zuknow learn together

新しい教材を作成

USCPA FAR1-3 chapter2

カード 86枚 作成者: 小松竜之介 (作成日: 2015/02/11)

  • balance sheet


    financial position at the end of the period.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    balance sheet

    補足(例文と訳など)

    • financial position at the end of the period.
    • 当期末における財政状態

    答え

    • 貸借対照表

    解説

    ある一時点における企業の資産・負債・持ち分情報などを提供する、財務諸表のひとつ

  • 2

    income statement / statement of comprehensive income

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損益計算書 及び 包括利益計算書

    解説

    当該会計期間における当期純利益(earnings (net income) for the period)及び包括利益(comprehensive income for the period)を表示する、財務諸表のひとつ

  • 3

    statement of cash flows

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッシュ・フロー計算書

    解説

    当該会計期間におけるキャッシュ・フロー(cash flows during the period)の変動について表示する、財務諸表のひとつ

  • 4

    statement of stockholders equity

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式持分計算書

    解説

    当該会計期間における所有者からの投資と所有者への分配(investments by and distributions to owners during the period)を表示する、財務諸表のひとつ

  • 5

    annual report

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 年次報告書

    解説

    公開企業(public company)は作成を義務付けられる。財務諸表に加え、会計方針及びその他の注記(notes)等も含める。

  • 6

    consolidated financial statements

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連結財務諸表

    解説

    親会社と子会社の個別財務諸表(separate financial statements)の数値を合算・調整したもの

  • 7

    a full set of financial statements for a period

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務諸表の完全な一式

    解説

    SFAC5では ①貸借対照表②損益計算書及び包括利益計算書③キャッシュ・フロー計算書④株主持分計算書 を完全な一式としている。一方IFRSではこれに加え、⑤注記⑥遡及適用・遡及修正時の表示方法 が定められている。

  • 8

    comparative financial statement

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較財務諸表

    解説

    変化の傾向を明確にするため、 ①貸借対照表は直近の2会計期間 ②その他の財務諸表は貸借対照表日に終了する3つの会計期間 の表示が望ましいとされる。

  • 9

    retrospective application

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遡及的適用

    解説

    会計原則の変更などを行った際、過去の財務諸表についても数値の修正を行い、比較可能性を高めること。

  • 10

    by function

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能別

    解説

    費用の表示方法のひとつ。損益計算書において、費用を売上原価や販売費・管理費などの分類で表示する。SECはこちらで表示することを求めている。IFRSでは機能別と性質別(by nature)を選択することができる。性質別は、減価償却費・原材料・給与などで分けて表示する方法。

  • 11

    net income

    補足(例文と訳など)

    • A measure of financial performance resulting from the aggregation of revenues, expenses, gains, and losses that are not items of other comprehensive income.
    • その他の包括利益の項目ではない収益、費用、利得、損失およびそれらの合計額から発生する財務成績の指標

    答え

    • 当期純利益

    解説

    収益・費用・利得・損失の合計値。株主への配当はここから行われる。

  • 12

    other comprehensive income

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その他の包括利益

    解説

    企業が保有する資産・負債の時価の変動額。長期で保有したり、現金化されにくいものが対象であるため、実現可能性が低い⇨配当もとにはならない。

  • 13

    gross margin

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 売上総利益

    解説

    売上(sales revenue)から売上原価(cost of sales/ cost of goods sold)を引いたもの。

  • 14

    operating income

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業利益

    解説

    売上総利益(gross margin)から営業費用(operating expenses/SG&A)を引いたもの。

  • 15

    operating expenses / SG&A

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業費用

    解説

    販売費(selling expenses)と一般管理費(general and administrative expenses)から構成される。

  • 16

    selling expenses

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 販売費

    解説

    商品の販売を促進する費用

  • 17

    advertising expense

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広告宣伝費

    解説

    代表的な販売費

  • 18

    freight-out

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支払運送料

    解説

    代表的な販売費 freight-inは仕入原価に含まれるので注意

  • 19

    commissions

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 販売手数料

    解説

    代表的な販売費

  • 20

    sales representative salaries

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業担当者への給与

    解説

    代表的な販売費

  • 21

    general and administrative expenses; G&A

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般管理費

    解説

    企業全般の管理に必要とされる費用

  • 22

    insurance expense

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支払保険料

    解説

    代表的な一般管理費

  • 23

    legal fee , accounting fee , audit fee

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法律・会計・監査費用

    解説

    代表的な一般管理費

  • 24

    officers' salaries

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 役員報酬

    解説

    代表的な一般管理費

  • 25

    rent expense

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支払家賃

    解説

    事務所スペースを営業部と経理部で使用しているような場合は、使用面積や人員で按分する。

  • 26

    other revenues

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その他の収益

    解説

    営業外の収益のこと。本業以外の収益。

  • 27

    interest revenue

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受取利息

    解説

    代表的なその他の収益(other revenues)

  • 28

    dividend revenue

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受取配当金

    解説

    代表的なその他の収益(other revenues)

  • 29

    rent revenue

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受取家賃

    解説

    代表的なその他の収益(other revenues)※不動産を本業としていない企業に限る。

  • 30

    other expenses

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その他の費用

    解説

    営業外の費用のこと。本業以外の費用。

  • 31

    interest expenses

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支払利息

    解説

    代表的なその他の費用

  • 32

    gains

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その他の利得

    解説

    営業外の収益のうち、発生が稀(infrequent in occurrence)または異常な性質を有する(unusual in nature)もの。

  • 33

    gain on sale of property, plant, and equipment

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有形固定資産売却益

    解説

    代表的なその他の利得

  • 34

    gain on sale of marketable securities

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投資有価証券売却益

    解説

    代表的なその他の利得

  • 35

    losses

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その他の損失

    解説

    営業外の費用のうち、発生が稀(infrequent in occurrence)または異常な性質を有する(unusual in nature)もの。

  • 36

    loss from sale of property, plant, and equipment

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有形固定資産売却損

    解説

    代表的なその他の損失

  • 37

    loss from sale of marketable securities

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投資有価証券売却損

    解説

    代表的なその他の損失

  • 38

    impairment loss

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減損損失

    解説

    代表的なその他の損失

  • 39

    income(or loss) from continuing operations before tax

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 税引前継続事業による利益(または損失)

    解説

    営業外の収益費用を加算減算したあとの利益

  • 40

    [beginning balance of stockholder's equity] + [net income] + [other comprehensive income] - [dividends] + [other changes in equity and adjustments] = ending balance of stockholder's equity]

    補足(例文と訳など)

    • Statement of Stockholder's equity

    答え

    • 「期首の株主持分」+「当期純利益」+「その他の包括利益」ー「配当金」±「その他の資本変動・調整額」=「期末の株主持分」

    解説

    株主持分計算書の仕組み。「その他の資本変動・調整額」の増加要因例は「払込資本(paid-in capital)」、減少要因例は「自己株式の取得」

  • 41

    Discontinued Operations

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非継続事業

    解説

    非継続事業はBS上、継続事業とは区分して表示しなければいけない。非継続事業と分類するには2つの前提と2つの条件を満たす必要がある。前提1:対象の事業部門が企業の構成要素(component of an entity)である。 前提2:処分済みか売却目的保有に分類されている。 条件1:処分後、構成要素のキャッシュフローが消滅する。 条件2:処分後、当該構成要素には関与しない。

  • 42

    held-for-sale

    補足(例文と訳など)

    • 6つの条件を満たす必要がある。

    答え

    • 売却目的保有

    解説

    売却目的として分類するには以下の6つの定義を満たす必要がある。①経営者が承認している ②直ちに売却が可能 ③売却に向けての計画がスタートしている ④1年以内に売却される可能性が高い ⑤売却価格が合理的である ⑥計画の変更や撤回の可能性が低い

  • 43

    component of an entity

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の構成要素

    解説

    事業部門が生み出すキャッシュフローが、その他の事業体から明確に区分されているとき、それらを企業の構成要素と呼ぶ。例)事業セグメント、子会社、資産グループ

  • 44

    measurement date

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 測定日

    解説

    事業活動の廃止を決定した日

  • 45

    diposal date

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処分日

    解説

    事業が廃止された日

  • 46

    phase-out period

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 段階的除却期間

    解説

    測定日から処分日までの期間

  • 47

    income or loss from discontinued operations

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非継続事業による損益

    解説

    ①期首から処分日までの営業活動による損益。 ②処分にかかる損益(gain or loss on disposal)。の二つに分けられる。これらの合計額のこと

  • 48

    gain or loss on disposal

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処分損益

    解説

    減損損失(impairment loss)と売却損益(gain or loss on sale)に分けられる。これらの合計額のこと。

  • 49

    Extraordinary item

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異常項目

    解説

    2つの条件を共に満たす必要あり。①異常な性質を有する(unusual in nature) ②発生が稀(infrequent in occurrence)

  • 50

    unusual in nature

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異常な性質を有する

    解説

    経営者の管理・予測の範疇を超えている

  • 51

    infrequent in occurrence

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発生が稀である

    解説

    再発の可能性が極めて低い

  • 52

    casualties

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天然災害

    解説

    異常項目(extraordinary item)の代表例

  • 53

    expropriations

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資産などの強制収用

    解説

    異常項目(extraordinary item)の代表例

  • 54

    prohibition under a newly enacted law or regulation

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新しい法律・規制に基づく禁止令

    解説

    異常項目(extraordinary item)の代表例

  • 55

    effects of strikes

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストライキの影響

    解説

    以上項目(extraordinary item)には該当しない。2条件を満たしていないため

  • 56

    gain or losses from sale or abandonment of PP&E

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有形固定資産の売却・除却損

    解説

    以上項目(extraordinary item)には該当しない。2条件を満たしていないため

  • 57

    write-sowns or write-off of receivables and inventories

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 債権や棚卸資産の評価下げまたは消却に伴う損失

    解説

    以上項目(extraordinary item)には該当しない。2条件を満たしていないため

  • 58

    foreign currency gains or losses

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 為替差損益

    解説

    以上項目(extraordinary item)には該当しない。2条件を満たしていないため

  • 59

    [IFRS] extraordinary item

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IFRSにおいては異常項目の表示は禁止されている

    解説

  • 60

    disclosure of accounting polocies

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会計方針の開示

    解説

    会計要素の評価方法や計算方法は注記(notes)で開示しなければならない

  • 61

    consolidation basis

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 連結の方針

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 62

    depreciation methods

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減価償却の方法

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 63

    amortization of intangibles

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無形資産の償却方法

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 64

    inventory valuation

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棚卸資産の評価方法

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 65

    revenue recognition basis

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益の認識基準

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 66

    translation of foreign currencies

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外貨の換算方法

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 67

    franchising and leasing activities

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランチャイズ及びリース活動

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 68

    range of cash equivalents

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現金同等物の範囲

    解説

    主要な開示項目のひとつ

  • 69

    related parties

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関連当事者

    解説

    CEO,CFO,主要株主など企業に対して大きな影響力を及ぼすもの。それらの家族。関連当事者との取引は開示する必要がある。ただし、①給与②連結消去される取引 については例外的に開示不要。

  • 70

    disclosure of significant risks and uncertainties

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要なリスクと不確実性についての開示

    解説

    4つのリスクと不確実性について開示の必要がある。

  • 71

    nature of operations

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業の性質

    解説

    主要な製品・サービス(major products and services)や主要な参入市場(principal market served)、複数業界に参入しているときはそれぞれの相対的な重要性を開示する必要あり

  • 72

    use of estimates in the preparation of financial statements

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務諸表作成にあたって見積もりが用いられている事実

    解説

  • 73

    certain significant estimates

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重要な見積項目

    解説

    ①見積もりが変化する可能生が高い ②その変化が財務諸表に与える影響が重大 である場合はその見積もり内容を開示する必要あり。

  • 74

    current vulnerability due to concentrations

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現時点の、集中における脆弱性

    解説

    売上が一部の 顧客、地域、サービス に集中しているような場合は、その集中について開示の必要あり

  • 75

    subsequent events

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後発事象

    解説

    貸借対照表日より後だが、財務諸表の公表日または公表が可能となった日より前に起こった重要な事象のこと。財務諸表に認識される事象とされない事象の大きく2つに分類される

  • 76

    recognized events

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務諸表に認識される事象

    解説

    貸借対照日時点ですでに存在していた事象の場合は、財務諸表の遡及修正が求められる。例1)取引先の倒産による売掛金の回収不能。例2)裁判による敗訴。

  • 77

    unrecognized events

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財務諸表に認識されない事象

    解説

    貸借対照表日時点で存在していなかったが、公表日前に起こった事象。注記開示が必要な場合がある。例)突然の自然災害、交通事故による役員の死亡

  • 78

    [IFRS] subsequent events

    補足(例文と訳など)

    答え

    • [IFRS]後発事象

    解説

    IFRSにおいては、貸借対照表日から公表が可能となった日までに発生した事象が後発事象となる。※公表日までではない。

  • 79

    fair value

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公正価値

    解説

    市場(market)において、資産を売却して受け取る価格、負債を移転するために支払う価格のこと

  • 80

    market

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場

    解説

    主要な市場での取引を前提とする。主要な市場がない場合は、企業にとって最も有利な市場を採用する。

  • 81

    market participants

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場参加者

    解説

    市場参加者は、①事業と独立している。②取引に関する知識と理解を有する。③取引が実行可能で、意志がある。という3つの前提を満たす必要がある。

  • 82

    valuation techniques

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公正価値の評価技法

    解説

    公正価値(fair value)を見積もる際には3つの評価技法(また、それらを組み合わせた技法)が用いられる。①市場アプローチ(market approach)②収益アプローチ(income approach)③コスト・アプローチ(cost approach)

  • 83

    market approach

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市場アプローチ

    解説

    公正価値(fair value)の評価技法のひとつ。同一または類似するものの市場価格を用いる。

  • 84

    income approach

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益アプローチ

    解説

    公正価値(fair value)の評価技法のひとつ。将来の利益やCFの割引前現在価値を用いる。

  • 85

    cost approach

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コスト・アプローチ

    解説

    公正価値(fair value)の評価技法のひとつ。代替資産の再調達原価を用いる

  • 86

    fair value hierarchy

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公正価値のヒエラルキー

    解説

    評価技法に用いるインプットには優先順位がある。①同一物の、市場における相場 ②類似品の市場における相場 ③企業内での見積もり評価  の順に優先順位が高い

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ