zuknow learn together

新しい教材を作成

植民地の拡大と深まる国家の対立

カード 14枚 作成者: めぐすり (作成日: 2015/02/17)

  • 19世紀後半の重化学工業を中心として、電力・石油を動力源として用いるようになった技術革新

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    19世紀後半の重化学工業を中心として、電力・石油を動力源として用いるようになった技術革新

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第2次産業革命

    解説

  • 2

    第二次産業革命の結果、巨大な銀行資本と産業資本が結合して生まれた独占資本

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金融資本

    解説

  • 3

    19世紀末以降、独占資本主義の段階に達した欧米列強の経済的・軍事的膨張主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 帝国主義

    解説

  • 4

    フランス人レセップスが指揮し、1869年に完成し、ヨーロッパとアジアの距離を短縮するとともに、その出費でエジプト政府の財政破綻の要因ともなった交通路

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スエズ運河

    解説

  • 5

    ベルギーのコンゴ領有をめぐる列強の利害対立を機に、1884〜85年ビスマルクが主催し、アフリカ分割の原則を定めた会議

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベルリン会議

    解説

  • 6

    アフリカで縦断政策を進めるイギリスと、横断政策を進めるフランスがスーダンで衝突した事件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファショダ事件

    解説

  • 7

    オランダ系移民の子孫が建国したトランスヴァール共和国・オレンジ自由国に対してイギリスが1899年におこした帝国主義的侵略戦争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボーア戦争

    解説

  • 8

    イギリス推進のカイロ・ケープタウン・カルカッタを結ぶ帝国主義政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3C政策

    解説

  • 9

    ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世による海軍力増強と積極的対外政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界政策

    解説

  • 10

    ドイツ推進のベルリン・ビザンティウム・バグダードを結ぶ帝国主義的政策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3B政策

    解説

  • 11

    ロシアがフランス資本を導入して1890年代に着工した、ヨーロッパ・ロシアと極東を結ぶ世界最長の鉄道

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シベリア鉄道

    解説

  • 12

    キューバの反乱をきっかけに、1898年にアメリカ合衆国が太平洋・カリブ海へ進出する結果となった戦争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米西戦争

    解説

  • 13

    1914年にアメリカ合衆国が完成させた運河

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パナマ運河

    解説

  • 14

    1899年、アメリカ合衆国国務長官ジョン・ヘイが、中国市場への参入をはかるために発した宣言

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 門戸開放宣言

    解説

56560

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ