zuknow learn together

新しい教材を作成

【高卒公務員】嫌われる日本史②(平安)

カード 47枚 作成者: sloppy teacher (作成日: 2015/03/11)

  • 784年、桓武天皇が平城京の弱点を克服するために建設を開始した都はどこか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

高卒公務員受験対策のための日本史基本項目。ある学校の講義復習用につくりました。ご自由にどうぞ。少しずつ修正追加をやっています。生徒から嫌われる科目ばかりなので「嫌われる~」とつけてみました。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    784年、桓武天皇が平城京の弱点を克服するために建設を開始した都はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長岡京

    解説

    【読み】桓武天皇(かんむてんのう)

  • 2

    長岡京建設の責任者(造営使)を務めた人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原種継

    解説

    【読み】藤原種継(ふじわら の たねつぐ)造営使(ぞうえいし)

  • 3

    造営使・藤原種継の暗殺など不吉な出来事が続いたため建設が中止された都はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長岡京

    解説

    【読み】藤原種継(ふじわら の たねつぐ)造営使(ぞうえいし)

  • 4

    794年、桓武天皇が新たな都に遷都した。この都はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平安京

    解説

    【解説】平安時代はここから始まる

  • 5

    桓武天皇が国司・郡司の不正を観察するために設置した「令外の官」は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勘解由使

    解説

    【解説】令外の官:法律に定められていない役職 【読み】勘解由使(かげゆし)

  • 6

    平城上皇に可愛がられた藤原薬子は、兄とともに、上皇の重祚と平城京への遷都を企てたが失敗した。この事件は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬子の変

    解説

    【解説】重祚(ちょうそ):一度引退した天皇が再び天皇になること。薬子の変(平城太上天皇の変):810年、平城上皇に可愛がられた藤原薬子が、兄・仲成とともに上皇の重祚と平城京への遷都を企て、失敗した事件は何か。 【読み】嵯峨天皇(さがてんのう)、平城上皇(へいぜいじょうこう)、藤原種継(ふじわら の たねつぐ)、藤原薬子(ふじわら の くすこ)

  • 7

    藤原薬子が平城上皇に可愛がられたことで勢力を増した、薬子の兄は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原仲成

    解説

    【解説】藤原薬子が平城上皇に可愛がられたことで、兄の仲成も勢力を増したが、嵯峨天皇によって討伐された。 【読み】藤原薬子(ふじわら の くすこ)、藤原仲成(ふじわら の なかなり)

  • 8

    藤原薬子、兄・藤原仲成は、藤原家の中でも、何家と呼ばれる一族か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原式家

    解説

    【読み】藤原薬子(ふじわら の くすこ)、藤原仲成(ふじわら の なかなり)、藤原式家(ふじわら しきけ)

  • 9

    「薬子の変」で活躍し、後に嵯峨天皇によって設置された「蔵人頭」に初めて任命された人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原冬嗣

    解説

    【読み】蔵人頭(くろうど の とう):天皇と臣下の伝令役、藤原冬嗣(ふじわら の ふゆつぐ)、嵯峨天皇(さがてんのう)

  • 10

    嵯峨天皇は、平安京内の治安維持のため、「令外の官」として新たな役職を設置した。この役職は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検非違使

    解説

    【解説】検非違使:初め京都の犯罪・風俗の取り締まりなど警察業務を担当した。その後、権力が拡大したが、武士が勢力を増すと衰退した。 【読み】嵯峨天皇(さがてんのう)、令外の官(りょうげ の かん)、検非違使(けびいし)

  • 11

    藤原冬嗣は、嵯峨天皇の命を受けて新たな「格式」を編纂した。この格式は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弘仁格式

    解説

    【解説】格(きゃく):律令の追加法令、式(しき):律令および追加法令である格の施行細則 【読み】藤原冬嗣(ふじわら の ふゆつぐ)、嵯峨天皇(さがてんのう)、弘仁格式(こうにんきゃくしき)

  • 12

    平安時代中期以降、藤原不比等の次男・藤原房前の子孫である「藤原(   )家」が政治の中心を担うようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    『弘仁格式』の編纂、初代蔵人頭への就任で知られている藤原北家の人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原冬嗣

    解説

    【読み】藤原冬嗣(ふじわら の ふゆつぐ)

  • 14

    藤原北家以外の有力な氏族を排斥することによって権力を強めた、藤原冬嗣の子は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原良房

    解説

    【読み】藤原良房(ふじわら の よしふさ)

  • 15

    伴健岑・橘逸勢らが謀反を理由に流罪になり、恒貞親王が廃された事件は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 承和の変

    解説

    【解説】842年、伴健岑・橘逸勢らが謀反を企てたとして、二人が流罪となり、仁明天皇の皇太子恒貞親王が廃された事件。藤原良房の陰謀ともいわれている。 【読み】伴 健岑(とも の こわみね)、橘 逸勢(たちばな の はやなり)、仁明天皇、恒貞親王(つねさだしんのう)、藤原良房(ふじわら の よしふさ)、承和の変(じょうわ の へん)

  • 16

    藤原良房は、臣下として初めて、天皇を補佐する役職に就任した。この役職は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 摂政

    解説

    【解説】この時の天皇は清和天皇。良房が就任するまでは皇族が摂政に就任するのが慣例だった。 【読み】藤原良房(よしふさ)

  • 17

    伴善男は、皇居の門の火災は源信の犯行だと訴えたが、逆に藤原良房らによって放火犯にされてしまった。この事件は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 応天門の変

    解説

    【解説】平安京大内裏の応天門の炎上。伴善男は源信の仕業と唱えて処罰を主張したが、藤原良房らによってかえって善男の子中庸の放火とされ、善男父子は流罪となった。藤原氏の摂関政治確立へとつながった事件。 【読み】伴善男(とも の よしお)、源信(みなもと の まこと)、藤原良房(ふじわら の よしふさ)、伴中庸(とも の なかつね)、応天門の変(おうてんもん の へん)

  • 18

    藤原良房の養子で、臣下として初の「関白」に就任した人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原基経

    解説

    【解説】摂政:天皇の幼少期、関白:天皇が成人後 【読み】藤原良房(ふじわら の よしふさ)、関白(かんぱく)、藤原基経(ふじわら の もとつね)

  • 19

    藤原基経の没後(死後)、藤原氏の影響力を嫌った宇多天皇は、摂政・関白を設置せず「ある人物」を重用した。この人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菅原道真

    解説

  • 20

    菅原道真の建議(提案)で、894年に廃止された中国への使節は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遣唐使

    解説

  • 21

    宇多天皇に続いて即位した天皇は、天皇自身が積極的に政治に関わる「親政」を行った。この天皇は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 醍醐天皇

    解説

  • 22

    左大臣・藤原時平(藤原基経の子)になり、藤原氏は勢力を盛り返した。901年、敵対していた右大臣を謀略により大宰府に左遷した。左遷されたのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菅原道真

    解説

  • 23

    醍醐天皇は、勢力を拡大した貴族たちの財力を奪うため、荘園の整理を行った。そのために出された法令は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延喜の荘園整理令

    解説

  • 24

    醍醐天皇に続き、朱雀天皇が即位すると、藤原基経の子が摂政・関白を務めた。この人物は誰か。(藤原時平ではない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原忠平

    解説

  • 25

    朱雀天皇に続いて即位した天皇も「親政」をおこなった。この天皇は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 村上天皇

    解説

  • 26

    醍醐天皇と村上天皇がおこなった「親政」は何と呼ばれているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延喜・天暦の治

    解説

  • 27

    村上天皇の没後、969年、村上天皇に重用された左大臣が、藤原北家の勢力によって左遷されるという事件が起こる。この事件は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安和の変

    解説

  • 28

    「安和の変」が起きた969年から11世紀後半まで、「藤原北家」は摂政・関白の地位を独占した。この時期の政治を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 摂関政治

    解説

  • 29

    藤原北家の出身で、1016年から30年間にわたり権力を握り続け、藤原氏の全盛期を築いた人物は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原道長

    解説

  • 30

    藤原道長の長男で、摂政・関白として、約50年間、実権を握っていた人物は誰か。この人物は宇治の別荘に「平等院鳳凰堂」を建立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原頼通

    解説

  • 31

    一族の争いで伯父・国香を殺害し、さらに地元の国府を襲撃した人物は誰か。この争いに藤原忠平が仲裁に入ったが失敗している。この事件を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平将門の乱

    解説

  • 32

    「平将門の乱」と同じ939年、伊予の国司は、瀬戸内海の日振島を拠点に朝廷に反乱を起こした。この事件を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原純友の乱

    解説

  • 33

    「藤原純友の乱」を鎮圧したのは源経基である。この一族は清和天皇の血を引いていたことから何と呼ばれているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清和源氏

    解説

  • 34

    「平将門の乱」「藤原純友の乱」は、朝廷の軍事力低下を露呈させ、武士の時代への幕開けとなった。二つの事件を合わせて何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 承平・天慶の乱

    解説

  • 35

    11世紀、清和源氏や桓武平氏らは、地方で武士団を広く組織した。彼ら一族のリーダーは何と呼ばれているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棟梁

    解説

  • 36

    1051年、東北で安倍頼時とその子・貞任と宗任たちが起こした反乱を、朝廷は源頼義と義家(頼義の子)を派遣して平定させた。この戦いは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前九年の役

    解説

  • 37

    「前九年の役」は朝廷に命じられた源氏が平定した。その際に協力した功績により、以降、東北支配を任されたのは何氏か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清原氏

    解説

  • 38

    1083~1087年、陸奥の清原氏の内紛が起きた際、源義家は、藤原清衡を支援して内紛を平定した。この戦いは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後三年の役

    解説

  • 39

    1068年、藤原頼通は娘を天皇家に嫁がせたが皇子に恵まれなかったため、藤原氏を外戚としない天皇が即位した。この天皇は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後三条天皇

    解説

  • 40

    後三条天皇は、摂関家(藤原氏)と外戚関係にないことから、大胆な荘園整理令を発し朝廷の領地確保を図った。この荘園整理令は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延久の荘園整理令

    解説

  • 41

    後三条天皇に続いて即位した天皇は、1086年に堀河天皇に譲位して上皇となり院政を開始した。この上皇は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白河上皇

    解説

  • 42

    白河上皇が院に設置した武士団を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北面の武士

    解説

  • 43

    「保元の乱」で戦ったのは、何天皇と何上皇か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後白河天皇、崇徳上皇

    解説

  • 44

    「保元の乱」「平治の乱」での活躍が認められ、勢力を伸ばした武士の一族は何氏か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平氏

    解説

  • 45

    「平治の乱」後、次第に朝廷を圧迫するようになり、後白河上皇から疎まれるようになった武将は誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平清盛

    解説

  • 46

    平氏追討の令旨を発したのは誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 以仁王

    解説

    【解説】令旨とは、皇太子や親王らの命令を書き記した文書をいう。 【読み】以仁王(もちひとおう)、令旨(りょうじ)

  • 47

    以下を起こった順番に並べよ。①富士川の戦い ②平氏追討の令旨 ③一の谷の戦い ④壇の浦の戦い ⑤鹿ケ谷の陰謀

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⑤→②→①→③→④

    解説

57012

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ