zuknow learn together

新しい教材を作成

漢字の医学用語その2

カード 100枚 作成者: ミッチー (作成日: 2013/10/31)

  • 術前化学療法

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

その2です。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    術前化学療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手術の前に化学療法を行う治療法。neoadjuvant chemotherapy

    解説

  • 2

    腫瘍崩壊症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 造血器がんでは治療(抗がん剤、放射線)が奏効することが多く、大量のがん細胞が短期間で壊されたときに、がん細胞の「死がい」(成分)により、高尿酸血症、高リン酸血症、低カルシウム血症、代謝性アシドーシス(血液が酸性になること)、高カリウム血症、腎不全、呼吸不全等のいろいろな症状が起こること。

    解説

  • 3

    准教授

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2007年4月1日から「助教授」に変わって導入された職階。

    解説

  • 4

    小児がん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15歳未満の子どもがかかる、白血病や脳腫瘍、骨肉腫、悪性リンパ腫など47種類の悪性腫瘍のこと。日本では年間約2500人の子どもが小児がんと診断され、1万6000人以上の子どもが小児がんを罹患しているとされるが、正確な統計はない。6~7割は治癒するといわれている。Childhood Cancer

    解説

  • 5

    上皮内癌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • carcinoma in situ

    解説

  • 6

    抄録

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原文から必要な部分だけを書き抜くこと。抜き書き。しょうろく

    解説

  • 7

    徐放薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内容成分が徐々に放出されて効果が持続するように作られた薬剤

    解説

  • 8

    自律神経失調症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正式な病名ではない(医学の教科書にも外国にもない)。自覚症状があるのに検査しても異常がない場合に、自律神経失調症と診断されることがある。

    解説

  • 9

    心気妄想

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の身体の一部が病気にかかっていると思いこむ妄想

    解説

  • 10

    心筋梗塞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 虚血性心疾患のうちの一つ。心臓が栄養としている冠動脈の血流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。Myocardial Infarction

    解説

  • 11

    神経科(神経内科)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳や脊髄、神経、筋肉の異常により身体が不自由になる病気を扱い、症状はシビレ、筋力低下、筋萎縮、ふらつき、言語障害、記憶障害、痴呆など。代表的なのは帯状ヘルペス。

    解説

  • 12

    心身症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体疾患の中でその発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態

    解説

  • 13

    新生血管阻害剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管新生阻害剤

    解説

  • 14

    身体表現性障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体疾患の存在を示唆しながら原因となる身体疾患が見つからない症状。medically unexplained symptoms; MUS

    解説

  • 15

    心不全

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 以前は「死因不明の代名詞」だったが、1995年より死亡診断書上には終末期状態としての心不全や呼吸不全は直接死因として書かない旨の注意書きがなされるようになった。heart failure

    解説

  • 16

    心療内科

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気を身体だけでなく、心理面・社会面を含め、それぞれの関係性を評価しながら、総合的に診断していく診療科。たとえば精神的ストレスがもとで身体に異常をきたすような喘息や胃潰瘍、じんましんなどの病気を扱っている。日本で心身医学的な治療法に保険が適用されるようになったのは1990年で、「心療内科」が漂榜科として認められたのは1996年。Department of Psychosomatic Internal Medicine

    解説

  • 17

    進行癌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子宮頸癌での進行癌の定義はIb期以降。advanced cancer

    解説

  • 18

    生検

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体検査。身体を直接調べる検査。生体組織検査。

    解説

  • 19

    精査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精密検査

    解説

  • 20

    精神科

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統合失調症、うつ病などの精神疾患の治療のための診療科の一つ。Department of Psychiatry

    解説

  • 21

    性腺外胚細胞腫瘍

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胚細胞腫瘍で、原発が性腺(卵巣や精巣)以外のもの(縦隔や後腹膜、松果体など)

    解説

  • 22

    生存中央値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者の半分が亡くなられた時点のこと。生存期間中央値。Median Survival Time(MST)

    解説

  • 23

    生着

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生着の判定まで治療施設によって異なるが、NCCでは好中球数が500/μlを超えると生着したと見做す模様。平均18日程度。せいちゃく

    解説

  • 24

    生着症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺水腫、発熱、排尿障害など。白血球が増えてくるとき様々な物質が体内で生成されるために起こる

    解説

  • 25

    制吐剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胃から脳へ送られるメッセージを止めたり、吐き気や嘔吐を起こさせるシグナルを脳が受けとるのを妨ぐ

    解説

  • 26

    赤血球

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寿命は約120日で寿命のつきた赤血球は骨髄や脾臓で壊され新しいものと入れかえられる。壊された赤血球中のヘモグロビンは肝臓に運ばれ、ここで分解されてビリルビンという物質に変えられる。ビリルビンはさらにグルクロン酸などと結合し、水に溶けやすい形になり胆汁として十二指腸へ排泄され、食物の消化・吸収に役立てられる。

    解説

  • 27

    鑷子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピンセットのこと。把持する組織に合わせて様々な形状の鑷子があり、呼称も様々である。スウェーデン鑷子、ドゥべーキー鑷子、アドソン鑷子、マッカンドー鑷子など。せっし

    解説

  • 28

    染色体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝情報を担う生体物質。DNAとタンパク質が集まった棒状の構造体。人間は46本。アルカリ性塩基の色素によく染まることから「染色体」と名付けられた。chromosome

    解説

  • 29

    剪刀

    補足(例文と訳など)

    答え

    • はさみのこと。刃先の曲がった曲剪刀が好んで使われる。切るだけでなく、組織をはがしていく剥離操作にも活躍する。代表的なものはクーパー剪刀、メーヨー剪刀、メッツェンバウム剪刀など。せんとう

    解説

  • 30

    染色体異常

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白血病でいう場合、親から受け継いだ「染色体」ではなく、白血病の発症に際し白血病細胞のみに出現した異常であり、遺伝しない

    解説

  • 31

    増悪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病状などがさらに悪化すること。ぞうあく。Progression

    解説

  • 32

    造影CT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヨード造影剤がCT画像上で白く描出される特性を利用して、造影剤を腕の静脈などから注入し、血管の状態・臓器の形態や機能状態・さらに病変(腫瘍)の種類を判別する情報を得ることができる撮影法。contrast enhanced CT; CECT

    解説

  • 33

    造血機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初期は卵黄嚢で、中期は肝臓と脾臓で造血されている。骨髄造血が始まるのは胎生4ヶ月頃からだが、何らかの理由で骨髄での造血が障害されると、肝臓や脾臓での造血が見られることがある。また、古くなった赤血球や白血球、血小板は脾臓で壊され、肝臓も古くなった赤血球を破壊する。

    解説

  • 34

    造血幹細胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべての血球のもとになる細胞。hematopoietic stem cell; HSC

    解説

  • 35

    造血幹細胞移植

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 造血幹細胞をどこからとるかで、骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植に分類される。hematopoietic stem cell transplantation

    解説

  • 36

    奏功率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腫瘍縮小効果。CR(complete response/著功):腫瘍消失、PR(partial response/有効):50%以上の縮小率、NC(no change/不変):50%未満の縮小率または25%以内の増大、PD(progressive disease/進行):25%以上の増大、の4段階方式の評価でいう「CR+PR」の割合。有効率

    解説

  • 37

    相互作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬を2種類以上同時に使用した場合、薬の組み合わせによっては作用が強く出たり、逆に効果がなくなったり、場合によっては副作用が出やすくなったりすること

    解説

  • 38

    組織型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腫瘍細胞の分化と増殖形態に基づく病理組織学的な腫瘍の分類。そしきけい

    解説

  • 39

    組織診

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織診断。子宮の入り口の細胞を、小さい爪切りのようなもので摘んで細胞を採取し、癌細胞の有無や浸潤の深さを確認し確定診断する検査。biopsy

    解説

  • 40

    体交

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体位交換

    解説

  • 41

    代謝拮抗剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNAの構成要素のプリンやピリミジンのイミテーション(替え玉)であり、細胞周期のS期にDNAへのプリンやピリミジンの取り込み(合成)を邪魔する。ハニートラップみたいな仕事をする抗がん剤。坑葉酸剤。anti-metabolites

    解説

  • 42

    体表面積値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身長と体重から計算で求めた、体容積の概算値。body surface area; BSA

    解説

  • 43

    退薬症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禁断症状。離脱症状。withdrawal symptom

    解説

  • 44

    多剤併用療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の抗がん剤を併用する化学療法。複数の抗がん剤を組み合わせると、単剤よりも全体の薬の量を抑えることができ、より少ない副作用で、より高い効果を上げることができる。combination chemotherapy

    解説

  • 45

    多重癌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2個以上の異なる臓器に同時性、または異所性に原発性癌が発生した場合の呼称。同一臓器に発生した場合を多発癌、異なった臓器に発生した場合は重複癌。multiple primary cancer

    解説

  • 46

    玉川温泉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秋田県仙北市にある、日本で一番pHの数値が低い温泉(塩酸が主成分)。癌に効くといわれている。

    解説

  • 47

    単位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 輸血製剤の量。日本では200mlの献血から作られる量が1単位で、国により量が異なる。

    解説

  • 48

    治験

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新薬開発の為の治療を兼ねた試験のこと。治療試験。フェーズ1(第I相臨床試験/Phase I:臨床薬理試験)、フェーズ2(第II相臨床試験/Phase II:探索的試験)、フェーズ3(第Ⅲ相臨床試験/Phase III:検証的試験)と3段階ある。クリニカルトライアル。Clinical Trial

    解説

  • 49

    膣鏡

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちつきょう。Speculum

    解説

  • 50

    鎮静剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳皮質の中枢の異常興奮をしずめる作用をする薬剤。マイナートランキライザーなど。鎮静薬。tranquilizer

    解説

  • 51

    適応障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外的ストレスが原因となって起こるストレス障害の一つで、ストレス因子により日常生活や社会生活、職業・学業的機能において著しい障害がおき、一般的な社会生活が出来なくなるストレス障害。患者のストレスへの脆弱性が発病の起因と成っている事が多いと言われる。心身症と同義。※雅子妃殿下の病名として宮内庁が発表(2004年7月30日)

    解説

  • 52

    転帰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気が進行した結果、ある状態に至ること。治癒・軽快・死亡・転医・中止または治癒・不変・その他・死亡・事故死・軽快・憎悪・中止・剖検(+,-)で評価

    解説

  • 53

    転座

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある染色体に他の染色体の一部が結合する現象

    解説

  • 54

    天井効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効限界。与薬量を増やしていったとき、ある量以上で鎮痛効果の増加が見られなくなり、副作用のみが増強していく現象。モルヒネには天井効果がなく、量の増加によりいくらでも鎮痛効果を強めることができる。cieling effect

    解説

  • 55

    点突然変異

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNAの塩基配列の置換や欠失などの微小変化

    解説

  • 56

    同種移植

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悪性腫瘍の治療において、超大量の化学・放射線療法で腫瘍細胞を根絶した後に生じる骨髄無形成状態や、量的・質的異常のある患者の造血幹細胞を、HLA適合donorからの正常な造血幹細胞で、置換して正常な造血能を再構築する方法。移植の際のGVHDに対して免疫抑制剤を投与する。GVL効果が期待できる。Allogeneic transplant; allo

    解説

  • 57

    動脈採血

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液ガスおよび電解質測定のための検査。ドクターがやる

    解説

  • 58

    頓服

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食事のタイミングとは関係なく、必要なとき(症状が出ているとき)に飲む薬。とんぷく

    解説

  • 59

    肉腫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非上皮性細胞由来の結合組織細胞に発生するがん。広義の「がん」には含まれるが、狭義の「癌」とは区別される。sarcoma

    解説

  • 60

    二次がん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二の別ながん。secondary cancer

    解説

  • 61

    日母分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1978年に日本母性保護産婦人科医会によって作成された

    解説

  • 62

    日本ブラッドバンク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代表取締役は731部隊出身。1950年11月、大阪府大阪市城東区蒲生町3に設立。1964年、「株式会社ミドリ十字」に商号変更。株式会社日本ブラッドバンク血液銀行

    解説

  • 63

    妊孕性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妊娠できる可能性。にんようせい

    解説

  • 64

    膿胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中に水分が貯まっている袋状の組織。のうほう

    解説

  • 65

    排液バッグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドレナージされたリンパ排液などを貯留しておくバッグ。サクションレザーバー

    解説

  • 66

    肺炎球菌ワクチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 80種類以上ある肺炎球菌の型のうち、感染症の8割ぐらいを占める23種類の型に対して免疫をつけることができ、効果は5年以上持続する。

    解説

  • 67

    敗血症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体のある部分に感染を起こしている病原菌が血液の中を流れて広がり、重篤な全身症状を引き起こす症候群。Sepsis

    解説

  • 68

    白血球

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液に含まれる細胞成分の一つ。 顆粒球、リンパ球、単球があり、外部から体内に侵入した異物の排除を役割とする造血幹細胞由来の細胞。寿命は4-5日で大きさは7から25μm。数は正常血液1mm3あたり4000から10000個(平均約7000)。怪我などをした後に傷口から発生する膿は、この白血球の死骸。white blood cell; WBC, leukocyte

    解説

  • 69

    白血病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性白血病は血液細胞の分化・成熟のある一定の段階で分化が停止し、それより未分化な芽球(白血病細胞)が単一性の増殖をする。それに対し慢性白血病は、一応は分化・成熟する能力を保持していて、様々な成熟度の白血球が増殖する。白血球の一種であるリンパ球の特徴を表している白血病細胞が占めていればリンパ性白血病、それ以外は骨髄性白血病。Leukemia

    解説

  • 70

    白血病細胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞分裂してから次の細胞分裂までの世代時間は、正常造血細胞よりも2-3倍長い

    解説

  • 71

    華岡青洲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 江戸時代に紀伊に実在(1760年11月30日-1835年11月21日)した外科医。妻と母が人体実験に協力し、母の死・妻の失明という代償で全身麻酔薬「通仙散」が完成。1804年10月13日に全身麻酔下で乳癌摘出手術に成功。実際の事例として行われた世界最古の麻酔手術である。はなおかせいしゅう

    解説

  • 72

    晩期副作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射線治療後、時間を経て現れる副作用。治療中や治療直後に現れるのは「早期副作用」

    解説

  • 73

    脾腫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脾臓の大きさが正常な範囲を超えて拡大すること。原因は白血病・肝硬変・門脈血栓・真性多血症・敗血症など様々。splenomegaly

    解説

  • 74

    脾臓

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約120g。血小板全量の3分の1を貯蔵しており、必要に応じて血中に放出する。骨髄で造血が始まるまでの胎生期には、脾臓で赤血球が作られている。生後はその機能は失われるが、大量出血や骨髄の機能が抑制された状態では再び脾臓での造血が行われることがある。人間の場合は脾臓を摘出しても全くと言って良いくらい影響が無い。spleen

    解説

  • 75

    被曝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射線にさらされること

    解説

  • 76

    病識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気についての認識あるいは知識。患者自身が病気であるということを自覚すること

    解説

  • 77

    病臭

    補足(例文と訳など)

    答え

    • がん患者から出る特有のにおい。がんによる病臭は、がん細胞が壊死(えし)して細菌感染を起こすため発生する。一般的に、体表にできたがんや子宮がんなど婦人科系のがんによるものが特にきつい。

    解説

  • 78

    標準治療

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スタンダード・セラピー。大規模臨床試験で効果が証明された、その時点で最も成績の良い治療法のこと。standard therapy

    解説

  • 79

    病態水準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カーンバーグの提唱した人格構造の概念により、患者を精神病、境界例、神経症の3つの群に分けようとするもの。「現実検討能力」「同一性統合度(自分が何者か、自分と他者を分けられるか<自他境界>)」「防衛操作(どういう防衛機制を用いるか)」の3点から分類

    解説

  • 80

    標榜科

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病院や診療所が外部に広告できる診療科名のこと。ひょうぼうか

    解説

  • 81

    日和見感染

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康な人では感染症を起こさないような病原体(弱毒微生物・非病原微生物・平素無害菌など)が、免疫抑制剤を使用している患者さんや抵抗力が減少した患者さんなどで発症する感染症。ひよりみかんせん。opportunistic infection

    解説

  • 82

    頻回

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頻度が多く行われること。ひんかい

    解説

  • 83

    不穏

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般に落ち着かない状態で、程度の高いもの。不穏状態。ふおん

    解説

  • 84

    複合的理学療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1)徒手によるリンパドレナージ 2)圧迫療法 3)運動療法 4)皮膚と爪のケア。Combined physical decongestive therapy

    解説

  • 85

    分化度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未分化細胞ほど細胞周期が短く盛んに分裂増殖を繰り返す傾向があるため、分化度が低いほど化学療法の感受性が高いが、バラバラになりやすく転移しやすい。分化度が高いものほど比較的悪性度が低いと言える

    解説

  • 86

    分化誘導療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATRA(オールトランスレチノイン酸/活性型のビタミンA)。白血病細胞も正常細胞も殺さずに、前骨髄球段階で止まってしまった分化・成熟を解除し、再び分化の過程に導く療法。現在のところ急性前骨髄性白血病(M3)以外ではATRAは無効

    解説

  • 87

    分子標的薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分子標的治療薬。遺伝子や遺伝子の命令によって作られる蛋白質を狙い撃ちする薬。血管新生阻害剤やシグナル伝達阻害剤、細胞周期調節剤などがある。ゲフィチニブ(商品名:イレッサ/Iressa)、メシル酸イマチニブ(商品名:グリベック/Glivec)、リツキシマブ(商品名:リツキサン/Rituxan)など。 ※Web(国立がんセンターHP内)

    解説

  • 88

    扁平上皮内病変

    補足(例文と訳など)

    答え

    • squamous intraepithelial lesions

    解説

  • 89

    蜂窩織炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌感染によって起こる皮膚と皮下組織の感染症。ほうかしきえん

    解説

  • 90

    包交

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 包帯交換

    解説

  • 91

    飽和

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 含みもつことのできる最大限度に達して、それ以上余地のないこと。ある条件のもとで、ある量が増加していき、それ以上増加しなくなる最大限に達した状態。ほうわ

    解説

  • 92

    (術後)補助化学療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外科手術後がんが存在する証拠がほどんど無い場合に、再発のリスクを減らすため一定期間行われる治療。adjuvant chemotherapy

    解説

  • 93

    ぽっと出症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日ごろ患者の世話をしていない親類が(治療方針などに)アレコレ意見する様。(C)柏木哲夫先生

    解説

  • 94

    本態性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある症状・疾患は存在するが、その原因が明らかでないものであること。ほんたいせい

    解説

  • 95

    末梢血

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体の中を流れている血液。まっしょうけつ

    解説

  • 96

    末梢血幹細胞移植

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢血中にわずかに存在する造血幹細胞を収集し輸注する方法。生着まで平均14日程度。同種移植では慢性GVHDが多いが白血病の再発が少ない傾向がある。移植後長期の造血能を維持できるかどうかは未検証。非血縁者では現在選択不可能。PBSCT

    解説

  • 97

    丸ワク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 丸山ワクチン

    解説

  • 98

    未分化胚細胞腫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • みぶんかはいさいぼうしゅ。dysgerminoma

    解説

  • 99

    脈管侵襲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病理診断における表現方法の一つで、がん細胞がリンパ管や血管に入り込んでいるかどうかを陰性(-)または陽性(+)で示す。lymph vascular space invasion, LVSI。みゃっかんしんしゅう

    解説

  • 100

    免疫抑制剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞の数が増えるのを抑える。細胞が増えるときは必ずDNAが増えるので、これを造れなくする薬。GVHD予防。ネオーラル(一般名:シクロスポリン)等

    解説

56932

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ