zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 登録免許税 ○×問題

カード 5枚 作成者: tattyan (作成日: 2013/10/30)

  • 「売買による所有権移転登記の登録免許税の課税標準となる不動産の価額とは、登記原因発生時の価額のことである。」

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

登録免許税に関する○×問題あつめました♪

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    「売買による所有権移転登記の登録免許税の課税標準となる不動産の価額とは、登記原因発生時の価額のことである。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 課税標準となる不動産の価額は、登記申請時点の価額です。この問題文では、「登記原因発生時の価額」となっているため、不適切です。

    解説

  • 2

    「質権又は抵当権の設定登記の登録免許税の課税標準は、債権金額(根抵当の場合は極度金額)である。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    「登録免許税は登記等を受ける者が納税するものであるが、登録免許税法別表第1に掲げられていない表示の登記や増築などによる表示の変更登記をする場合には課税対象にはならない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    「所有権の登記のある不動産の表示の変更又は更正の登記のうち、土地の分筆、又は建物の分割若しくは区分による表示の変更の登記の場合は、分筆又は分割。若しくは区分後の不動産の個数を課税標準とし、土地又は建物の合併による表示の変更の登記の場合は、 合併後の不動産の個数を課税標準とし、定額課税となる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    「登録免許税の納税地は、納税義務者の住所地の登記等の事務をつかさどる登記所その他の官署又は団体の所在地とする。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 登録免許税は、原則として、納付の基因となる登記等を受ける時までに納付しなければなりませんが、その納税地とは、電子情報処理組織による登記等の申請等の場合を除いて、「納税義務者が受ける登記等の」事務をつかさどる登記所その他の官署又は団体の所在地です。(登録免許税法・8条)

    解説

56646

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ