zuknow learn together

新しい教材を作成

評価法

カード 113枚 作成者: Yuiko Morooka (作成日: 2015/03/23)

  • 学習者にとどまらず、教師・教材・教授法・教育計画・教育機関にわたって関係者が評価の結果をフィードバックすることによって、今後の指針を得ることが本来の目的

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本語教師420時間コース
評価法の単語集

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    学習者にとどまらず、教師・教材・教授法・教育計画・教育機関にわたって関係者が評価の結果をフィードバックすることによって、今後の指針を得ることが本来の目的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 評価

    解説

  • 2

    熟達度を測る。能力を認定する。(JLPT、ACTFLのOPI)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認定評価

    解説

  • 3

    到達度を測る。どのくらい達成できたか測定する。(実力テスト・中間テスト)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 測定評価

    解説

  • 4

    受け入れるか否かを選ぶ。(入学試験)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選別評価

    解説

  • 5

    コース開始前。レディネスを把握して適当なクラスに振り分けるための評価。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 診断的評価

    解説

    プレースメントテストなど

  • 6

    コース開始後いつでも。問題点を明らかにして学習内容・教え方に改善を加えていく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形成的評価

    解説

    クイズ・小テストなど

  • 7

    コースの終了時。到達度を測る。客観性高いテスト。自分の教授能力も測れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総括的評価

    解説

    学年末テストなど

  • 8

    任意の時期。客観的に学習者のその時点における能力を測る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外在的評価

    解説

    OPI、JLPTなど

  • 9

    教え方・学び方・評価の方法を考えるため国際交流基金が開発したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JF日本語教育スタンダード

    解説

  • 10

    言語活動とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産出・受容・やりとり

    解説

  • 11

    言語能力とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語構造的能力・社会言語能力・語用能力

    解説

  • 12

    日本語の熟達度について、「~できる」という形式で示したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Can-doリスト

    解説

  • 13

    テストをして評価する方法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テスト法

    解説

  • 14

    学習者が、教師・教材・教え方について評価する。通常コースの終了時実施。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンケート調査法

    解説

  • 15

    普段の学習態度・発言・宿題の提出…など観察、記録。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観察記録法

    解説

  • 16

    レポートや作文を書かせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レポート法

    解説

  • 17

    口頭表現力・伝達能力を知るのに向いている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 面接法

    解説

  • 18

    同一のテストを2度実施する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再テスト法

    解説

  • 19

    同種のテストを重ねて実施する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平行テスト法

    解説

  • 20

    スピーチ・ロールプレイ・作文など数値化しにくいものを収集したもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポートフォリオ

    解説

  • 21

    同一集団内での評価・位置づけ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対評価

    解説

  • 22

    学習目標の達成度を一定の評価基準に照らし合わせて判断

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対評価

    解説

  • 23

    潜在能力や適性の有無、学習タイプをみるテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適性テスト

    解説

  • 24

    適切なクラスに振り分けるテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレースメントテスト

    解説

  • 25

    学習の到達度を測るテスト。既習事項についてテスト。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実力テスト アチーブメントテスト

    解説

  • 26

    熟達度を測るテスト。公的機関が定期的に実施。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認定テスト プロフィシエンシーテスト

    解説

  • 27

    ほかの受験者と比べてどうであったか、集団内の個人の位置づけを明らかにすることを目的としたテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集団準拠テスト(NRT)

    解説

  • 28

    何ができるか、どのくらい力が伸びたかを明らかにすることを目的としたテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目標準拠テスト(CRT)

    解説

  • 29

    採点者が主観的に採点するテスト。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主観テスト

    解説

  • 30

    正答が1つしかなくコンピューターでも採点ができるテスト。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 客観テスト

    解説

  • 31

    結果が受験者に大きな影響を及ぼすテスト。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハイステークス・テスト

    解説

    (BJT,JLPT)

  • 32

    そのテストが測ろうとしているものを、適切に測れているか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妥当性

    解説

  • 33

    忠実に測定したいものを測定できているか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基準関連妥当性

    解説

  • 34

    ①出題範囲からきちんと出しているか ②偏りなく出題されているか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内容的妥当性  ①領域適切性  ②領域代表性   

    解説

  • 35

    既に知っていたり素材に関心があったり、特定の受験者に有利になっていないか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構成概念妥当性

    解説

  • 36

    測定結果に安定性があるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 信頼性

    解説

  • 37

    実際の言語使用にどれだけ反映しているかどうか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真正性

    解説

  • 38

    学習者の学習方法に与える影響のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 波及効果

    解説

  • 39

    テストの作成・実施・採点までの流れのこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テストデザイン

    解説

  • 40

    テストの「設計図」のこと。測りたい能力や出題したい項目を詳しく書く。

    補足(例文と訳など)

    • メリット
    • 1)教師が分担して問題を作ることができる 2)出題内容に偏りが出ない 3)妥当性と信頼性に役立つ

    答え

    • 細目標

    解説

  • 41

    用意されてる選択肢の中から選ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再認形式

    解説

  • 42

    ○×法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真偽法

    解説

  • 43

    複数の中から選ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多肢選択法

    解説

  • 44

    組み合わせる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組み合わせ法

    解説

  • 45

    順不同の語を正しい語順に並び替える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再配列法

    解説

  • 46

    答えを書き込む形式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再生形式

    解説

  • 47

    穴埋め法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純再生法

    解説

  • 48

    誤用文を与えて訂正させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 訂正法

    解説

  • 49

    未完の分を完成させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 完成法

    解説

  • 50

    答えの文を与えてそれに合う質問を書かせる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質問文作成法

    解説

  • 51

    長文を読んで内容に関して質問する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質問法

    解説

  • 52

    指示通りに答えさせる、文を転換させる

    補足(例文と訳など)

    • 例:次の文を受身の形にしなさい。

    答え

    • 指示法・転換法

    解説

  • 53

    例を示して同じやり方で答えさせる

    補足(例文と訳など)

    • 例:高い→高くないです

    答え

    • 連想法

    解説

  • 54

    日本語を母語に、母語を日本語に翻訳させることによって意味理解させる方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 翻訳法

    解説

  • 55

    ひらがなを漢字に直させるなど、表記知識をみる方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 綴り法

    解説

  • 56

    全体的な出来栄えを総合的に判断する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総合的測定法

    解説

  • 57

    評価項目を要素に分けて採点し、総計を出す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分析的測定法

    解説

  • 58

    文章中の語を一定の間隔で抜いて、抜いた語を記入させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クローズテスト

    解説

  • 59

    「意味」ではなく「音」を表す(ひらがな・カタカナ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表音文字

    解説

  • 60

    単語の集まり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 語彙

    解説

  • 61

    語彙テストの観点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形と意味が一致しているか 語が適切に使えるかどうか

    解説

  • 62

    表音文字テストの観点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音と文字を一致させて「読める」「書ける」かどうか

    解説

  • 63

    聞いたり読んだりして意味が分かればいい語彙

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 理解語彙

    解説

  • 64

    話したり書いたり自分でも使える語彙

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用語彙

    解説

  • 65

    読む力・聞く力を測るテストのポイント2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①テキストをどのように選ぶか ②内容理解を確認する質問をどのように作るか

    解説

  • 66

    既習テキストの書き直し注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①談話構造を利用する ②難易度が変わらないようにする ③ニーズや興味関心に合ったテキストにする

    解説

  • 67

    生のテキストを使う問題点と利点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題点:未習の語や漢字がかなり使われている 利点:真正性が高い

    解説

  • 68

    書く力・話す力を測るのに重要なポイント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①課題をどう設定するか ②どんな基準で採点するか

    解説

  • 69

    Speaking力測るテストの課題形式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インタビュー スピーチ ロールプレイ 説明・描写 プレゼンテーションなど

    解説

  • 70

    評価シートとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縦軸:評価の観点 横軸:到達度(段階は3~4)

    解説

  • 71

    評価シートの利点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安定した評価に結び付く 学習者が評価の内容を理解できる 評価の基準をテスト前に学習者に提示できる

    解説

  • 72

    採点者が学習者へのイメージ思い込みによる恣意的なレッテルに縛られて、採点に反映してしまうこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステレオタイプ

    解説

  • 73

    テスト結果以外の要因が評価に影響すること。

    補足(例文と訳など)

    • 例:字がきれい、クラス内での行動が採点に影響を及ぼす

    答え

    • 後光効果(ハローエフェクト)

    解説

  • 74

    出来の悪い答案が続いたあとによく出来ている答案を見た場合、またはその逆の場合に高く、あるいは低く採点されてしまう傾向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系列効果

    解説

  • 75

    一般にさほど高くも低くもない得点に評価が集中してしまうこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心化傾向

    解説

  • 76

    行為の持てる学習者の採点が甘くなったり(①)、嫌いな学習者に対して評価が厳しくなること(②)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①正の寛容効果 ②負の寛容効果

    解説

  • 77

    教師が自分を基準に能力を評価する傾向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対比誤差

    解説

  • 78

    正答した項目の数を数えて得点とする正答数に基づく得点をもとに,平均値や分散,偏差値などのデータ分析をしたり,信頼性・妥当性の検討を行うこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古典的テスト理論

    解説

  • 79

    古典的テスト理論の問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1)同一の測定単位が保てない. 2)平行テストの作成は不可能に近い. 3)被験者個人に対する測定の精度が求められない.

    解説

  • 80

    テストの難易度に依存しない連続 尺度で受験者の能力や,テスト項目の難易度・識別力を測定するための統計理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 項目応答理論

    解説

    この理論は米国やヨーロッパの多くの国で普及しており,日本でも英語試験であるTOEFLなどのハイステークス・テストに使われている

  • 81

    テストの得点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 素点

    解説

  • 82

    受験者全体を100とした場合、その得点が最低点から数えて何番目にあたるかを示す数値。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーセンタイル得点

    解説

    60パーセンタイル→全体の60%がその点より低い得点者。

  • 83

    最高点と最低点の間の得点の散らばり具合を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レンジ

    解説

  • 84

    問題の困難度(難易度)はなにから判断するか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正答率

    解説

  • 85

    その問題が能力の違いを見分けられるかどうかは何を計算することでわかるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 識別力(弁別力)

    解説

  • 86

    識別力の求め方は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (テスト得点上位グループの正答率)-(下位グループの正答率)

    解説

  • 87

    識別力の数値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.4以上なら識別力が高い問題 0.2以下なら低い問題

    解説

  • 88

    テストを構成するそれぞれの問題

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 項目(アイテム)

    解説

  • 89

    得点の合計を受験者数で割って算出した値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均値

    解説

  • 90

    全受験者数の真ん中の得点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中央値

    解説

  • 91

    もっとも多くの受験者がとった得点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最頻値(流行値)

    解説

  • 92

    最高点と最低点の中間の値、すなわち最高得点と最低得点を足して2で割った数値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中点

    解説

  • 93

    その得点を取った人が何人かを表す時、人数ではなくなんという用語をつかうか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 度数

    解説

  • 94

    各得点の度数を表したものを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 度数分布表

    解説

  • 95

    度数分布表をグラフ化したものを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 度数分布図 ヒストグラム

    解説

  • 96

    受験者の多くが満点をとり、分布曲線が逆L字型になることをなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天井効果

    解説

    能力の高い受験者の差が測れない

  • 97

    0点の得点者が多く、分布曲線がL字型を描くことを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 床効果

    解説

    能力の低い受験者の差を測れない。

  • 98

    受験者の得点が平均値からどのくらい差があるのかの全体としての平均をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準偏差

    解説

  • 99

    標準偏差の求め方

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    理想的な集団準拠テストの場合、受験者の得点の度数分布は左右対称になる。これを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正規分布

    解説

  • 101

    左右対称になる度数分布曲線をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正規分布曲線 ベルカーブ

    解説

  • 102

    正規分布であれば、真ん中に範囲の全体のなん%が含まれるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 68%

    解説

  • 103

    学習者の「到達度」、問題の「難易度」や「妥当性」の情報を得られる表をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SP表

    解説

  • 104

    テスト項目が難しいかどうかは受験者集団の能力によって決まる。このことを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標本依存

    解説

  • 105

    受験者の能力の判定がテスト項目の難しさによって左右されることを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テスト依存

    解説

  • 106

    項目応答理論に基づくと、本テスト前になにをするか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予備テスト

    解説

    困難度や弁別度などの変数(=パラメータ)を求める

  • 107

    使用可能な項目をストックしたデータベースをなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイテムバンク

    解説

  • 108

    コンピュータを用いて、最初に中難易度の問題からスタートし、受験者の回答成績に応じてその後の問題の難易度を上下させるテストとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータ適応テスト CATテスト

    解説

  • 109

    言いたいことがうまく言えない、相手の言うことがわからないというような場合、ジェスチャーを使ったり、他の言葉に言い換えたりして、コミュニケーション上の問題を処理する等の能力のことを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストラテジー能力

    解説

  • 110

    自分自身の認知(見る,聞く,理解するなど)自体をさらに上のレベルから認知する能力のことをなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メタ認知能力

    解説

  • 111

    ポートフォリオ評価の特徴をあげよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①「部分」よりも「全体」 ②「結果」よりも「過程」 ③長期間による「変化」を評価

    解説

  • 112

    学習者が隔週の記録や感想などを記すものをなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャーナル

    解説

  • 113

    ポートフォリオに入れるものとして3つあげよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①「クラス内活動」の記録  (指定した活動記録) ②「クラス外活動」の記録  (任意の活動記録) ③自己評価チェックリスト  学習記録シート

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ