zuknow learn together

新しい教材を作成

【諸地域世界の交流】

カード 11枚 作成者: はーちゃん (作成日: 2014/01/07)

  • ユーラシア大陸の北緯45°~55°付近に東西に広がる草原(ステップ)地帯である、南ロシアの草原地帯、カザフ草原、アルタイ山脈沿いの地帯、モンゴル高原をつなぐルートを何と言うか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ユーラシア大陸の北緯45°~55°付近に東西に広がる草原(ステップ)地帯である、南ロシアの草原地帯、カザフ草原、アルタイ山脈沿いの地帯、モンゴル高原をつなぐルートを何と言うか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 草原の道

    解説

  • 2

    ムスリム商人の用いた、三角帆の木造船とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダウ船

    解説

  • 3

    海上交易で活発に取引され、特にヨーロッパで珍重された、東南アジア・南アジアの特産品とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 香辛料

    解説

  • 4

    自らの産出した物資ではなく、他から物資を仕入れ、それを遠隔地に運んで売却することによって利益を得る貿易形態を何と言うか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中継貿易

    解説

  • 5

    8世紀ころから中国まで進出し、活発な海上交易活動を展開したのはどのような人々か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムスリム商人

    解説

  • 6

    ユーラシア大陸の北緯30°~45°に添った、乾燥地帯に点在するオアシス都市を中継する東西貿易のルートを何と言うか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オアシスの道

    解説

  • 7

    地中海・アラビア海・インド洋を経て、東南アジア・中国に至る交通路を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海の道

    解説

  • 8

    オアシスの道を中心に隊商交易で活躍したイラン系商人を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソグド商人

    解説

  • 9

    中国系商人の用いた、蛇腹式の帆と、頑丈な船体を持つ船は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャンク船

    解説

  • 10

    紀元前7世紀から前3世紀ごろ、パミール高原の西部、ヴォルガ川までの黒海北岸で活動した騎馬遊牧民を何と言うか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキタイ

    解説

  • 11

    宋代以降、中国の海上交易は活性化するが、中国のもっとも重要な輸出品の一つで、海上輸送に適した品とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陶磁器

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ