zuknow learn together

新しい教材を作成

中小企業診断士 運営管理

カード 92枚 作成者: M Y (作成日: 2015/03/01)

  • 生産性とは

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生産性とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産出量÷投入量
    • 誤答選択肢 生産量÷労働量
    • 生産量÷原材料使用量
    • 生産量÷設備量
    • 生産量÷エネルギー使用量

    解説

    投入量に対する産出量との比

  • 2

    PQCDSMEのSは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Safety 安全
    • 誤答選択肢 Products 生産性
    • Morale 意欲
    • Enviroment 環境
    • Quality 品質

    解説

  • 3

    ECRSの意味は、 排除・「」・「」・「」(順番に)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結合・交換・簡素化
    • 誤答選択肢 交換・結合・作業
    • 作成・再利用・掃除
    • 工程・作業・動作

    解説

    Eliminate、Combine、Rearrange、Simplify

  • 4

    度数率の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死傷者数÷述べ実労働時間数×100
    • 誤答選択肢 年間死傷者数÷平均労働者数×100
    • 延べ労働損失日数÷述べ実労働時間数×100

    解説

    年千人率(労働者1000人当たり1年間に発生する死傷者数)、強度率(労働時間1000時間当たりの労働損失日数)

  • 5

    リードタイムとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発注されてから納入されるまでの時間
    • 誤答選択肢 生産の着手時期から完了時期までに至る時間
    • 原材料の量と、実際に産出された製品の量の比率

    解説

  • 6

    仕事を一人の作業者で遂行するのに要する時間は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 工数
    • 誤答選択肢 生産性
    • 稼働率
    • 負荷
    • 歩留り

    解説

  • 7

    人または機械に課させられた仕事量とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負荷
    • 誤答選択肢 生産量
    • 稼働率
    • 工数
    • リードタイム

    解説

  • 8

    目的のために有効に活用した量と消費した量との時間的面での比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能率
    • 誤答選択肢 負荷
    • 工数
    • 効率

    解説

    標準時間÷実際作業時間

  • 9

    目的のために有効に利用した量と、消費したすべての量とのエネルギー的面での比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 効率
    • 誤答選択肢 能率
    • 負荷
    • 工数
    • 歩留り

    解説

    効率=出力÷入力

  • 10

    受注生産の経営課題で間違っているものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 需要予測の精度向上
    • 誤答選択肢 コスト・納期見積もり精度の向上
    • 生産リードタイムの短縮
    • 受注の平準化

    解説

    需要予測は、見込生産の経営課題

  • 11

    見込生産での経営課題は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柔軟な生産体制の確立
    • 誤答選択肢 コスト・見積もり精度の向上
    • 生産リードタイムの短縮
    • 受注の平準化

    解説

    需要予測と生産計画の連動

  • 12

    個別生産の特徴で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品の流し方はフローショップ型
    • 誤答選択肢 汎用設備を用いる事が多い
    • 多種少量生産である
    • 部品の標準化を図ることは重要だ

    解説

  • 13

    ロット生産の特徴で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能別レイアウトを適用する
    • 誤答選択肢 最適なロットサイズの決定が重要
    • 断続生産ともいう
    • ロットサイズを大きくするとリードタイムが増える

    解説

    機能別レイアウトは、個別生産のジョブショップ型

  • 14

    多品種少量生産の特徴として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品別レイアウトを採用する
    • 誤答選択肢 機能別レイアウトを採用する
    • 部品の欠品がおこりやすい
    • 部品の共通化が有効

    解説

    GTも適用する

  • 15

    小種多量生産の特徴として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多台もち作業を採用する
    • 誤答選択肢 製品別レイアウトを採用する
    • 作業者の間接作業が少ない
    • 生産リードタイムを短くできる

    解説

    製品別レイアウトなので多工程もち作業

  • 16

    機能別レイアウトの特徴として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産設備の流れを重視
    • 誤答選択肢 多品種少量生産に適している
    • 設備の稼働率をあげやすい
    • 製品の移動経路が複雑になりやすい

    解説

    ジョブショップ型 機能を重視

  • 17

    フロショップ型の特徴として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加工順序変更に柔軟に対応
    • 誤答選択肢 小種多量生産に適している
    • 機械の専用化が容易
    • 工程管理・進捗管理が容易
    • 仕掛在庫が減少

    解説

    製品別レイアウト 流れを重視

  • 18

    SLPの計画手順は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • P-Q分析→物の流れ分析→相互関係図表→相互関係ダイヤグラム→面積→レイアウト案
    • 誤答選択肢 P-Q分析→物の流れ分析→相互関係図表→面積→相互関係ダイヤグラム→レイアウト案
    • P-Q分析→相互関係図表→物の流れ分析→相互関係ダイヤグラム→面積→レイアウト案
    • 物の流れ分析→P-Q分析→相互関係図表→相互関係ダイヤグラム→面積→レイアウト案
    • P-Q分析→物の流れ分析→相互関係ダイヤグラム→相互関係図表→面積→レイアウト案

    解説

  • 19

    P-Q分析において、Cグループが採用するレイアウトは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能別レイアウト
    • 誤答選択肢 製品別レイアウト
    • グループ別レイアウト
    • セル生産レイアウト

    解説

    縦軸にQ(生産量)横軸にP(製品の種類)

  • 20

    SLPとして最も不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基準日程の分析
    • 誤答選択肢 P-Q分析
    • アクティビティ相互関係の分析
    • 物の流れ分析

    解説

  • 21

    ライン生産方式の特徴として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能別レイアウト
    • 誤答選択肢 製品別レイアウト
    • 専用ラインにようる単純加工
    • ラインバランシング

    解説

  • 22

    サイクルタイムの計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産期間÷生産量
    • 誤答選択肢 標準時間÷実際作業時間
    • 正味作業時間÷総作業時間
    • 所要時間÷作業ステーション数

    解説

    ラインバランス効率=所要時間÷(サイクルタイム×作業ステーション数)

  • 23

    ライン生産のメリットとして 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業者の多能工化
    • 誤答選択肢 単能工で作業ができる
    • 間接作業が少ない
    • 工程管理が容易
    • 移動コストが低い

    解説

  • 24

    セル生産のメリットとして 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 習熟ロスが少ない
    • 誤答選択肢 工程間のばらつきが最小化
    • 多品種少量生産に対応
    • 設備投資の負担が少ない
    • 作業者の多能工化

    解説

    新製品導入時に習熟に時間がかかり、生産性が低い場合がある

  • 25

    JITの導入要件として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピッチタイム
    • 誤答選択肢 同期化
    • 流れ化
    • 小ロット化
    • 平準化生産

    解説

    多能工化、自働化、段取り改善、品質改善、保全活動(TPM)

  • 26

    平準化とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業負荷を平均化させ、かつ前工程から引き取る部品の種類と量が平均化されるように生産する行為
    • 誤答選択肢 原材料の調達から製品の販売まで一貫して行う活動
    • あらかじめ定められたスケジュールで生産活動を行う方式
    • 後工程から引き取られた量を補充する為だけ、生産する方式

    解説

  • 27

    生産形態と工程管理および特徴で 関連性の低いものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個別・少量生産ー追番管理方式ー累積製造番号
    • 誤答選択肢 個別・受注生産ー製番管理方式ー同一製造番号
    • 受注生産ー座席予約方式ー顧客や生産情報の一元管理
    • 見込と受注の中間ーオーダーエントリー方式ー顧客によるオプション選択

    解説

    追番管理方式は、継続生産に適している

  • 28

    VE5原則で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総コスト
    • 誤答選択肢 使用者優先
    • 機能本位
    • チーム・デザイン

    解説

    4.創造による変更 5.価値向上

  • 29

    VEの機能に関する記述で 最も不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基本機能は、必要機能と貴重機能に分類される
    • 誤答選択肢 使用機能は、基本機能と二次機能に分類される
    • 製品のデザイン的特徴は、貴重機能である
    • 製品の使用目的は、使用機能である

    解説

    二次機能が必要機能と不必要機能に分類される

  • 30

    フローショップ・ジョブスケジュールリングで使用するジョンソン法は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全工程の最も短い時間を見つけて、その工程が二次なら一番後ろに、一次なら一番前に持ってくる
    • 誤答選択肢 全工程の最も短い時間を見つけて、その工程が二次なら一番前に、一次なら一番後ろに持ってくる

    解説

  • 31

    ガントチャートの短所として 間違っているものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小さなプロジェクトに不向き
    • 誤答選択肢 複雑で大きなプロジェクトに不向き
    • 作業間の前後関係の把握が困難
    • 全体期間短縮案を検討する事が困難

    解説

  • 32

    工程管理における生産統制に関する記述で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現品管理と余力管理の二つの機能から構成される
    • 誤答選択肢 管理の担当者は、主として現場の管理監督者である
    • 一般に生産の実績報告とその評価が含まれる
    • 工程管理機能の一環であり、生産計画に対応する活動です

    解説

  • 33

    定量発注方式のデメリットとして 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運用・管理が容易
    • 誤答選択肢 需要変動の激しいものには不向き
    • 調達時間が長いものには不向き
    • 運用がルーズになりやすい

    解説

  • 34

    年間在庫費用の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年間平均在庫量×1個あたりの維持費用
    • 誤答選択肢 品切れ許容率×√リードタイム×需要量の標準偏差
    • 調達リードタイム×一日あたりの平均需要量+安全在庫
    • 一回の発注量÷2

    解説

    Q÷2×P×i Q:一回の発注量 P:在庫品の単価 i:在庫費用率

  • 35

    定期発注方式のメリットとして 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安全在庫の必要がない
    • 誤答選択肢 精度の高い在庫管理が可能
    • 需要変動が激しいものにも対応可能
    • 定量発注に比べて、きめ細やかな対応が可能

    解説

  • 36

    発注方式で適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定期発注方式における安全在庫量は、一般に、発注間隔が長くなると多くなる
    • 誤答選択肢 EOQは、発注費、在庫保管費及び品切れ費の総計を最小にする発注量である
    • 定期補充点方式などで用いられる補充点は、発注間隔中の推定需要量として求められる
    • 定量発注方式などで用いられる発注点は、調達期間中の推定需要量として求められる

    解説

    EOQには品切れ費は含まない 補充点では在庫量を決める 定量では、あらかじめ定めて量で発注

  • 37

    アウトソーシングのメリットで不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノウハウが蓄積できる
    • 誤答選択肢 外部の専門性を活用できる
    • 固定費を変動費化できる
    • 組織をスリム化できる

    解説

    自社の得意分野に経営資源を集中できる コスト削減が可能となる

  • 38

    作業の構成で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加工作業
    • 誤答選択肢 主体作業
    • 主作業
    • 付随作業
    • 段取作業

    解説

  • 39

    工程分析の工程図記号で「□」は何を表す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数量検査
    • 誤答選択肢 加工
    • 運搬
    • 貯蔵
    • 品質検査

    解説

    ○:加工 →:運搬 ▽:貯蔵 ◇:品質検査

  • 40

    工程分析で使用しないものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運搬工程分析
    • 誤答選択肢 製品工程分析
    • 流れ線図
    • 単純工程分析
    • フロムツーチャート

    解説

  • 41

    運搬工程分析で「▽」はなにを表す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 停滞
    • 誤答選択肢 移動
    • 取扱い
    • 加工

    解説

    取扱いとは品物の支持法の変化

  • 42

    運搬活性化指数の4つの手順で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積み上げる
    • 誤答選択肢 まとめる
    • 起こす
    • 持ち上げる
    • 持っていく

    解説

  • 43

    平均活性化指数の改善の目安で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 停滞状態にある活性支数÷停滞状態の数
    • 誤答選択肢 0.5未満:コンテナ・パレット・手押し車の活用
    • 0.5~1.3:動力運搬車・フォークリフトの活用
    • 1.3~2.3:コンベア・トレーラ列車方式の活用
    • 2.3以上:運搬工数の節減

    解説

  • 44

    以下の場合の空運搬係数は 人の移動距離:20M 品物の移動距離:10M

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 2
    • 2.5
    • 3

    解説

    空運搬係数=(人の移動距離20-品物の移動距離10)÷品物の移動距離10

  • 45

    動作経済の原則で不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動を変更するときは、素早く、直線的に行う
    • 誤答選択肢 両手は同時に動作をはじめ、あるいは終わる
    • 両手は、休憩時間以外は同時に休めてはならない
    • 腕の運動は、左右対称的に、また同時に行う
    • 身体の運動部分をなるべく指や手などによる小さい動きで行う

    解説

    運動の方向を急に変更せずに、連続した曲線状に運動する

  • 46

    作業場の配置に関する原則で不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業台やいすは、高さを固定にする
    • 誤答選択肢 工具・材料は、作業者の手の届く定位置に配置する
    • 工具・材料は、作業位置の周辺で、出来るだけ作業者の前面に配置する
    • 工具・材料は、最良の順序で作業がしやすいように配置する

    解説

    作業台やいすは、作業者の体格に合わせて正しい姿勢が取れるようにする

  • 47

    サーブリック分析で第3類に属するものはどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保持する
    • 誤答選択肢 調べる
    • 分解する
    • 探す
    • 考える

    解説

    調べる:第一 分解する:第一 探す:第二 考える:第二

  • 48

    メモモーション分析とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通常の撮影スピードより遅く撮影し、通常の速度で再生しながら分析する手法
    • 誤答選択肢 通常より早いスピードで撮影しておき、通常のスピードやコマ送り、遅いスピードで再生して分析すること

    解説

    もう一つはマイクロモーション分析

  • 49

    稼働率の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際稼働時間÷総時間
    • 誤答選択肢 非稼働時間÷総稼働時間
    • 総時間-非稼働時間
    • 実際稼働時間÷予定稼働時間

    解説

  • 50

    ワークサンプリングのメリットとして 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母数が少ない時も正確に分析できる
    • 誤答選択肢 観測が容易で低コスト
    • データの整理が容易
    • データの信頼性が高い

    解説

    瞬間的に作業者が「何をしているか」を観察して記録・集計し、そのデータを統計的に分析する手法

  • 51

    職場余裕に分類されるものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 材料待ち
    • 誤答選択肢 トイレ
    • 汗拭き
    • 遅刻

    解説

    管理余裕は、作業余裕と職場余裕 人的余裕は、疲労余裕と用途余裕

  • 52

    内掛け法による余裕率の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 余裕時間÷(余裕時間+正味時間)
    • 誤答選択肢 余裕時間÷正味時間
    • 正味時間×(1+余裕率)
    • 正味時間×(1÷(1-余裕率))

    解説

  • 53

    QC手法と分析内容の組合せで正しいものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 管理図ー不良の発生が慢性化か、突発的かなどを吟味する
    • 誤答選択肢 散布図ー問題となっている不良を現象や原因が分類し、整理する
    • パレート図ーある製品の品質特性値の分布を知るため、特性値を記録する
    • ヒストグラムー問題とする特性とそれに影響すると思われる要因と関係を整理する

    解説

  • 54

    生産統制の3要素として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日程管理
    • 誤答選択肢 進捗管理
    • 現品管理
    • 余力管理

    解説

    日程計画は、生産管理の要素

  • 55

    正味時間にレイティング係数を必要としない設定法は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PTS法
    • 誤答選択肢 ストップウォッチ法
    • 実績資料法
    • 経験見積もり法
    • 標準時間資料法

    解説

  • 56

    設備総合効率=時間稼働率×性能稼働率×□ A □ Aに入る値は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 良品率
    • 誤答選択肢 不良率
    • 時間稼働率
    • 性能稼働率

    解説

    時間稼働率=(負荷時間-設備停止時間)÷負荷時間 性能稼働率=(基準サイクルタイム×加工数)÷稼働時間

  • 57

    保全活動で改善活動に属するものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保全予防
    • 誤答選択肢 予防保全
    • 事後保全
    • 定期保全
    • 予知保全

    解説

    改良保全

  • 58

    良品率の計算式は、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (加工数量ー不良数量)÷加工数量×100
    • 誤答選択肢 時間稼働率×性能稼働率×良品率
    • (負荷時間ー設備停止時間)÷負荷時間
    • (基準サイクルタイム×加工数)÷稼働時間

    解説

  • 59

    三次元の形状の表現方法で最も適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワイヤーフレームは、複雑な形状に対して高速に処理・表示できる
    • 誤答選択肢 サーフィスモデルは、機械部品同士の干渉がチェックできる
    • サーフィスモデルは、複雑な形状では立体的なイメージが把握しにくい
    • ソリッドモデルでは、容量や質量、重心なでの物理量の計算ができていない

    解説

  • 60

    FMSの説明として誤っているものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 設備変更に対して柔軟性がある
    • 誤答選択肢 生産品種の多様化への対応が容易である
    • 生産内容の変更が容易である

    解説

  • 61

    省エネ法で1年間のエネルギー使用量(原油換算値)がいくら以上であれば特定指定業者の指定を受けなければならないか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1500キロリットル
    • 誤答選択肢 1000キロリットル
    • 100キロリットル
    • 2000キロリットル

    解説

    コンビニ30~40店舗相当

  • 62

    まちづくり三法でないものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大規模小売店舗法
    • 誤答選択肢 大規模小売店舗立地法
    • 中心市街地活性化法
    • 都市計画法

    解説

  • 63

    大店立地法(新法)の対象として 誤ってるものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 店舗面積が1,500㎡を超える
    • 誤答選択肢 小売業には飲食店は含まれない
    • 物品加工修理業者(洋服のイージーオーダー、ワイシャツの委託加工)は含まれる
    • 生協や農協も含まれる

    解説

  • 64

    大店立地法で配慮すべき基本事項として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費者利益の保護
    • 誤答選択肢 住民への適切な説明
    • 都道府県からの意見に対する誠意ある対応
    • テナントの履行確保、責任体制の明確化

    解説

    開店後の適切な対応 周辺地域についての調査

  • 65

    中心市街地活性化法のスキームとして 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タウンマネジメント機構を組織する
    • 誤答選択肢 政府が基本方針を定める
    • 市町村は基本計画を作成し、内閣総理大臣の認定を申請する
    • 内閣総理大臣が認定する

    解説

    中心市街地活性化協議会を創設する

  • 66

    都市計画区域外に分類されるものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 準都市計画区域
    • 誤答選択肢 市街化区域(用途地域指定)
    • 市街化調整区域(用途地域を定めない)
    • 非線引き
    • 白地地域(用途地域指定なし)

    解説

  • 67

    大規模集客施設に関する立地規制で 不適切なのものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3,000㎡以上の大規模商業施設の規制
    • 誤答選択肢 延べ床面積1万㎡超の大規模集客施設の規制
    • 立地できるのは、商業地域、近隣商業地域、準工業地域
    • 白地地域での立地の原則不可

    解説

  • 68

    建ぺい率の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建築面積÷敷地面積
    • 誤答選択肢 延べ面積÷敷地面積

    解説

  • 69

    一次商圏とは可能販売高で何%を占めるのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 70%
    • 誤答選択肢 20%
    • 10%

    解説

  • 70

    商圏に関する記述として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 類似商圏をいくつか選ぶ公式としてライリー・コンバースの法則がある
    • 誤答選択肢 商圏調査では、1次商圏、二次商圏、三次商圏、影響圏などに分けられる
    • ある地域の消費者がある商店へいく確率を求める公式は、ハフモデル
    • 買回品の商圏より、最寄品の商圏の方が狭い

    解説

    2つの都市の商圏分岐点を求める法則である

  • 71

    パワーセンターとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のカテゴリーキラーを核店舗とした大型複合施設。広域からの集客
    • 誤答選択肢 アミューズメント系を中心とした複合施設。
    • メーカ等の在庫処分を目的としたストアや、オフプライスの店を集めた施設
    • ある特定の価格帯で商品を販売する店舗
    • 衣食住をフルライン化し、ワンストップショッピングの利便性を高める施設

    解説

  • 72

    ホールセールクラブとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会員制の倉庫型店舗。徹底したコスト削減により、低価格販売を実現。
    • 誤答選択肢 メーカ等の在庫処分を目的としたストアや、オフプライスの店を集めた施設
    • 衣食住をフルライン化し、ワンストップショッピングの利便性を高める施設
    • 複数のカテゴリーキラーを核店舗とした大型複合施設。広域からの集客

    解説

  • 73

    店舗での商品陳列で正しいものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商品の売上に応じてスペース配分を決め、陳列方法やゴールデンゾーンなどを考慮する
    • 誤答選択肢 入り口周辺は高価な商品を、店奥には低価格な商品を陳列すると、心理的抵抗を和らげる
    • 計画購買される商品を入り口に、計画購買されない商品を店奥に陳列する
    • 購買頻度、使用頻度の高い商品を店奥に、購買頻度、使用頻度が低い商品を入り口に陳列する

    解説

    それ以外はすべて逆

  • 74

    商品投下資本粗利益率(GMROI)の計算式は、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売上総利益率(%)×商品回転率(売価)÷(1ー売価値入率)
    • 誤答選択肢 売上高利益率×資本回転率
    • 商品回転率×平均在庫高(売価)
    • 売上総利益÷平均在庫高(売価)×100

    解説

    言い換えると 売上総利益(粗利益)÷平均在庫高(原価)あるいは売上総利益率×商品投下資本回転率

  • 75

    交差比率の計算式は

    補足(例文と訳など)

    • 商品在庫投資の管理を売価基準で考える指標

    答え

    • 売上総利益÷平均在庫高(売価)
    • 誤答選択肢 売上総利益÷卑近在庫高(原価)
    • 売上総利益率×商品投下資本回転率
    • 売上総利益率×商品回転率(売価)÷(1ー売価値入率)

    解説

    平均在庫高を売価にしているところがGMROIとは違う

  • 76

    原価による商品回転率の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売上原価÷平均在庫高(原価)
    • 誤答選択肢 売上高÷平均在庫高(売価)
    • 売上数量÷平均在庫高(数量)
    • 売上総利益率×商品回転率

    解説

  • 77

    基準在庫法による月初適正在庫高(売価)は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当月売上高予算+年間平均在庫高ー月平均売上高予算
    • 誤答選択肢 年間売上高予算÷年間予定商品回転率
    • 1+当月売上高予算÷月平均売上高予算
    • 平均在庫高(売価)÷平均売上高

    解説

    低回転率の買回品などに適している:年間商品回転率≦6

  • 78

    百分率変異法による月初適正在庫高(売価)は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年間平均在庫高×[1+当月売上高予算÷月平均売上高予算]÷2
    • 誤答選択肢 当月売上高予算+年間平均在庫高ー月平均売上高予算
    • 平均在庫高(売価)÷平均売上高
    • 年間売上高予算÷年間予定商品回転率

    解説

    高回転率の最寄品などに適している:年間商品回転率≧6)

  • 79

    売価値入率の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 値入額÷売価×100
    • 誤答選択肢 値入額÷原価×100
    • 売価値入率÷(100-売価値入率)
    • 平均在庫高÷平均売上高

    解説

    値入率は、販売前に予定している率

  • 80

    相乗積の計算式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部門粗利益÷売上高合計
    • 誤答選択肢 部門粗利益÷部門売上高
    • 部門売上高÷売上高合計
    • 売上高予算+期末在庫高予算―期首在庫高予算(売価)

    解説

    粗利貢献度の高い部門を見つける指標

  • 81

    商品の所有権を小売業者に移転しない契約は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 委託仕入
    • 誤答選択肢 買取仕入
    • 消化仕入
    • 売上仕入

    解説

  • 82

    プライスライン政策(値頃政策)のデメリットは

    補足(例文と訳など)

    • プライスラインは、買回品に適している

    答え

    • 価格変動に対する非弾力性
    • 誤答選択肢 顧客が異なる価格帯の中に異なる商品価値を認め、購買決定が容易になる
    • 適正在庫の維持が容易となり、仕入が単純化
    • 売価決定や会計記録、在庫管理が単純化

    解説

    仕入原価が高騰しても売価を変更しにくい

  • 83

    ISM:In Store Merchandising)の体系でインストアプロモーションに属するものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノベルティ
    • 誤答選択肢 スペースアロケーション
    • プラノグラム
    • フェイシング

    解説

    非価格(デモ販売、CMD等)、価格(特売や値引き、エンド陳列、チラシ、クーポン)

  • 84

    不確実性プールの原理として正しい説明は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 卸売業が在庫を保有すると、小売で在庫を保有するより、社会的在庫量が減少する
    • 誤答選択肢 製造業と小売業の間に卸売業が介する事で、取引の不確実性が減少する
    • 卸売業が存在する事で、取引総数が削減され、社会的コストも低減される
    • 小売業が一定期間集中的に保有する在庫を増加させる

    解説

    集中貯蔵の原理

  • 85

    倉庫管理についてただしいものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トータルピッキングは、総数をピッキングして、後で分ける出庫方法
    • 誤答選択肢 種まき方式は、顧客の注文別に集品して歩くピッキング方法
    • 平置きは、作業性と保管効率の両面で問題がある
    • 1品目あたりの出荷数量が少ない場合は、トータルピッキングが適している

    解説

    種まき=トータル シングルピッキング=摘み取り

  • 86

    TC型の特徴として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DC型に比べてリードタイムが短い
    • 誤答選択肢 物流センタに他の卸売りの商品を集める
    • 一括物流で小売店頭作業を軽減する
    • 物流センターで店別の仕分けを行う

    解説

    DC型に比べて1過程多いため、リードタイムが長い

  • 87

    ディカップリングポイントの記述として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製品を作り始めてから完成するまでの期間を短縮できる
    • 誤答選択肢 顧客が注文してから製品を受け取るまでの期間を短縮できる
    • 在庫を置くべき適切な中間製品と、その在庫量を明確化が必要
    • 最終製品の在庫を必要以上に持つことによる死蔵在庫を削減できる

    解説

    受注生産と見込生産を組み合わせる事で、納期短縮、在庫制限ができる 製造リードタイムは中間在庫を持つことで長くなる場合がある

  • 88

    輸送ネットワークに関する記述として 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハブアンドスポークでは、ポイントツウポイントより輸送効率は低下する
    • 誤答選択肢 在庫コストが増加すると、物流拠点は集約する必要性が高まる
    • 一般に物流拠点数を増やすと店舗への配送コストは減少するが、保管コストは増大する

    解説

    中心のハブに拠点を設ける事で効率的なネットワークを確立する事ができる

  • 89

    POSシステム活用で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 購買金額、購入頻度、性別を用いて顧客を層別化する手法をRFM分析と呼ぶ
    • 誤答選択肢 商品アイテムごとの販売動向を把握することにより、販売予測ができる
    • 販促効果分析を行うために、POSレジで読み取り可能なクーポン券を発行する
    • レシートデータをもとに同時購買確率の高い商品群を調べる手法をバスケット分析と呼ぶ

    解説

    Recency(最終購買日)、Frequency(購買頻度)、Monettary(購買金額)

  • 90

    PLU(PLICE Look Up)方式で 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JANシンボルの最初の2ケタに20~29、02が用いられる場合、JANシンボルの中に売価が必ず表示される
    • 誤答選択肢 生鮮食品のような量り売り商品で、価格が異なるものでは、NonPLU方式が使用される
    • 製造・出荷段階でJANシンボルを印刷されない商品は、NpnPLUだけでなく、PLUも利用可能
    • 製造・出荷段階でJANコードが印刷される商品の場合、JANシンボルの中に売価が表示されないPLUコードを利用する

    解説

    自社で自由に設定できるので、必ずしも売価ではない

  • 91

    EDIの記述で適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WEB-EDIは、社内システムと連携する際に手作業が発生する場合が多く、全体としての効率化に必ずしも結びつかない
    • 誤答選択肢 WEB-EDIでは、WEBサーバーを構築すればよいので、ASPは利用されない
    • WEB-EDIでは、XML言語でメッセージを送受信する為、メッセージの自由度が限定される
    • WEB-EDIは、画像データを取り扱う事ができない

    解説

  • 92

    商品識別用コードとして 不適切なものは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GDS(Global Data Synchronization)とは、商品を識別する為統一された14桁の共通商品コード
    • 誤答選択肢 GLN(Global Location Number)とは13桁の国際標準規格の企業・事業所コード
    • GTIN(Global Trade Item Number)とは、単品コードや集合包装品コードを包括するあらゆる荷姿の商品を識別するためのコード
    • ITF(Inter-leaved Two of Five)とは、物流梱包などの外装などに表示されるバーコードの事

    解説

    GDSは、メーカー、卸、小売といった商品物流の流れにおいて、商品情報「商品マスタ)と共有するシステム

56956

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ