代わって、 援助者が代理としてその権利やニーズ獲得を行うことをいう。ソーシャルワーカーによる社会福祉援助技術の一つとされる

    解説

  • 10

    バイタルサイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脈拍、呼吸、体温、血圧など、人間が生きていることを示す徴候のことです。広い意味では、排尿や排便、食欲、睡眠、発汗、神経反射、意識レベル、精神状態などを含みます。

    解説

  • 11

    脊髄損傷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脊髄は神経系の下位中枢機能と伝導路機能をもつため、損傷部以下の弛弾性麻痺、全知覚脱失、膀胱直腸障害等を来す。合併症の予防ならびに社会復帰と自立を目指したリハビリテーション等の機能訓練が重要である。交通事故などの外傷により脊椎の骨折、脱臼に伴い生じる脊髄の障害で、重篤な機能障害を示す。損傷の度合いにより、完全型と不完全型に分かれる。完全型は脊髄が横断的に離断し、神経伝達機能が完全に絶たれた状態であり、不完全型の場合は脊髄の一部が損傷、圧迫などを受け、一部機能が残存するものを指す。また、完全型の場合、損傷部位以下は上位中枢からの支配を失い、脳からの運動命令は届かず運動機能が失われる。

    解説

  • 12

    失語症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳の損傷によって、言語機能が障害を受けた状態をいいます。ブローカ失語、ウェルニッケ失語、健忘失語があります。

    解説

  • 13

    マイナートランキライザー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主たる作用は不安や緊張の緩和、解消であり、神経症、心身症、抑うつ状態などに用いられる。メジャー・トランキライザーと異なり、副作用をほとんど認めない。緩和精神安定剤とも訳されるが、現在は抗不安薬という名称が用いられる。、精神疾患に使われる向精神薬の一種であり、脳神経に作用し、不安(恐怖)、緊張といった症状を緩和させる作用がある。睡眠時の緊張を緩和させる事から、睡眠薬として利用される場合もある。パニック障害、不安障害、ストレス障害など不安をともなう疾患に多く利用されている。また、服用した際の副作用は、眠気を誘発するため、自動車の運転などと言った危険を及ぼす作業などは避けるべきである。

    解説

  • 14

    長谷川式知能スケール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記憶や見当識などに関する質問から構成され、痴呆の重症度の段階評価はしないが、30点満点のうち総得点20点以下では痴呆を疑うとされている。 主として高齢者の知能スクリーニングを目的としたスケールで、従来の簡易知的機能評価スケール(長谷川式)を1991年(平成3年)に改定したものである。痴呆の評価法は、テスト法と行動評価法の2つに大別されます。テスト法は実際に痴呆が疑われる相手にテストを行い、その結果から痴呆の有無とその程度を判断するものです。行動評価法は対象者の行動や言動を観察したり、家族や同僚などの観察をもとに痴呆の有無やその程度を評価する方法です。どちらも色々な種類の検査方法がありますが、最もポピュラーなテスト法の一つがこの長谷川式知能スケールです。

    解説

  • 15

    短期入所生活介護

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ショートステイのことです。食事や入浴などの介護やリハビリテーションを受けるために、介護老人福祉施設などに短期間入所すること。介護保険の給付対象となる居宅サービスのひとつです。

    解説

  • 16

    有償ボランティア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有償ボランティアとは、福祉活動等に際して交通費、食費、報酬が保障されていることをいう。ボランティアとは自らの意志にもとづき無償で福祉活動等を行う者のことを指すが、この場合とは異なり、どこまでをボランティアとするかは必ずしも定まった見解はなされておらず、かつて交通費や食費なども有償とみなし、一切を手弁当(自己負担)で行うべきと考える意見もあったが、実費弁償は無償性に関係はないとする見解が一般的である。また、ボランティアという言葉はもともと有志者という意味であり、無償であるという意味を含まないことから、有償、無償を区別することに意味はない、とする考え方もある。

    解説

  • 17

    移乗(いじょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者がベッドから車椅子、車椅子から椅子、椅子から床等へ移る動作を「移乗する」といいます。移乗には介助が必要な場合もあります。介助する側にとっても大変重要なスキルです。

    解説

  • 18

    管理栄養士

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 給食のメニュー作成から栄養指導を行える高度な知識と技術をもった専門職です。介護保険制度の中には、栄養に関する加算も多く重要な位置づけの資格の一つです。一定の経験を積んだ栄養士が、国家試験に合格して得られる資格です。

    解説

  • 19

    摘便

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴム手袋にグリセリン、ワセリンなどの潤滑剤をつけ、肛門や直腸を傷つけないように気をつけて便を取り出す。腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱い、運動不足、偏食や薬の副作用などで便秘となり、自力での排便が困難な場合、直腸内に手指を入れて、硬い便を摘出することをいう。また、医療機関においては看護師が患者に対して行うが、自分で行う場合もある。脊髄損傷などで下半身の自由を失うと、腹筋や肛門括約筋をコントロールできなくなるため自ら摘便する技術が必要となる。こうした場合、体温で溶けると発泡してガスに変わる座薬を補助的に使用することもある。直腸の出来るだけ奥に座薬を挿入し、10分から20分程待ち、完全にガス化して直腸が押し広げられてから摘便を行う。

    解説

  • 20

    ポータブルトイレ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トイレまで歩けない、用便が近くて間に合わない、トイレが狭くて介助が難しい、等のときに利用する。形状、便座の暖房、消毒等さまざまに工夫されたものが市販されている。利用時のみ室内に持ち込むのが普通。通常はいす(スツール)に使え、外観上トイレには見えない家具調のものもある。室内用の持ち運べる腰掛け便器。ポータブルトイレの選び方として、座位の安定性が良く、移乗動作もあまり問題のないときには、一体成形型でも良い。立ち座りが可能かどうか確認することが必要。立ち上がりが不安定な場合には、重量もあり、手すり等がしっかりした木製やベッドサイド型を選択する。移乗の際は、立位よりも横移乗のほうが良い。安定して行える場合には、アームレストが移動できるコモード、木製、ベッドサイド型を選択する。アームレストを倒し、立位移乗、座位移乗を行う際には、コモード型は不安定である。便座は機種によって形状が異なる。排泄姿勢が取れるかどうかの確認が必要等である。

    解説

56990

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ