zuknow learn together

新しい教材を作成

文学(作品の冒頭から作品名を当てる)

カード 20枚 作成者: emi (作成日: 2013/12/25)

  • 其日は朝から雨だつた。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    其日は朝から雨だつた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 志賀直哉 『焚火』 

    解説

  • 2

    或日の暮方の事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芥川龍之介 『羅生門』

    解説

  • 3

    私(わたくし)は其人(そのひと)を常に先生と呼んでゐた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏目漱石 『こころ』

    解説

  • 4

    それらの夏の日々、一面に薄(すすき)の生ひ茂つた草原の中で、お前が立つたまま熱心に絵を描いてゐると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木陰に身を横たへてゐたものだつた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 堀  辰雄 『風立ちぬ』

    解説

  • 5

    尾形信吾は少し眉を寄せ、少し口をあけて、なにか考へてゐる風だつた。他人には、考へてゐると見えないかもしれぬ。悲しんでゐるやうに見える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 川端康成 『山の音』

    解説

  • 6

    越後の春日(かすが)を経て今津へ出る道を、珍らしい旅人の一群が歩いてゐる。母は三十歳を踰(こ)えたばかりの女で、二人の子供を連れてゐる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 森  鷗外 『山椒太夫』

    解説

  • 7

    烈しい西風が目に見えぬ大きな塊をごうつと打ちつけては又ごうつと打ちつけて皆痩こけた落葉木の林を一日苛(いぢ)め通した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長塚  節 『土』

    解説

  • 8

    「ではみなさんは、さういふふうに川だと云はれたり、乳の流れたあとだと云はれたりしてゐた、このぼんやりと白いものがほんたうは何かご承知ですか。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』

    解説

  • 9

    野島が初めて杉子に会つたのは帝劇の二階の正面の廊下だつた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 武者小路実篤 『友情』

    解説

  • 10

    朝、食堂でスウプを一さじ、すつと吸つてお母さまが、「あ。」と幽かな叫び声を  お挙げになつた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太宰  治 『斜陽』 

    解説

  • 11

    この春、僕はまへから一種の憧れをもつてゐた馬酔木(あしび)の花を大和路のいたるところで見ることができた。  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 堀  辰雄 『浄瑠璃寺の春』

    解説

  • 12

    羅馬(ロオマ)に往きしことある人はピアツツア・バルベリイニを知りたるべし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 森  鷗外 『即興詩人』

    解説

  • 13

    私は自分の仕事を神聖なものにしようとしてゐた。ねぢ曲らうとする自分の心をひつぱたいて、出来るだけ伸び伸びした真直な明るい世界に出て、そこに自分の芸術の宮殿を築き上げようと藻掻いてゐた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有島武郎 『生れ出づる悩み』

    解説

  • 14

    フラテ(犬の名)は急に駆け出して、蹄(ひづめ)鍛冶屋の横に折れる岐路のところで、私を待つてゐる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐藤春夫 『西班牙犬の家』

    解説

  • 15

    家を取り壊した庭の中に、白い花をつけた杏の樹がただ一本立つてゐる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横光利一 『旅愁』

    解説

  • 16

    私は頰を打たれた。分隊長は早口に、ほぼ次のようにいった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大岡昇平 『野火』

    解説

  • 17

    えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧へつけてゐた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梶井基次郎 『檸檬』

    解説

  • 18

    今より六七年前、私は或地方に英語と数学の教師を為て居たことが御座います。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国木田独歩 『春の鳥』

    解説

  • 19

    或春の日暮です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芥川龍之介 『杜子春』

    解説

  • 20

    私が自分に祖父のある事を知つたのは、私の母が産後の病気で死に、その後二月程経つて、不意に祖父が私の前に現はれて来た、その時であつた。私の六歳(むつつ)の時であつた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 志賀直哉 『暗夜行路』 

    解説

56642

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ