zuknow learn together

新しい教材を作成

工学17

カード 10枚 作成者: yohey (作成日: 2013/12/25)

  • 機械材料とは、機械を構成する( )に必要とされる要件を備えた材料の総称であり、機械に必要とされる機能、強度、使用環境などに照らして、各材料の持つ特性を加味して選定される。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    機械材料とは、機械を構成する( )に必要とされる要件を備えた材料の総称であり、機械に必要とされる機能、強度、使用環境などに照らして、各材料の持つ特性を加味して選定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部品

    解説

  • 2

    示差走査熱量測定は、測定試料と基準物質との間の熱量の差を計測することで、融点やガラス転移点などを測定する( )の手法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱分析

    解説

  • 3

    レオロジーとは、物質の変形および流動一般に関する学問分野である。レオロジーという用語は、( )の有名な言葉"panta rhei"「万物は流転する」による造語で、ユージン・ビンガムによる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘラクレイトス

    解説

  • 4

    心臓、肺、( )、腎臓などの機能が損なわれると種々の病気になり、重い場合には生命の危機に晒される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 5

    機械材料または構造材料において物体の強度を低下させる。絶縁体の( )や耐湿性を低下させる。物体の表面積を大きくする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電気抵抗

    解説

  • 6

    材料工学においてき裂とは、材料に生じた( )で、その先端の局所的な領域で原子面の分離が生じた破壊の状態をいう。弾性論の観点からは、先端部の曲率半径が半径0である切り欠きとみなせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欠陥

    解説

  • 7

    強度は、材料の機械的性質などを示す概念、あるいは材料に( )が加えられたときの変形挙動を表す指標。機械的強度とも呼ばれる。一般には引張強さのことを指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 応力

    解説

  • 8

    片浦プロットは、21世紀におけるカーボンナノテクノロジー分野の新しい専門用語である。( )は、主要な光学応答遷移のエネルギーがカーボンナノチューブの直径に依存することを明示した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片浦弘道

    解説

  • 9

    応力拡大係数とは、( )において、き裂の先端付近の応力状態をより正確に予想するために使われる係数である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 破壊力学

    解説

  • 10

    板状の素材に孔を開ければ、( )をあまり損なわずに必要な材料を減らすことができる。孔の大きさや数をどんどん増やせば、最終的には棒材による構造が残る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強度

    解説

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ