zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 景品表示法 ○×問題

カード 3枚 作成者: tattyan (作成日: 2013/10/30)

  • 「宅地建物取引業者は、不動産の購入者に対して景品を提供をする場合、抽選により提供するものであれば、景品の最高額について制限を受けることはない。」

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

景品表示法に関連する○×問題です!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    「宅地建物取引業者は、不動産の購入者に対して景品を提供をする場合、抽選により提供するものであれば、景品の最高額について制限を受けることはない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 抽選により提供するもの・取引価額の20倍又は10万円のうちいずれか低いほう・景品類の総額は、その懸賞にかかる取引予定額の100分の2以内

    解説

  • 2

    「宅地建物取引業者が、不動産の購入者に対してもれなく景品類を提供する場合、その景品類の価額が取引価額の1/10または 100万円のいずれか低い価額の範囲内であれば、景品類の提供に関する制限に該当するおそれはない。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    「懸賞によらないで提供する景品類の最高額は、景品表示法に基づき、一般的には、取引価額の10分の1の範囲内と定められているが、不動産業においては、取引価額の10分の1又は50万円のいずれか低い金額の範囲内と定められている。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 懸賞によらないで提供する景品類=購入者に対してもれなく景品類を提供

    解説

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ