zuknow learn together

新しい教材を作成

レベル1(5)柔道整復師法(施術所)【柔道整復師国家試験対策:関係法規】

カード 10枚 作成者: Yuzuru Itoh (作成日: 2015/03/20)

  • 問題1 施術所の開設届について正しいのはどれか.
    1.開設者は柔道整復師でなければならない.
    2.開設前に届け出なければならない.
    3.開設の場所を記載しなければならない.
    4.従業員の氏名と住所を記載しなければならない.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

柔道整復師の国家試験過去問題を分野別に構成しています.
関係法規の国家試験対策に役立てて下さい.
レベル1〜3まであります.
レベル1:過去問題で基本的な問題(全13回)
レベル2:過去問題で標準的な問題(全12回)
レベル3:模試問題で国家試験レベルの問題(国家試験に準じ1回あたり必修1問,一般10問)(作成予定)

※zuknowの機能上,「改行されず問題が読みにくい」,「選択枝の番号がおかしい」という現象があります.4択問題をzuknowで学修するためには現状の表示方法しかなく,X2問題(解答を二つ選ぶ)もX1問題(解答を一つ選ぶ)に変更しています.改善要望は出しております.

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    問題1 施術所の開設届について正しいのはどれか. 1.開設者は柔道整復師でなければならない. 2.開設前に届け出なければならない. 3.開設の場所を記載しなければならない. 4.従業員の氏名と住所を記載しなければならない.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.開設の場所を記載しなければならない.
    • 誤答選択肢 1.開設者は柔道整復師でなければならない.
    • 2.開設前に届け出なければならない.
    • 4.従業員の氏名と住所を記載しなければならない.

    解説

    施術所開設者は柔道整復師免許を持っていなくても良い.法人の開設も可能である.

  • 2

    問題2 施術所を開設したときに届け出なければならない期限はどれか.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.10日以内
    • 誤答選択肢 1.直ちに
    • 2.5日以内
    • 4.30日以内

    解説

  • 3

    問題3 施術所の開設届の提出先はどれか. 1.厚生労働大臣 2.都道府県知事 3.市町村長 4.地方厚生局長

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.都道府県知事
    • 誤答選択肢 1.厚生労働大臣
    • 3.市町村長
    • 4.地方厚生局長

    解説

    届出先は,施術所の所在地の都道府県知事(保健所の設置市の市長,特別区の区長) 問題文は「提出先」となっているが,「届出先」と解釈して問題ない.

  • 4

    問題4 施術所の構造設備基準で誤っているのはどれか. 1.待合室は3.3平方メートル以上あること 2.施術室の専用面積は5.5平方メートル以上あること 3.施術用器具,手指等の消毒設備を有すること 4.室面積1/7以上に相当する部分を外気に開放すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.施術室の専用面積は5.5平方メートル以上あること
    • 誤答選択肢 1.待合室は3.3平方メートル以上あること
    • 3.施術用器具,手指等の消毒設備を有すること
    • 4.室面積1/7以上に相当する部分を外気に開放すること

    解説

  • 5

    問題5 施術所の構造設備基準で正しいのはどれか. 1.7.7平方メートル以上の専用の施術室 2.5.5平方メートル以上の待合室 3.施術室は,室面積6分の1以上に相当する面積を外気に開放 4.器具,手指等の消毒設備の設置 5.換気装置を設置しなければならない.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.器具,手指等の消毒設備の設置
    • 誤答選択肢 1.7.7平方メートル以上の専用の施術室
    • 2.5.5平方メートル以上の待合室
    • 3.施術室は,室面積6分の1以上に相当する面積を外気に開放
    • 5.換気装置を設置しなければならない.

    解説

    ●施術所の構造設備基準[施行規則第18条]  ① 6.6平方メートル以上の専用の施術室を有すること. ② 3.3平方メートル以上の待合室を有すること. ③ 施術室は,室面積の7分の1以上に相当する部分を外気に解放し得ること.ただし,これに代わるべき適当な換気装置があるときはこの限りでない.※換気装置は必須ではない. ④ 施術に用いる器具,手指等の消毒設備を有すること.

  • 6

    問題6 施術所で衛生上必要な措置はどれか. 1.室温を適切に保つ. 2.常に清潔に保つ. 3.湿度を適切に保つ. 4.防音を充分にする.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.常に清潔に保つ.
    • 誤答選択肢 1.室温を適切に保つ.
    • 3.湿度を適切に保つ.
    • 4.防音を充分にする.

    解説

    ●衛生上必要な措置[施行規則第19条] ① 常に清潔に保つこと. ② 採光,照明,換気を十分にすること.

  • 7

    問題7 施術所の届け出について正しい組合せはどれか. 1.開設 ─────── 厚生労働大臣 2.開設場所の変更 ── 所在地の都道府県知事 3.休止 ─────── 所在地の市町村長 4.廃止 ─────── 厚生労働大臣

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.開設場所の変更 ── 所在地の都道府県知事
    • 誤答選択肢 1.開設 ─────── 厚生労働大臣
    • 3.休止 ─────── 所在地の市町村長
    • 4.廃止 ─────── 厚生労働大臣

    解説

  • 8

    問題8 施術所の開設届出事項で正しいのはどれか. 1.開設者の本籍 2.開設の年月日 3.施術の方法 4.施術者の性別

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2.開設の年月日
    • 誤答選択肢 1.開設者の本籍
    • 3.施術の方法
    • 4.施術者の性別

    解説

    ●施術所の開設届の届出事項 ①開設者氏名,住所 (法人は名称,主たる事務所所在地) ②開設の年月日 ③名称 ④開設の場所 ⑤業務に従事する柔道整復師の氏名 ⑥構造設備の概要・平面図

  • 9

    問題9 施術所の立入検査で誤っているのはどれか. 1.厚生労働大臣が必要であると認めるときに行われる. 2.衛生上害を生じる恐れがあるときに行われる. 3.検査をする職員は身分証明書を携帯しなければならない. 4.犯罪捜査を目的として検査してはならない.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.厚生労働大臣が必要であると認めるときに行われる.
    • 誤答選択肢 2.衛生上害を生じる恐れがあるときに行われる.
    • 3.検査をする職員は身分証明書を携帯しなければならない.
    • 4.犯罪捜査を目的として検査してはならない.

    解説

    ●検査されるのは, ①施術所の構造設備 ②衛生上の措置の実施状況 に限られる. ●犯罪捜査ではない.

  • 10

    問題10 施術所の名称として使用できるのはどれか. 1.○○柔整科クリニック 2.○○整骨院 3.○○柔道整復院 4.○○療院

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.○○柔道整復院
    • 誤答選択肢 1.○○柔整科クリニック
    • 2.○○整骨院
    • 4.○○療院

    解説

    ●施術所に使用可能な名称 「○○柔道整復院」,「○○接骨院」など 単に業務の種類を明記しただけのものはよい. 「整骨院」は行政上の判断で許容されているが,法的には許されていない.

56884

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ