zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 所得税・贈与税 ○×問題

カード 6枚 作成者: tattyan (作成日: 2013/10/30)

  • 「父又は母から相続により取得した居住用家屋で居住期間が30年以上のものを譲渡した場合には、その家屋の所有期間が10年以下であっても、居住用財産の買換えの場合の課税の特例の適用が受けられる。」 

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

所得税・贈与税に関する○×問題あつめました~!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    「父又は母から相続により取得した居住用家屋で居住期間が30年以上のものを譲渡した場合には、その家屋の所有期間が10年以下であっても、居住用財産の買換えの場合の課税の特例の適用が受けられる。」 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 居住期間と所有期間―買換えでは両方とも必要「居住期間が10年以上」で、かつ、「所有期間が10年超」

    解説

  • 2

    「居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例の適用を受ける場合において、その譲渡資産の譲渡による収入金額がその買換え資産の取得価額を超えるときは、その超える金額に相当する部分については、居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例の適用を受けることができる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 居住用財産の軽減税率は、ダメ。

    解説

  • 3

    「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例において、譲渡資産とされる家屋については、その譲渡をした年の1月1日における所有期間が10年を超えるものであり、かつ、その居住の用に供していた期間が10年以上であることが、適用要件とされている。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例において、譲渡資産の譲渡に係る対価の額及び買換資産の取得に係る対価の額については、それぞれ1億5千万円以下であることが、適用要件とされている。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 要件に、対価の額はない譲渡資産の価格については1億5千万円以下という要件はありますが、買換資産の対価の額は要件にはありません。

    解説

  • 5

    「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例において、買換資産とされる家屋については、その床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下のものであること、また、買換資産とされる土地については、その面積が50平方メートル以上500 平方メートル以下のものであることが、適用要件とされている。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 家屋(区分所有以外)の居住用床面積 50平方メートル以上 (上限はない)かつ家屋の敷地面積 500平方メートル以下 (下限はない)

    解説

  • 6

    「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例において、買換資産については、譲渡資産の譲渡をした年に取得をし、かつ、その年中に居住の用に供することが、適用要件とされている。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 譲渡した年又はその前年に取得した買い換え資産は譲渡年の翌年末までに、譲渡年の翌年中に取得したものは、取得年の翌年末までに居住

    解説

56956

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ