zuknow learn together

新しい教材を作成

経済用語ランダム10選 30

カード 10枚 作成者: umekichi (作成日: 2013/10/30)

  • アレルギー物質 allergy-causing substance

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アレルギー物質 allergy-causing substance

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定の人が食べると血圧効果、呼吸困難、じんましんなどのアレルギー症状を起こす原因となる物質。2001年4月に食品衛生管理法の施行規則が改正され、加工食品に表意義務が課された。小麦、そば、卵、乳、落花生の5品のいずれかを含む場合は必ず表示。イカや大豆など20品目に関しても可能な限り表示することが望ましいとされている。消費者にとっては安全確認の手段が増えたが、メーカーにとっては検査体制の構築など負担も大きく、対応しきれないケースも出ている。

    解説

  • 2

    グリーン税制 green tax plan

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境保護の考え方を盛り込んだ税制

    解説

  • 3

    金利先物取引 interest-rate futures

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従来、商品で実施されてきた先物取引を金利に応用した取引

    解説

  • 4

    インサイダー取引 insider trading

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の社員や役員、大株主などがその職務や地位により得た一般には未公開の情報を利用して自社株などを売買すること

    解説

  • 5

    格付け rating

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 債権、コマーシャルペーパー(CP)、資産担保証券(ABS)などの元本、利子の支払いの確実性の度合いを「AA」「BBB」といった簡単な記号で示したもの。「A」以上なら債権不履行となるリスクは低く、「BB」以下ならリスクが高い

    解説

  • 6

    基軸通貨 key currency

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際貿易の決済や金融取引の基軸となる特定国の通貨で、もともとは米国のドルや英国のポンドをさし、米英両国を基軸通貨国といった

    解説

  • 7

    グロース株 growth stock

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高い技術力や社会の構造変化などを拝啓に、景気変動とは無関係に一定期間高い利益成長を期待できる株式

    解説

  • 8

    インデックスファンド index fund

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東証株価指数や日経平均株価、日系株価指数300など株価指数と連動するように組み入れ銘柄を選び、常に市場平均並みの運用成果を上げることをえらった投資信託

    解説

  • 9

    ガスの小売自由化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域独占が続いていた都市ガス市場を電力など他の業種の企業に開放すること

    解説

  • 10

    開業率 new-business opening rate

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定の期間中に開業いた事務所数の年平均を総事務所数で除した比率

    解説

56916

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ