zuknow learn together

新しい教材を作成

アロマテラピー検定問題

カード 10枚 作成者: アヤカ (作成日: 2013/10/30)

  • 薬事法について、許可なく小分けするのはOK?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ちょっと興味があってアロマの勉強してます。
意外と覚えることがあって大変かも。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    薬事法について、許可なく小分けするのはOK?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 許可なく小分けして販売するのは禁じられている。

    解説

  • 2

    友人へのハンドクリームのプレゼントは薬事法違反?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 特定の友人、知人へのプレゼントは「業として」には当たらない。使い方を説明し、納得した上で受け取ってもらうことが大前提。 その際には有償・無償は問われない。 ただし、製造物責任法及びその他民事上の責任は免れないので、相手や状況をよく考えて行うこと。

    解説

  • 3

    製造物責任法(PL法)は精油にも適用される?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 精油にも適用される。製造者の責任になる。

    解説

  • 4

    消防法について揮発性の物質は少量であれば規制をうけない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 少量であっても揮発性物質の保管は、ショップ・輸入業者として扱う場合は消防法・危険物の規制に関する政令により規制を受ける。

    解説

  • 5

    自己責任原則という考え方について、自分で製造し、業者に販売した場合、精油販売業者に責任がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 自分で製造した精油で湿疹ができた場合、精油販売業者に民事責任がある。

    解説

  • 6

    火傷にきくラベンダー精油を薬と説明して知人に塗布するのは良い?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精油を薬のように使うことはできない。

    解説

  • 7

    日本アロマ環境協会では医師やマッサージの免許を持たないものはアロマテラピートリートメントを行わないよう訴えている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 診断・治療ではなくあくまでもリラクセーションであるということを説明し、医師や専門家に行くべき機会を奪わないように注意して行う。

    解説

  • 8

    自分のペット以外にアロマテラピーを用いたリラックスのサービスを行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体調や機嫌を見て注意すれば行っても良い。

    解説

  • 9

    精油の香りの特徴を説明して販売する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医薬品・医薬部外品・化粧品ではないので、効能をうたうのは文書・口頭でも薬事法に抵触する。

    解説

  • 10

    サービス行為としてトリートメントを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あくまでリラクセーションのためのサービスであること、使用する精油、自己責任原則について説明し、体調を見ながら行うこと。

    解説

56902

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ