zuknow learn together

新しい教材を作成

経済学用語 あいうえお

カード 20枚 作成者: Kei (作成日: 2013/10/30)

  • IMF

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ア行の経済学用語です。
私的にはエンゲル係数を下げなきゃ。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    IMF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • International Monetary Fundのことで国際通貨基金ともいう。1944年のブレトン・ウッズ協定に基づき設置され加盟国の出資によって設けられ基金。目的としては比較的短期の融資によって為替取引の制限なしで自由で多角的な取引を条件を整えることである。

    解説

  • 2

    アウトライト取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先物のみの取引のこと。先物と直物とを取引したらスワップ取引という。

    解説

  • 3

    安定的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある点に収斂すること。例えば需要と供給が一致し、均衡価格の点Eのことなど。

    解説

  • 4

    インカムゲイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式の配当による収入。

    解説

  • 5

    インターバンク・レート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外国為替市場で決まる為替レートのこと。銀行間相場ともいう。このインターバンクレートを基準にしてカスタマー・レート (対顧客相場)が決定される。

    解説

  • 6

    インフレ・ギャップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフレにより値段が上がった価格と上がる前の価格の差。例えばインフレ前の価格が1000円でインフレ後の価格が1100円だったらインフレギャップは100円 (1100-1000)。

    解説

  • 7

    インフレーション、インフレ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物価が上昇すること。一般に通貨量の増大や好景気の時にはインフレになる。輸入ではなく国内要因による物価上昇のことをホームメイド・インフレという。逆に物価が下がることをデフレーション、デフレ (deflation)という。特に不況時のインフレをスタグフレーション (stagflation)という。

    解説

  • 8

    エスディーアール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Special Drawing RightsのことでIMF特別引出権のこと。IMFに加盟している国が国際収支の悪化や国際流動性不足の際にIMFから担保無しで外貨を引き出すことの権利。一国の対外支払準備の一部を構成する。

    解説

  • 9

    M3 エムスリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M2(現金と要求払い預金とCDを除く定期性預金を足したもの)に郵便貯金、農協、信用組合などの預金をたしたもの。

    解説

  • 10

    M3 + CD エムスリー・プラス・シー・ディー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M3にCDをたしたもの。

    解説

  • 11

    M2 エムツー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M1(現金と要求払い預金をたしたもの)にCDを除く定期性預金をたしたもの。

    解説

  • 12

    M2 + CD エムツー・プラス・シー・ディー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • M2にCDを足したもの。

    解説

  • 13

    M1 エムワン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 狭い意味での貨幣のことで、現金と要求払い預金を足したもの。但し、郵便貯金、農協、信用組合などの預金は含まない。

    解説

  • 14

    エンゲル係数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家計の消費支出のうちから食料品の占める割合。所得が増えるなど、豊かになるとこの数字は減る。

    解説

  • 15

    エンゲルの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所得の増加につれてエンゲル係数が減少するという法則。豊かになると、生活に絶対必要な食料以外のものを買うようになることから。

    解説

  • 16

    円高

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 円が高くなること。一般的にはドルに対して円が上がること。$1=\100から、$1=\99になったら円高。円が高くなるので一般に輸出に不利になり輸入に有利になる。

    解説

  • 17

    円高不況

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 円高によって輸出などが不利による影響での不況のこと。

    解説

  • 18

    円安

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 円が安くなること。一般的にはドルに対して円が安くなること。$1=\100から、$1=101になったら円安。円が安くなるので一般に輸出に不利になり輸入に有利になる。

    解説

  • 19

    オイル・ダラーのリサイクリング問題

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オイル危機直後に発生した問題で、産油国に集中したドル資金を経常収支赤字国にいかにしてまわすかというもの。

    解説

  • 20

    オプション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 為替 のオプションともいう。「将来において一定の価格で為替を売買する権利」を売買するもの。権利なので不利にな場合は権利を行使しなくてもよいといメリットがあります。ただし、オプション料が必要になる。ドルを一定の価格で売る権利をドルのプット・オプション、ドルを一定の価格で買う権利をドルのコール・オプションという。このような取引をストラドルという。

    解説

56962

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ