zuknow learn together

新しい教材を作成

J検用語集

カード 76枚 作成者: zoomin3024 (作成日: 2015/03/07)

  • SMTP
    Simple Mail Transfer Protocol

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    SMTP Simple Mail Transfer Protocol

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 送信用メールサーバ。ユーザーが電子メールを送るとき、そのユーザーが契約しているプロバイダーのSMTPサーバにいったん送り、そこを経由して受信者側のSMTPサーバに送られる。

    解説

  • 2

    POP Post Office Protocol

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受信用メールサーバ。受信者側のSMTPサーバを経由した電子メールはPOPサーバに送られる、受信者側ではPOPサーバにログインして電子メールを受け取れる。

    解説

  • 3

    電子メールアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3kyu@jiken.co.jp 3kyu アカウント名 joken.co.jp ドメイン名 jiken 第3レベル 組織の名前など co 第2レベル 組織の種類 jp 第1レベル:国名

    解説

  • 4

    DNSサーバ Domain Name Server

    補足(例文と訳など)

    答え

    • URL中のドメイン名をIPアドレスに変換する。I Pアドレスに変換することを名前解決という。DNSサーバは複数のサーバを階層的に組み合わせて構成(階層構造)されている。

    解説

  • 5

    FTTH

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fiber To The Homeは、光ファイバーによる一般家庭向けのデータ通信サービス。

    解説

  • 6

    IP電話

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Internet Protocol電話は、インターネット回線を利用した電話サービスのこと。

    解説

  • 7

    Telnet

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピューターを遠隔操作するためのプロトコル(通信規約)のこと。

    解説

  • 8

    CGI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Common Gateway Interfaceは、Webサーバ上で外部プログラムを利用するための仕組みのこと。

    解説

  • 9

    Cookie

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利用者が訪問したWeサイトの様々な情報を、その利用者のPCに保存する仕組みのこと。

    解説

  • 10

    プラグイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アプリケーションプログラムの機能を拡張・追加するための小規模なプログラムのこと。

    解説

  • 11

    eコマース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピューターやインターネットを介した商取引のこと。

    解説

  • 12

    eラーニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピューターやインターネットを利用した教育のこと。

    解説

  • 13

    テレワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピューターやインターネットを利用して会社以外の場所で労働すること。

    解説

  • 14

    FTP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • File Transfer Protocol インターネットなどを介してファイルを転送するプロトコル(通信規約)のこと。

    解説

  • 15

    PPP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Point to Point protocol 2台の機器間でデータの送受信を行うプロトコルのこと。

    解説

  • 16

    SMTP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Simple Mail Transfer Protocol 電子メールを相手側に送信する際に利用するプロトコルのこと。

    解説

  • 17

    WWWサーバ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Webページを公開するためのサーバ。

    解説

  • 18

    ストリーミング ストリーミングサーバ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを受信しながら同時に再生を行うこと。 ストリーミング配信をするためのサーバ。

    解説

  • 19

    IEEE1284

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラレルインターフェースで、プリンタなどの接続に使われる。

    解説

  • 20

    IEEE1394

    補足(例文と訳など)

    答え

    • iLink,Fire Woreなどと呼ばれビデオカメラなどの接続に使われる。

    解説

  • 21

    USB Universal Serial Bus

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シリアルインターフェースの規格で、ホットフラグができる。最大127個まで繋げる。 1.1で12Mbps 2.0で48bps 3.0で 5Gbps

    解説

  • 22

    bps bits per second

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1秒間に伝送できるビット数を示す単位。

    解説

  • 23

    CSR Corporate Social Resposibility

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の社会的責任 企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任を持ち、あらゆる利害関係者からの要求に適切な意思決定をすること。

    解説

  • 24

    ステークホルダ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利害関係者 株主、従業員、顧客、地域社会等。

    解説

  • 25

    経営理念

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営者の意思や夢など、企業の存在意義や使命を表した基本的価値観。

    解説

  • 26

    PDCAサイクル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マネジメントサイクル(企業活動を管理するための仕組み)の一つ。PLAN(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)。 計画を立案し、それを実行、評価し次の活動に活かす、というプロセスを繰り返し行う。

    解説

  • 27

    職能別組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業、開発、総務など職種ごとに分類し部門を編成する組織形態。 長所:社員の専門的能力を発揮できる。 短所:指揮命令関係があいまいで、責任の所在g不明確になりやすい。

    解説

  • 28

    事業部制組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品別、地域別などの単位で事業部に分け、それぞれの事業部が独立採算制をとり、利益責任を負う組織形態。事業部単位でライン部門とスタッフ部門をもち、自己完結的な組織構造になっている。 長所:製品、市場別に限定した活動となり、機動的対応が可能となる。 短所:スタッフ部門の重複や二重投資が発生する。

    解説

  • 29

    ライン部門

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業部門や製造部門のように、その企業における本来の業務を直接的に行う部門。 直接部門。

    解説

  • 30

    スタッフ部門

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総務や人事などライン部門の業務を支援する部門のこと。 間接部門。

    解説

  • 31

    マトリクス組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業、開発などの職能別の垂直的組織に、プロジェクトなどの目的別の水平的そを交差させた組織形態。社員は自己の専門の職能組織と特定の事業を遂行する部門の2つの組織単位に所属する。 長所:組織が活性化され、専門性の高い情報を共有化できる。 短所:上司が二人となり、指揮関係が複雑化する。

    解説

  • 32

    カンパニー組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業部制組織における事業部の自立性や独立性をさらに高めた組織形態。確認カンパニーは、擬似的な1つの会社とみなされる。

    解説

  • 33

    プロジェクト組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定のプロジェクト遂行のために、必要な人材を各部門から選抜し、臨時的に編成される組織形態。

    解説

  • 34

    財務会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステークホルダに対して、経営成績や財政状態を報告するための会計活動

    解説

  • 35

    管理会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業内部で、現在の経営情報や将来の予測のための情報を提供することで、経営者や管理者の意思決定に役立たせるために行う会計活動。

    解説

  • 36

    簿記の5要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営成績を示すものとして 収益・費用 財政状態を示すものとして 資産・負債・純資産 の5つ。

    解説

  • 37

    資産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が所有する財産。 現金、土地、建物などの有形なものと 貸付金、売掛金のような無形なものに 分けられる。

    解説

  • 38

    負債

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 将来支払わなければならない債務。 銀行からの借入金、代金後払いの支払い義務など。

    解説

  • 39

    純資産

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業活動の元手となるもの。 純資産=資産の総額ー負債の総額

    解説

  • 40

    収益

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収入 純資産を増やす原因となるもの。

    解説

  • 41

    費用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 店舗に家賃、従業員の給料、広告費など収益を得るために費やされたもの。純資産を減らす原因となるもの。

    解説

  • 42

    貸借対照表 B/S Balance Sheet

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある一定時点における資産、負債、純資産の関係を明らかにし、その時点の企業の財政状態を表す。 資産の部:流動資産、固定資産、繰延資産 負債の部:流動負債、固定資産 純資産の部:純資産

    解説

  • 43

    流動と固定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流動資産:1年以内に現金化される資産 固定資産:1年以上保有する資産 流動負債:1年以内に返済される負債 固定負債:1年以降に返済する負債

    解説

  • 44

    損益計算書 P/L Profit and Loss Statement

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定期間における収益と費用の関係を明らかにし、その期間における企業の経営成績を表す書類。 売上原価:商品の仕入費用、生産にかかった費用 売上純利益:「粗利」。=売上高ー売上原価 営業利益:企業の営業活動によって得られる利益 経常利益:企業の経営活動によって得られる利益

    解説

  • 45

    キャッシュフロー計算書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現金、預金、有価証券などの現金等等価物 これらの資金の流れのこと。 一定期間におけるキャッシュの増減を営業活動、投資活動、財務活動のそれぞれの視点で整理、集計した書類。

    解説

  • 46

    損益分岐点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売上高と費用(変動費+固定費)が同額になる点。売上高が損益分岐点と等しい場合は、営業利益が0となり、多ければ営業利益が得られる。逆に少なければ、営業損失が発生する。

    解説

  • 47

    損益分岐点を求める公式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損益分岐点売上高=固定費➗限界利益率 限界利益率=1ー変動費➗売上高

    解説

  • 48

    目標利益を得るための売上高を求める公式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目標利益を得るための売上高 =(目標利益+固定費)➗限界利益率

    解説

  • 49

    財務諸表分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を用いて、企業の財政力や収益力を分析すること。安全性分析、収益性分析などがある。

    解説

  • 50

    安全性分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安全性は支払能力に関する指標。 短期的な安全性の指標として流動比率、当座比率がある。これらの値が高いほど、短期的な支払能力がある、といえる。 長期的な指標として、固定費率がある。この値が高いほど、安全性が高く堅実性があるといえる。資本構成の指標として自己資本比率があり、値が高いほど、安全性が高い。

    解説

  • 51

    流動比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流動負債における流動資産の割合 流動比率(%)=流動資産➗流動負債✖️100

    解説

  • 52

    当座比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 流動負債における当座資産の割合 当座比率(%)=当座資産➗流動負債✖️100

    解説

  • 53

    固定比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己資本における固定資産の割合 固定比率(%)=固定資産➗自己資本✖️100

    解説

  • 54

    自己資本比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総資本における自己資本の割合 自己資本比率(%)=自己資本➗総資本✖️100

    解説

  • 55

    収益性分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利益をあげる能力に関する指標。 分析指標として、売上高利益率、総費用利益率があり、値が高いほど、収益率が高い。 総資本回転率という指標は、この値が高いほど資本の利用効率が高いといえる。

    解説

  • 56

    売上高利益率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売上高利益率(%)=流動➗売上高✖️100

    解説

  • 57

    総資本利益率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総資本における利益の割合 総資本利益率(%)=利益➗総資本✖️100

    解説

  • 58

    総資本回転率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総資本における売上高の割合 総資本回転率(%)=売上高➗総資本

    解説

  • 59

    労働基準法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃金、残業時間、労働時間の上限、休憩時間、休日などの労働条件に関する最低限の基準を定めた法律。企業は、労働基準法で定められた基準を満たした労働条件で労働者と雇用契約を結ぶ必要がある。

    解説

  • 60

    コンプライアンス Comp-liance

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法令遵守のこと。 法令、規範、ガイドライン、契約事項、社会的規範などを遵守すること。

    解説

  • 61

    労働者派遣法 労働者派遣事業法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 派遣労働者が不利益を被らないように、派遣元や派遣先が講ずべき措置などを定めた法律 同じ派遣先の同じ業務への派遣期間は3年間まで。ただし、「ソフトウェア開発」「財務処理」「研究開発」など専門性の高い26業種については、派遣期間の制限はない。 人材派遣業を行うには、厚生労働大臣の許可が必要。

    解説

  • 62

    派遣契約における留意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・二重派遣の禁止 ・派遣元による雇用制限の禁止 派遣元は正当な理由なく派遣労働者の雇用を制限してはならない。 ・特定の派遣労働者を指名する行為の禁止 派遣先企業が特定の派遣労働者を指名して派遣契約を結ぶことはできない。

    解説

  • 63

    下請法 下請代金支払遅延防止法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 親事業者に対して弱い立場にある下請事業者を保護するための法律。下請代金の支払遅延や買い叩きの禁止、発注元の製品の購入強制の禁止など。

    解説

  • 64

    PL法 製造物責任法 Product Liability

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者が、製造物の欠陥によって生命・身体・財産に危害や損害を被った場合、その製造物の製造業者などに損害賠償責任があることを定めた法律。PL法では、製造業者に過失があるかどうかに関係なく「製造物に欠陥があった」という客観的事実に基づいて損害賠償責任が問われる。

    解説

  • 65

    ISO International Organization Standardization

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際標準化機構 工業関連分野における規格化・標準化と国家間の調整を行う組織。 電気・電子工学分野の標準化についてはIECが行っている。

    解説

  • 66

    IEC International Electrotechnical Commission

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際電気標準会議 ISOの協力組織。ISOが行う標準化作業のうち、電気と電子の工学分野に関する規格化・標準化を担当している組織。

    解説

  • 67

    IEEE Institute of Electrical and Electronics Engineers

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米国電気電子技術者協会 電気・電子工学の世界最大の学会。電子機器関連の標準化を行う組織。イーサネットなどのLANや、その他のインターフェイス規格の制定を行っている。

    解説

  • 68

    IETF Internet Engineering TaskForce

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネット技術タスクフォース TCP/IPなどインターネットで利用されるプロトコルや技術の標準化を行う組織。 IETFがまとめた技術仕様の標準化文書をRFCといい、インターネットを通じて公開されている。

    解説

  • 69

    ANSI American National Standards Institute

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米国規格協会 アメリカ国内の工業分野の規格化・標準化を行う民間の標準化団体。

    解説

  • 70

    W3C World Wide Web Consortium

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワールドワイドウェブコンソーシアム Webで使われる技術の標準化を行っている団体。HTML,XML,DHTMLなどはw3cがとりまとめた規格。

    解説

  • 71

    JISK Japanese Industrial Standards Commiter

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本工業標準調査会 JIS(日本工業規格)の制定、改正、廃止などについての審議や、JISマークの表示の対象品目の指定についての審議などを行う組織。

    解説

  • 72

    ISO9000シリーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ISOが制定したひんしつ管理、品質保証システムに関する一連の規格群。 工業製品やサービスを提供する企業を対象にしたもので、製品そのものの品質ではなく、企業の品質マネジメントシステム(QMS=Quality Management System)を保障するためのガイドラインが規定されている。 認定を希望する企業は、審査登録機関による実態調査の審査を受けて、規格に適合していることを認定してもらう必要がある。

    解説

  • 73

    ISO9001

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ISO9000シリーズの中心となる規格。QMSの認証用規格として制定された。組織がQMSを確立・文書化し、実施・維持すること。または、その有効性を継続的に改善するために要求される規格。

    解説

  • 74

    ISO4001

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境保全管理に関する一連の規格群。 企業などがエネルギー消費や産業廃棄物などの環境問題に対処するために取り組むべき、環境マネジメントシステム(EMS=Environment Management System ) に関するガイドラインが規定されている。

    解説

  • 75

    QMS Quality Management System

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 品質マネジメントシステム

    解説

  • 76

    コアコンピタンス経営

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コアコンピタンス:利益をもたらすことのできる企業競争力。企業独自のノウハウ・技術 コアコンピタンス経営とは、限られた経営資源を有効活用するために、他社よりも優れたコアコンピタンスを選び出し、強化することにより、企業競争力を高める戦略的経営手法のこと。

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ