zuknow learn together

新しい教材を作成

生物学豆知識

カード 29枚 作成者: ハカセ (作成日: 2013/10/31)

  • 【生存競争】

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

生物学の豆用語辞典です。
わりと日常で使われる言葉もあります。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    【生存競争】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …生物の個体同士が生息域や食糧、配偶相手などを争うこと。同種個体間に見られる種内競争と、違う種間に見られる種間競争の2つがある。

    解説

  • 2

    【スパンドレル】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …偶発的で非適応性であるような進化の副産物。例:ヒトのへそ(適応機能を全く発揮せず臍帯の副産物でしかない)

    解説

  • 3

    【真正細菌】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …構造的に原核生物と定義される。細胞は細胞膜をもっており、通常硬い細胞壁に囲まれていて、細胞内にしきりはない。単一の環状染色体をもっており、単細胞、または多細胞生物である。大腸菌がもっとも有名なモデル生物。

    解説

  • 4

    【古細菌】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …構造的には原核生物と定義されるが、おそらく真核生物と共通の祖先が真正細菌から分かれた後、真核生物と枝分かれしてきたもの。極限環境に生息する傾向がある。

    解説

  • 5

    【前適応】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …生物の進化において、ある環境に適応して器官や行動などの形質が発達するにあたり、それまで他の機能を持っていた形質が転用されたとき、この転用の過程や転用された元の機能を指す用語。☆特定の形質がいきなり現れたとは考えにくい。それが定着するには前適応の時点で適応的でなくては!

    解説

  • 6

    【ウイルス進化説】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …自然淘汰による進化を否定し、進化はウイルスの感染によって起こるという主張。☆ジョジョのスタンドはこれによるらしい。

    解説

  • 7

    【DNA修復】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …生物細胞において行われている、様々な原因で発生するDNA分子の損傷を修復するプロセスのこと。

    解説

  • 8

    【テロメア】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …テロメアーゼと呼ばれる特異的酵素によって正常なDNA複製とは別の機構で合成される短いDNA配列。テロメアの短縮は細胞老化にかかわっていると考えられている。

    解説

  • 9

    【真核生物】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …細胞内に脂質膜に囲まれた明確な仕切り(核、ミトコンドリア、小胞体など)がある生物。植物、動物、原生生物は真核生物である。

    解説

  • 10

    【FOXP2】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …言語遺伝子。文法能力を含む言語発達との関連が示唆されている。

    解説

  • 11

    【突然変異】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …ある集団の大多数の形質と異なる形質を持つようになること。変異。☆進化の原動力!

    解説

  • 12

    【適応度(fitness)】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …ある生物個体がその生涯で生んだ次世代の子のうち、繁殖年齢まで成長できた子の数。

    解説

  • 13

    【チャールズ・ダーウィン】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …「進化論」の著者。すべては彼から始まった。

    解説

  • 14

    【ミュラー型擬態】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …毒を持つ種同士がその模様に似せて、捕食者に対する警告を強めること。ミュラー擬態においては両種とも、相手の模様に似せることが有利になるので、お互いの模様が歩み寄るような進化(ミュラー収斂)をすると考えられてきた。

    解説

  • 15

    【パイオニア】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …遷移において他者に先駆けて出現する植物。☆日本の音響・映像機器メーカーではない。

    解説

  • 16

    【進化(evolution)】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …生物の形質が世代を経る中で変化していく現象のこと。狭義の意味では、集団中の遺伝子頻度が世代を超えて時間と共に変化すること。☆ポケモンのは進化じゃなくて正しくは変態だよ!

    解説

  • 17

    【アグロバクテリウム】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …グラム陰性菌に属する土壌細菌であるリゾビウム属 (Rhizobium) の内、植物に対する病原性を持つものの総称。アグロバクテリウムは、植物細胞に感染してDNAを送り込む(形質転換)性質があるため、植物のバイオテクノロジーでよく利用される。

    解説

  • 18

    【おばあさん仮説】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …ヒトは単に寿命が長いだけでなく、妊娠期間を終えてからの余命の長さが特徴的であり、こうした閉経後の女性(おばあさん)が子育てに大きく貢献できるため適応的であり進化したとする仮説。

    解説

  • 19

    【ワーキングメモリ】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …認知心理学において情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程を指す構成概念。作業記憶。

    解説

  • 20

    【放射免疫測定】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …放射性同位元素を利用して、微量の抗原(例えば血中のホルモンなど)の量を測定することを可能にした最初の方法。ラジオイムノアッセイ。☆開発者のヤローはノーベル賞を受賞している!ELISAとセットで覚えると良い。

    解説

  • 21

    【カンブリア爆発】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …古生代カンブリア紀、およそ5億4200万年前から5億3000万年前の間に突如として今日見られる動物の「門(ボディプラン、生物の体制)」が出そろった現象。

    解説

  • 22

    【トランスポゾン】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …細胞内においてゲノム上の位置を転移 (transposition) することのできる塩基配列。動く遺伝子、転移因子 (Transposable element) とも呼ばれる。

    解説

  • 23

    【前適応】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …生物の進化において、ある環境に適応して器官や行動などの形質が発達するにあたり、それまで他の機能を持っていた形質が転用されたとき、この転用の過程や転用された元の機能を指す用語。☆特定の形質がいきなり現れたとは考えにくい。それが定着するには前適応の時点で適応的でなくては!

    解説

  • 24

    【不気味の谷】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …ロボットの姿形が人間にあるレベルまで近づいた場合に親近感よりも不気味さ、気味悪さが感じられる現象。1970年に東工大の森正弘名誉教授が指摘し、広く注目されるようになった。

    解説

  • 25

    【包括適応度】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …適応度をある個体の子孫だけでなくその親族、あるいは同じ対立遺伝子を持つ可能性のある他個体にまで広げたもの。

    解説

  • 26

    【カルス】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …固形培地上等で培養されている分化していない状態の植物細胞の塊。植物細胞の分化は何種類かの植物ホルモンの濃度比によって制御される。このことを利用して、カルスの作製・維持、植物個体への再分化を操作できる。

    解説

  • 27

    【iPS細胞】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞。

    解説

  • 28

    【ミラーニューロン】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動するときと、他個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞。他個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように"鏡"のような反応をすることから名付けられた。

    解説

  • 29

    【中立進化説】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …分子レベルでの遺伝子の変化は大部分が自然淘汰に対して有利でも不利でもなく(中立的)、突然変異と遺伝的浮動が進化の主因であるとする説。国立遺伝学研究所の木村資生によって発表され、センセーションを巻き起こした。

    解説

56554

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ