zuknow learn together

新しい教材を作成

工学16

カード 10枚 作成者: yohey (作成日: 2013/12/25)

  • 仮焼とは、原料を( )させるために、あらかじめ原料に含まれる炭酸や硝酸を離脱させて、原料を酸化させること。本焼温度よりも低い温度で仮焼を行うことが多い。仮焼と仮焼きはどちらでもよい。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    仮焼とは、原料を( )させるために、あらかじめ原料に含まれる炭酸や硝酸を離脱させて、原料を酸化させること。本焼温度よりも低い温度で仮焼を行うことが多い。仮焼と仮焼きはどちらでもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 焼結

    解説

  • 2

    結晶は絶対零度でないかぎり空孔が存在したほうが安定である。これを熱力学的に見る。自由エネルギーFは、内部エネルギーをU、( )をSとすると次のようになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エントロピー

    解説

  • 3

    腐食とは、化学・生物学的作用により外見や機能が損なわれた物体やその状態をいう。特に金属は化学的な腐食を受けやすく、腐食による生成物は一般的に( )と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    せん断破壊とは、( )によって引き起こされる破壊。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せん断応力

    解説

  • 5

    国際核融合材料照射施設は( )での使用に適した材料を試験するための国際科学研究プログラムである。幅広いアプローチ協定の一部。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 核融合炉

    解説

  • 6

    せん断力とは、( )内部でずれを生じさせる力である。平行で逆向きの2つの力によって、部材内のある断面にすべりやずれが生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物体

    解説

  • 7

    耐燃性とは、主に合成樹脂などの有機化合物が炎に直接さらされた際に、( )に対して抵抗する性質をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 燃焼

    解説

  • 8

    ドープ またはドーピング とは、結晶の物性を変化させるために少量の( )を添加すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不純物

    解説

  • 9

    点欠陥は( )の一種である。結晶物質を構成する原子は規則的な配列を持つが、完全に規則正しくならんでいるということはなく様々な欠陥が含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 格子欠陥

    解説

  • 10

    ひずみとは、材料工学・( )において材料の形状変化のことを言う。垂直に変化するひずみを垂直ひずみ、せん断に起きるひずみをせん断ひずみという。歪みは記号 で表記される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 材料力学

    解説

56674

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ