zuknow learn together

新しい教材を作成

レベル1(10)医療法②【柔道整復師国家試験対策:関係法規】

カード 10枚 作成者: Yuzuru Itoh (作成日: 2015/03/24)

  • 問題1 正しいのはどれか.
    1.病院は患者20人以上の収容施設を有する.
    2.診療所には患者の収容施設はない.
    3.特定機能病院は特定の疾患のみを診察する.
    4.総合病院には全ての診療科を置かなければならない.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

柔道整復師の国家試験過去問題を分野別に構成しています.
関係法規の国家試験対策に役立てて下さい.
レベル1〜3まであります.
レベル1:過去問題で基本的な問題(全13回)
レベル2:過去問題で標準的な問題(全12回)
レベル3:模試問題で国家試験レベルの問題(国家試験に準じ1回あたり必修1問,一般10問)(作成予定)

※zuknowの機能上,「改行されず問題が読みにくい」,「選択枝の番号がおかしい」という現象があります.4択問題をzuknowで学修するためには現状の表示方法しかなく,X2問題(解答を二つ選ぶ)もX1問題(解答を一つ選ぶ)に変更しています.改善要望は出しております.

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    問題1 正しいのはどれか. 1.病院は患者20人以上の収容施設を有する. 2.診療所には患者の収容施設はない. 3.特定機能病院は特定の疾患のみを診察する. 4.総合病院には全ての診療科を置かなければならない.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.病院は患者20人以上の収容施設を有する.
    • 誤答選択肢 2.診療所には患者の収容施設はない.
    • 3.特定機能病院は特定の疾患のみを診察する.
    • 4.総合病院には全ての診療科を置かなければならない.

    解説

  • 2

    問題2 正しいのはどれか. 1.病院は患者10人以上の収容施設を有する. 2.診療所は患者の収容施設を有しない. 3.法人は病院を開設することができない. 4.特定機能病院は高度の医療を提供する.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.特定機能病院は高度の医療を提供する.
    • 誤答選択肢 1.病院は患者10人以上の収容施設を有する.
    • 2.診療所は患者の収容施設を有しない.
    • 3.法人は病院を開設することができない.

    解説

  • 3

    問題3 正しい組合せはどれか. 1.病 院―――患者10人以上の収容施設 2.特定機能病院―――感染性患者用の医療施設 3.療養病床―――長期療養を必要とする患者用の病床 4.施術所―――7.7平方メートル以上の専用の施術室

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.療養病床―――長期療養を必要とする患者用の病床
    • 誤答選択肢 1.病 院―――患者10人以上の収容施設
    • 2.特定機能病院―――感染性患者用の医療施設
    • 4.施術所―――7.7平方メートル以上の専用の施術室

    解説

  • 4

    問題4 医療法について正しいのはどれか. 1.診療所の定義には柔道整復施術所が含まれる. 2.特定機能病院を称するには厚生労働大臣の承認が必要である. 3.医療監視員は厚生労働省の職員である.4.開設者は診療所か病院の名称を自由に選択できる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.特定機能病院を称するには厚生労働大臣の承認が必要である.
    • 誤答選択肢 1.診療所の定義には柔道整復施術所が含まれる.
    • 3.医療監視員は厚生労働省の職員である.
    • 4.開設者は診療所か病院の名称を自由に選択できる.

    解説

    ●医療監視員は市または特別区の職員

  • 5

    問題5 医療法で定められている事柄について誤っているのはどれか. 1.医療は,国民自らの健康の保持のための努力を基礎とする. 2.都道府県は,医療を提供する体制の確保に関する計画を定める. 3.適切な説明は,医療の担い手のうち医師が行わなければならない. 4.医療の担い手は,良質かつ適切な医療を行うよう努めなければならない.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.適切な説明は,医療の担い手のうち医師が行わなければならない.
    • 誤答選択肢 1.医療は,国民自らの健康の保持のための努力を基礎とする.
    • 2.都道府県は,医療を提供する体制の確保に関する計画を定める.
    • 4.医療の担い手は,良質かつ適切な医療を行うよう努めなければならない.

    解説

  • 6

    問題6医療提供機関の定義で入院患者の収容人数について,正しい組合せはどれか. 1.診療所―――10人以上 2.病院―――20人以上 3.特定機能病院―――200人以上 4.地域医療支援病院―――300人以上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.病院―――20人以上
    • 誤答選択肢 1.診療所―――10人以上
    • 3.特定機能病院―――200人以上
    • 4.地域医療支援病院―――300人以上

    解説

  • 7

    問題7 正しいのはどれか. 1.特定機能病院は都道府県知事の承認が必要である. 2.診療所は患者を入院させることができない. 3.地域医療支援病院は救急医療を提供する能力を有する. 4.介護老人保健施設は健康保険法の規定による施設である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.地域医療支援病院は救急医療を提供する能力を有する.
    • 誤答選択肢 1.特定機能病院は都道府県知事の承認が必要である.
    • 2.診療所は患者を入院させることができない.
    • 4.介護老人保健施設は健康保険法の規定による施設である.

    解説

  • 8

    問題8 医療法で定められた施設と内容との組合せで誤っているのはどれか. 1. 診療所―――患者20人以下の収容施設を有する. 2. 地域医療支援病院―――救急医療を提供する能力を有する. 3.医療安全支援センター―――病院,診療所若しくは助産所における医療に関する苦情に対応する. 4. 特定機能病院―――高度の医療を提供する能力を有する.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1. 診療所―――患者20人以下の収容施設を有する.
    • 誤答選択肢 2. 地域医療支援病院―――救急医療を提供する能力を有する.
    • 3.医療安全支援センター―――病院,診療所若しくは助産所における医療に関する苦情に対応する.
    • 4. 特定機能病院―――高度の医療を提供する能力を有する.

    解説

  • 9

    問題9 医療法について正しいのはどれか. 1.開設者が助産師の場合,入所施設を有する助産所は届出により施設が使用できる. 2.株式会社による開設が認められている. 3.廃止する場合は10日以内に都道府県知事に届出る. 4.助産所で医療行為を行うことは可能である.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.廃止する場合は10日以内に都道府県知事に届出る.
    • 誤答選択肢 1.開設者が助産師の場合,入所施設を有する助産所は届出により施設が使用できる.
    • 2.株式会社による開設が認められている.
    • 4.助産所で医療行為を行うことは可能である.

    解説

  • 10

    問題10 誤っている組合せはどれか. 1.地域医療支援病院―――救急医療 2.特定機能病院―――高度医療 3.療養病床―――長期入院 4.助産所―――異常出産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.助産所―――異常出産
    • 誤答選択肢 1.地域医療支援病院―――救急医療
    • 2.特定機能病院―――高度医療
    • 3.療養病床―――長期入院

    解説

57025

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ