zuknow learn together

新しい教材を作成

レベル1(4)柔道整復師法(柔道整復師国家試験,業務)【柔道整復師国家試験対策:関係法規】

カード 10枚 作成者: Yuzuru Itoh (作成日: 2015/03/18)

  • 問題1 柔道整復師国家試験の合格証書を交付するのはどれか.
    1.指定試験機関
    2.文部科学大臣
    3.都道府県知事
    4.保健所長

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

柔道整復師の国家試験過去問題を分野別に構成しています.
関係法規の国家試験対策に役立てて下さい.
レベル1〜3まであります.
レベル1:過去問題で基本的な問題(全13回)
レベル2:過去問題で標準的な問題(全12回)
レベル3:模試問題で国家試験レベルの問題(国家試験に準じ1回あたり必修1問,一般10問)(作成中)

※zuknowの機能上,「改行されず問題が読みにくい」,「選択枝の番号がおかしい」という現象があります.4択問題をzuknowで学修するためには現状の表示方法しかなく,X2問題(解答を二つ選ぶ)もX1問題(解答を一つ選ぶ)に変更しています.改善要望は出しております.

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    問題1 柔道整復師国家試験の合格証書を交付するのはどれか. 1.指定試験機関 2.文部科学大臣 3.都道府県知事 4.保健所長

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.指定試験機関
    • 誤答選択肢 2.文部科学大臣
    • 3.都道府県知事
    • 4.保健所長

    解説

  • 2

    問題2 柔道整復師国家試験について正しいのはどれか. 1.試験の期日,場所等はあらかじめ柔道整復師養成校に通知する. 2.厚生労働大臣が試験委員を選任する.  3.試験の不正行為に対し,指定試験機関は受験を停止する権限がある. 4.合格証明書は合格した者に無料で交付される.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.試験の不正行為に対し,指定試験機関は受験を停止する権限がある.
    • 誤答選択肢 1.試験の期日,場所等はあらかじめ柔道整復師養成校に通知する.
    • 2.厚生労働大臣が試験委員を選任する.
    • 4.合格証明書は合格した者に無料で交付される.

    解説

    ●試験委員の選任は指定試験機関が行う. ●合格証書と合格証明書は異なる.合格証明書の発行は2,950円必要.

  • 3

    問題3 正しいのはどれか. 1.柔道整復の業務は医師と柔道整復師のみに許される. 2.柔道整復師が業務を行う際,同意を得なければならない医師は整形外科の医師に限られる. 3.柔道整復師は医師の同意を得れば必要な外科手術ができる. 4.柔道整復師は医師の指示があればエックス線を人体に照射することができる. 5.柔道整復師は診療放射線技師の免許を取得すれば,施術所にエックス線撮影装置を設置することができる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.柔道整復の業務は医師と柔道整復師のみに許される.
    • 誤答選択肢 2.柔道整復師が業務を行う際,同意を得なければならない医師は整形外科の医師に限られる.
    • 3.柔道整復師は医師の同意を得れば必要な外科手術ができる.
    • 4.柔道整復師は医師の指示があればエックス線を人体に照射することができる.
    • 5.柔道整復師は診療放射線技師の免許を取得すれば,施術所にエックス線撮影装置を設置することができる.

    解説

  • 4

    問題4 医師の同意について正しいのはどれか. 1.医師は患者を診察しなくてもよい. 2.施術者が直接医師から得なければならない. 3.口頭で得てもよい. 4.歯科医師でもよい.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.口頭で得てもよい.
    • 誤答選択肢 1.医師は患者を診察しなくてもよい.
    • 2.施術者が直接医師から得なければならない.
    • 4.歯科医師でもよい.

    解説

  • 5

    問題5 柔道整復師法に定められた施術に関する同意で正しいのはどれか. 1.同意を得る医師は整形外科を標榜していなければならない. 2.医師による直接の診察を受けずに電話で同意を得る. 3.脱臼の応急手当の場合は医師への引き継ぎを要しない. 4.医師の同意は個々の患者が医師から得ても良い.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.医師の同意は個々の患者が医師から得ても良い.
    • 誤答選択肢 1.同意を得る医師は整形外科を標榜していなければならない.
    • 2.医師による直接の診察を受けずに電話で同意を得る.
    • 3.脱臼の応急手当の場合は医師への引き継ぎを要しない.

    解説

  • 6

    問題6 柔道整復の業務で正しいのはどれか. 1.骨折の患部に施術する場合の医師の同意は整形外科の医師に限られる. 2.脱臼の患部に施術する場合の医師の同意は書面で得ることを必要とする. 3.捻挫の患部に施術する場合は医師の同意を必要としない. 4.応急手当として止血薬を注射することができる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.捻挫の患部に施術する場合は医師の同意を必要としない.
    • 誤答選択肢 1.骨折の患部に施術する場合の医師の同意は整形外科の医師に限られる.
    • 2.脱臼の患部に施術する場合の医師の同意は書面で得ることを必要とする.
    • 4.応急手当として止血薬を注射することができる.

    解説

  • 7

    問題7 柔道整復師の業務で誤っているのはどれか. 1.エックス線を照射した場合,診療放射線技師法違反となる. 2.エックス線写真で診断した場合,医師法違反となる. 3.薬品の投与を行った場合,薬事法違反となる. 4.販売の目的で調剤した場合,薬剤師法違反となる. 5.医師の同意を得た骨折の患部の施術

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.薬品の投与を行った場合,薬事法違反となる.
    • 誤答選択肢 1.エックス線を照射した場合,診療放射線技師法違反となる.
    • 2.エックス線写真で診断した場合,医師法違反となる.
    • 4.販売の目的で調剤した場合,薬剤師法違反となる.
    • 5.医師の同意を得た骨折の患部の施術

    解説

  • 8

    問題8 柔道整復師が行う応急手当について正しいのはどれか. 1.脱臼の整復を行ってはならない. 2.医師の同意を得て止血剤を注射してもよい. 3.緊急の場合は外科手術を行ってもよい. 4.医師の同意を得ないで骨折の整復を行ってもよい. 5.医師の同意を得ないで鎮痛剤を投与してもよい.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4.医師の同意を得ないで骨折の整復を行ってもよい.
    • 誤答選択肢 1.脱臼の整復を行ってはならない.
    • 2.医師の同意を得て止血剤を注射してもよい.
    • 3.緊急の場合は外科手術を行ってもよい.
    • 5.医師の同意を得ないで鎮痛剤を投与してもよい.

    解説

  • 9

    問題9 免許資格が業務独占でないのはどれか. 1.保健師 2.柔道整復師 3.薬剤師 4.歯科医師

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.保健師
    • 誤答選択肢 2.柔道整復師
    • 3.薬剤師
    • 4.歯科医師

    解説

  • 10

    問題10 柔道整復師の守秘義務で正しいのはどれか. 1.刑法で規定される. 2.違反した場合は1年以下の懲役に処せられる. 3.施術に関わらない内容にも適用される. 4.柔道整復師でなくなった後においてはその業務上の守秘義務は課されない. 5.柔道整復師は秘密を漏らしたという事実のみで罪を課せられる.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.施術に関わらない内容にも適用される.
    • 誤答選択肢 1.刑法で規定される.
    • 2.違反した場合は1年以下の懲役に処せられる.
    • 4.柔道整復師でなくなった後においてはその業務上の守秘義務は課されない.
    • 5.柔道整復師は秘密を漏らしたという事実のみで罪を課せられる.

    解説

56981

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ