zuknow learn together

新しい教材を作成

工学18

カード 10枚 作成者: yohey (作成日: 2013/12/25)

  • コード網羅率コードカバレッジは、( )で用いられる尺度の1つである。プログラムのソースコードがテストされた割合を意味する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    コード網羅率コードカバレッジは、( )で用いられる尺度の1つである。プログラムのソースコードがテストされた割合を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフトウェアテスト

    解説

  • 2

    オープンソースの ATL 開発ツールキット( )が Eclipse Model-to-Model Transformation Project から出ており、MOF QVT を実装している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラグイン

    解説

  • 3

    Object Management Group は、分散オブジェクト指向システムの標準化を目的として設立された( )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンソーシアム

    解説

  • 4

    メタモデリングは「メタ」であるが故に、その活動とメタモデルは、メタ科学、メタ哲学、メタ理論、( )などで研究されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般システム理論

    解説

  • 5

    ペアプログラミングは、2人の( )が1台のワークステーションを使って共同でソフトウェア開発を行う手法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラマ

    解説

  • 6

    モデル駆動型アーキテクチャとは、Object Management Group が2001年に公式に発表したソフトウェア設計手法である。MDA はソフトウェアシステムにおける( )サポートを意図したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モデル駆動工学

    解説

  • 7

    MapReduceはコンピューター機器のクラスター上で、巨大なデータセットに対し分散並列処理を行うのを支援する目的で、Googleによって考案された( )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフトウェアフレームワーク

    解説

  • 8

    メモリデバッガとは、動的メモリの確保や開放により生じる( )やバッファオーバーランなどのバグを探し出すためのプログラミングツールである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリリーク

    解説

  • 9

    ユーザー機能駆動開発は、反復的ソフトウェア開発工程の一種。( )手法の1つでもある。FDD は業界におけるいくつかのベストプラクティスを混合したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アジャイルソフトウェア開発

    解説

  • 10

    エスケープ解析とは、コンパイラ最適化理論において、ポインタの動的なスコープを特定するための方法である。エスケープ解析は、ポインタ解析や( )と関連している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シェープ解析

    解説

56687

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ