zuknow learn together

新しい教材を作成

【ビジネスマネジャー検定】ビジネスマネジメントリテラシー入門 単語帳

公認 カード 19枚 作成者: LEC東京リーガルマインド公式アカウント (作成日: 2015/02/20)

  • PM理論は、リーダーの持つ【 ? 】機能と人間関係の維持機能の2つに着目してマトリックス化し、リーダーのスタイルを4つに類型化した。


    PM理論は、リーダーの持つ業績達成機能(P:performance)と人間関係の維持機能(M:maintenance)の2つに着目してマトリックス化し、リーダーのスタイルを4つに類型化した。そのうち、業績を達成する機能が高く、かつ人間関係を維持する機能も高いPM型が、最も優れたリーダーであるとした。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ビジネスシーンにおけるマネジメント(管理)の知識を体系的に取得することは、ビジネスパーソンがキャリアアップする上で極めて重要な要素といえます。

単語帳は、ビジネスマネジャー(管理職)になる上で、または既になっている方にとっても必須の項目をピックアップしました。
本アプリでマネジメントスキルの向上を目指して下さい!

さらにマネジメントスキルをアップされたい方はこちら↓

ビジネスマネジャー検定試験(R)対策講座
http://www.lec.co.jp/icara/bijimane/

公開範囲:

公開

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    PM理論は、リーダーの持つ【 ? 】機能と人間関係の維持機能の2つに着目してマトリックス化し、リーダーのスタイルを4つに類型化した。

    補足(例文と訳など)

    • PM理論は、リーダーの持つ業績達成機能(P:performance)と人間関係の維持機能(M:maintenance)の2つに着目してマトリックス化し、リーダーのスタイルを4つに類型化した。そのうち、業績を達成する機能が高く、かつ人間関係を維持する機能も高いPM型が、最も優れたリーダーであるとした。

    答え

    • 業績達成
    • 誤答選択肢 モラール
    • 能力
    • リーダーシップ

    解説

  • 2

    マズローの欲求5段階説の欲求階層は、生理的欲求、安全の欲求、社会的欲求、自尊の欲求、【 ? 】の欲求

    補足(例文と訳など)

    • マズローは、人間の欲求を段階に分け、成長しながら低次の欲求から高次の欲求へと移行する欲求5段階説を提唱した。

    答え

    • 自己実現
    • 誤答選択肢 自我
    • 満足
    • 共存

    解説

  • 3

    ハーズバーグの二要因論のひとつである【 ? 】要因は、満足をもたらし、積極的な態度を引き出す要因である。

    補足(例文と訳など)

    • ハーズバーグは、モチベーションを向上させるためには、衛生要因よりも動機付け要因を重視すべきであると主張している。具体的には、職務充実(ジョブ・エンリッチメント)をあげている。これは、仕事そのものに管理的な要素を加味し、質的・垂直的拡大を図るものである。

    答え

    • 動機付け
    • 誤答選択肢 職務充実
    • 達成
    • 衛生

    解説

  • 4

    【 ? 】は別途、時間と場所を設け、集団的教育を行うもので実際の業務から離れて行う。

    補足(例文と訳など)

    • Off-JTは別途、時間と場所を設け、集団的教育を行うもので実際の業務から離れて行う。営業職の人間だけで財務や簿記の講習を受けるなどである。また、職種別訓練等では、溶接工だけで高度な溶接技術等の習得を別の事業所に行って行うなどもある。

    答え

    • Off-JT
    • 誤答選択肢 OJD
    • OJT
    • CDP

    解説

  • 5

    組織の7Sは、世界的なコンサルティングファームである【 ? 】は、次の7つの要素を複合的に組み合わせた戦略フレームワークを提唱している。

    補足(例文と訳など)

    • 組織の7Sは、優れた企業は、この7つの要素がそれぞれ補完しあい、バランスをとりながら成長をしているとされる。

    答え

    • マッキンゼー
    • 誤答選択肢 ボストン コンサルティング
    • ドリームインキュベータ
    • アクセンチュア

    解説

  • 6

    ジョハリの窓は、対人関係における自己開示、コミュニケーション、気づき、自己理解などの説明に使われ、開放、盲点、【 ? 】、未知の3つの領域があるとされる。

    補足(例文と訳など)

    • ジョハリの窓は、対人関係における自己開示、コミュニケーション、気づき、自己理解などの説明に使われ、開放、盲点、秘密、未知の3つの領域があるとされる。

    答え

    • 秘密
    • 誤答選択肢 着眼
    • 閃き
    • 知識

    解説

  • 7

    アンゾフの成長マトリクスにおいて、既存市場の自社事業の占有率を拡大していくため、販売促進活動などによる売上向上や設備投資による生産性向上などを図る戦略を何というか?

    補足(例文と訳など)

    • アンゾフは、事業拡大を図るための基本戦略を、2 つの軸(製品、市場)を用いて以下の4つの戦略を著してます。【アンゾフの成長マトリクス(製品市場マトリクス)】1.市場浸透戦略・・・既存市場に既存製品を投入する戦略2.新製品開発戦略・・・既存市場に新製品を投入する戦略3.新市場開拓戦略・・・新規市場に既存製品を投入する戦略4.多角化戦略・・・新規市場に既存製品を投入する戦略

    答え

    • 市場浸透戦略
    • 誤答選択肢 新製品開発戦略
    • 新市場開拓戦略
    • 多角化戦略

    解説

  • 8

    マイケル・ポーターが提唱した企業が位置する事業分野にお ける競争要因を分析するフレームワークを何というか?

    補足(例文と訳など)

    • 5つの力(ファイブフォース分析)とは、マイケル・ポーターが提唱した企業が位置する事業分野における競争要因を分析するフレームワークです。5つの力とは、①業者間の敵対関係、②新規参入の脅威、③代替品の脅威、④売り手の交渉力、⑤買い手の交渉力のことを指します。また、ポーターは競争回避の戦略を提唱しており、既存企業が新規参入しようとしているライバル企業に対し、参入障壁を構築して新規参入を防止することも重視している。これは先に説明したマイケル・ポーターの5つの力のうち、「新規参入の脅威」に対して取る対策となる。

    答え

    • ファイブフォース分析
    • 誤答選択肢 PPM
    • 製品市場マトリクス
    • VRIO分析

    解説

  • 9

    マイケル・ポーターが提唱する3つの競争戦略において、価格面で他社を卓越する戦略を何というか?

    補足(例文と訳など)

    • ポーターは、競争優位を築く以下の3つの基本戦略(Three Generic Strategies)を唱えています。・差別化戦略・コスト・リーダーシップ戦略・集中戦略横軸で競争優位の源泉を低コストと差別化に区分し、縦軸で競争の範囲を区分しています。通常は、(コスト集中、差別化集中)を合わせて集中戦略とし、差別化戦略とコスト・リーダーシップ戦略を含めた3 つを基本戦略としています。企業は、この3 つの基本戦略のうち少なくとも1 つの分野において卓越した戦略を構築することが、競争優位に立つために必要であるとされています。

    答え

    • コスト・リーダーシップ戦略
    • 誤答選択肢 差別化戦略
    • 差別化・集中戦略
    • 価格集中戦略

    解説

  • 10

    環境分析において、自社でコントロールすることが困難な外的要因を分析する代表的手法を何というか?

    補足(例文と訳など)

    • マクロ環境分析とは、企業を取り巻く外部環境のうち、自社での統制は不可能だが、企業活動に影響を及ぼす要因を分析することをいう。代表的なものとして、政治的(Political)環境、経済的(Economic)環境、社会的(Social)環境、技術的(Technological)環境の4つなどがあり、それぞれの頭文字をとって、PEST分析という。この他、人口動態・文化・環境などがあるが、分析の際、自社の事業に関係のある主要な要因や環境変化に絞り込むことがポイントである。

    答え

    • PEST分析
    • 誤答選択肢 VRIO分析
    • 3C分析
    • バリューチェーン分析

    解説

  • 11

    SWOT分析とは、企業を取り巻く外部環境に潜む【 A 】を発見し、組織の内部環境にある自社の【 B 】を評価し、これら4つの要素を組み合わせたものである。

    補足(例文と訳など)

    • SWOT分析とは、企業を取り巻く外部環境に潜む機会や脅威(Opportunities&Threats)を発見し、組織の内部環境にある自社の強みと弱み(Strength&Weakness)を評価し、これら4つの要素を組み合わせたものである。SWOT分析の目的は、外部・内部環境の現在の姿を正しく把握することにより、成功要因や自社にとっての事業機会を導きやすくすることである。

    答え

    • A:機会と脅威 B:強みと弱み
    • 誤答選択肢 A:資源と協力者B:成長性とコアコンピタンス
    • A:機会と脅威B:成長性とコアコンピタンス
    • A:資源と協力者B:強みと弱み

    解説

  • 12

    ボストン・コンサルティングが提唱しているPPMにおいて、自社の製品が属する市場シェアが大きく、市場成長率が低い場合の製品・事業の位置づけは何と呼ばれるか?

    補足(例文と訳など)

    • PPMは、ボストン・コンサルティング・グループが1960 年代終わりに提唱したもので、企業が複数の事業(SBU:戦略的事業単位)を行う場合に、各事業に最も効果的に経営資源を配分するための分析手法です。縦軸を市場成長率、横軸を相対的市場占有率とする4 象限の表に自社の各事業や製品等を明示し、自社の事業ポートフォリオを把握して戦略的意思決定を行います。1.問題児・・・資金の流入が少ないが、多くの設備投資や販売促進費用などが必要となり、資金流出が多い。問題児を花形にシフトさせるには、市場成長率が高い間に、自社の相対的市場占有率を高める必要がある。その前に市場成長率が鈍化すると、花形や金のなる木にはなれず、負け犬になってしまう。2.花形・・・売上が急速に拡大し、資金流入が多い。しかし、競合の参入も多いため、その対策として広告費や営業費などの資金流出も多く、大幅な資金獲得は難しい。花形は、市場成長率が鈍化した際に、金のなる木にシフトするよう、相対的市場占有率を高い状態で維持することが必要となる。3.金のなる木・・・市場占有率が高いため資金流入が多いが、資金流出が少ないため、大幅な資金獲得が可能となる。獲得した資金は、問題児に投資し花形への移行を図るか、花形へ投資し金のなる木へのシフトを図ることが必要となる。4.負け犬・・・挽回の余地がないため、早期に撤退を検討すべき事業に位置づけられる。

    答え

    • 金のなる木
    • 誤答選択肢 問題児
    • 負け犬
    • 花形

    解説

  • 13

    バーニーが提唱したVRIO分析において、最も持続可能な固有のコンピタンスとなるものは何か?

    補足(例文と訳など)

    • バーニーが提唱したVRIO(リソース・ベスト・ビュー)は、以下の4つの問いへの答えによって、企業の経営資源やケイパビリティ(組織的な能力)が強みなのか弱みなのかを判断するフレームワークです。1.経済的価値 Valuable (顧客にとって価値があるか?)2.稀少性 Rare (入手困難であり希少か?)3.模倣困難性 Inimitable (模倣コストは大きいか?)4.組織力 Organize (組織体制は適切か?)1から4の番号順に、企業にとっての強みの度合いが大きくなり、4の「組織力」が最も強く、持続可能な固有のコンピタンスとなる。

    答え

    • 組織力
    • 誤答選択肢 経済的価値
    • 稀少性
    • 模倣困難性

    解説

  • 14

    企業は自社の業界における相対的な地位を踏まえて競争戦略を展開することが重要であるが、そのような競争戦略において、【 ? 】は特定の市場セグメントで独自性を発揮できる戦略を遂行して、強い市場支配力を狙うことが必要である。

    補足(例文と訳など)

    • フィリップ・コトラーは、業界内での企業の地位を、市場占有率に基づいて、リーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーに分類し、それぞれの地位に応じた戦略をとることが望ましいと主張しています。[1]リーダーの特徴リーダーは、ある業界で最大のシェアを占めている企業です。通常、価格変更、新製品導入、流通範囲、プロモーションなどの面で他社をリードしていますが、その地位を守るには、市場規模の拡大、自社のシェア維持もしくはシェア拡大が必要となります。リーダーの基本戦略方針は、「全方位戦略」であり、その戦略定石には、周辺需要拡大、非価格対応、同質化、最適シェア維持があります。[2] チャレンジャーの特徴チャレンジャーは、ある業界で2位以下に位置し、リーダーに追いつき追い越す野心を持つ企業です。競合他社に攻撃を仕掛けて市場シェアの拡大を図ります。チャレンジャーの基本戦略方針は、リーダーができないことをやる「同質化できない差別化戦略」です。[3] フォロワーの特徴フォロワーは、ある業界で3位以下に位置し、あえて危険を冒すことなく現在のシェアを守ろうとする企業です。業界リーダーに追随し、価格や製品での新規性を持たず合理的な経営を志向します。フォロワーの基本戦略方針は、リーダーや他企業に対しての「模倣戦略」が主となりますが、競合企業からの報復を避ける必要があります。[4] ニッチャーの特徴ニッチャーは、業界の他の企業が見過ごすか無視している小さなセグメントに注力する企業です。市場シェアは小さくても成長が期待できる特定の領域で独自の地位を築こうとします。ニッチャーの基本戦略方針は、集中による特定市場での「ミニリーダー戦略」で、製品および価格は高めを狙い、高収益を目指します。

    答え

    • ニッチャー
    • 誤答選択肢 リーダー
    • チャレンジャー
    • フォロワー

    解説

  • 15

    マーケティング・プロセスにおいて、最も適切と考えられる実行順序を答えよ。

    補足(例文と訳など)

    • マーケティング・プロセスとはマーケティングを実施する順序のことであり、主に以下のような順序で実施される。①環境分析②市場細分化③ポジショニング④マーケティング・ミックス⑤実行・検証効果的なマーケティングには、適切な標的顧客(ターゲット)の設定が必要です。そのためには、まず環境分析を行い、多様なニーズが存在する市場を適切な基準によって細分化する必要があります。次に標的とすべき市場を設定(ポジショニング)し、具体的なマーケティングの戦術としてマーケティングミックス(4P)の構築を行います。

    答え

    • 環境分析→市場細分化→ポジショニング→マーケティング・ミックス→実行・検証
    • 誤答選択肢 環境分析→市場細分化→マーケティング・ミックス→ポジショニング→実行・検証
    • 環境分析→ポジショニング→市場細分化→マーケティング・ミックス→実行・検証
    • 環境分析→マーケティング・ミックス→ポジショニング→市場細分化→実行・検証

    解説

  • 16

    マーケティングの4Pにおいて、販売経路や物流に関する戦略を何というか?

    補足(例文と訳など)

    • マーケティングの機能は、大まかに分類するとつぎの4つの機能要素に分類される。各要素は、マーケティング全体の最小単位をなすものであり、この要素の組み合わせができ、コントロール可能なマーケティング機能要素戦略の集合をマーケティングミックスと言う。【マーケティングの4P】①製品戦略(Product)・・・・・・・製品に関する開発等の戦略②価格戦略(Price)・・・・・・・価格に関する戦略③プロモーション戦略(Promotion)・・広告や宣伝などのコミュニケーションに関する戦略④チャネル戦略(Place)・・・・・販売経路や物流に関する戦略

    答え

    • チャネル戦略
    • 誤答選択肢 物流戦略
    • 立地戦略
    • 製品戦略

    解説

  • 17

    イノベーター理論において消費者の5つの区分の間には溝(クラック)があり、中でも「【 ? 】」との間には「深く大きな溝(キャズム)」があるとされる。

    補足(例文と訳など)

    • M・ロジャーズが提唱したイノベーター理論では、消費者は以下の5つに分類される。1.「イノベーター(革新者/2.5%)」2.「アーリーアダプター(初期採用者/13.5%)」3.「アーリーマジョリティ(前期追随者)」4.「レイトマジョリティ(後期追随者)」5.「ラガード(遅滞者)」新製品や新サービスは、「イノベーター」と「アーリーアダプター」を合わせた16%の層に受け入れられた段階で、急速に普及していくとした。A・ムーアは、利用者の行動様式に変化を強いるようなハイテク製品においては、5つの区分の間には溝(クラック)があり、中でも「アーリーアダプター」と「アーリーマジョリティ」との間には「深く大きな溝(キャズム)」があるとした。その理由は、「イノベーター」や「アーリーアダプター」は流行に敏感で他人と異なることを良しとして、積極的に新しい製品を採用する傾向にあるのに対し、「アーリーマジョリティ」は安定や安心を重視しており、多くの人が採用していることに安心感をもつ傾向にある。そのため両者の要求は根本的に異なっており、新製品や新サービスが「アーリーアダプター」の段階から「アーリーマジョリティ」へと移行するためには、マーケティングのアプローチを変えていく必要があるとした。

    答え

    • アーリーアダプターとアーリーマジョリティ
    • 誤答選択肢 イノベーターとアーリーアダプター
    • アーリーマジョリティーとレイトマジョリティー
    • アーリーアダプターとラガード

    解説

  • 18

    経営指標において、企業の効率性を判断するための指標はどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 経営指標は大きくわけて次の3種類に分類され、この経営指標により企業の状況を判断することができる。企業の効率性を判断する指標は、企業の投入に対する産出がどれくらい効率的にされているかを分析するものである。【主な経営指標】1.収益性 総資本経常利益率、売上高総利益率、売上高営業利益率、売上原価率2.効率性 総資本回転率、固定資産回転率、流動資産回転率3.安全性 自己資本比率、負債比率、固定比率、流動比率、固定長期適合率

    答え

    • 流動資産回転率
    • 誤答選択肢 売上原価率
    • 負債比率
    • 自己資本比率

    解説

  • 19

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ