zuknow learn together

新しい教材を作成

東洋医学概論

カード 43枚 作成者: やまけん (作成日: 2015/02/11)

  • 各臓腑の機能(5つ)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    各臓腑の機能(5つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心(心包)の機能 肝の機能 脾の機能 肺の機能 腎の機能

    解説

  • 2

    心(心包)の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心は神を蔵する 心は血脈を主る 心の状態は顔面の色やつやに反映する 心は舌に開窮する 心の液は汗である 心包は心の外衛である

    解説

  • 3

    肝の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝は魂を蔵する 肝は血を蔵する 肝は筋(=腱)を主る 肝の状態は爪に反映する 肝は目に開窮する 肝の液は涙である

    解説

  • 4

    脾の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脾は営を蔵する 脾は肌肉を主る 脾は口に開窮する 脾の状態は唇に反映する 脾は津液を作り出す 脾の液は涎である

    解説

  • 5

    肺の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺は気を主る 肺は肌毛を主る 肺は鼻に開窮する 肺の液は涕である

    解説

  • 6

    腎の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎は精を蔵する 腎は津液を主る 腎は骨を主る 腎の状態は髪に反映する 腎は耳とニ陰に開窮する 腎の液は唾である

    解説

  • 7

    外因の性質(6つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風 寒 暑 湿 燥 火

    解説

  • 8

    風の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節:春 五行:木 五臓:肝 イメージ:軽い,高く舞いあがる 遊走性,揺り動かす

    解説

  • 9

    寒の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節:冬 五行:水 五臓:腎 イメージ:冷える,流れが止まる,縮まる

    解説

  • 10

    暑の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節:夏 五行:火 五臓:心 イメージ:炎天下,蒸し暑い,蒸発

    解説

  • 11

    湿の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節:長夏 五行:土 五臓:脾 イメージ:下方へ流れる,汚く汚れる,重い

    解説

  • 12

    燥の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節:秋 五行:金 五臓:肺 イメージ:乾燥する,潤いがなくなる

    解説

  • 13

    火の性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節:なし(五行論では夏) 五行:火 五臓:心 イメージ:熱く燃え上がる,熱風が吹き上がる

    解説

  • 14

    奇恒(きこう)の腑(6つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形態は腑に似ているが、性質や働きは臓に似ている臓腑 骨 髄 脳 脈 胆 女子胞

    解説

  • 15

    骨の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄の腑

    解説

  • 16

    髄の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨の充

    解説

  • 17

    脳(髄海)の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神思惟を主る

    解説

  • 18

    脈(血脈)の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血の腑

    解説

  • 19

    胆の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精汁を蔵する

    解説

  • 20

    女子胞の機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 月経と妊娠を主る

    解説

  • 21

    経絡の基本的機能(3つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気血の運行・陰陽の協調 証候の反映 刺激を伝達・虚実の調整

    解説

  • 22

    気血の運行・陰陽の協調

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生理的には、気血津液を運行・運営し、陰陽のバランスを調整する働き

    解説

  • 23

    証候の反映

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病理的には証候を症状として全身に反映し、疾病に抵抗する機能を運ぶ働き

    解説

  • 24

    刺激を伝達・虚実の調整

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疾病の予防・治療面では刺激を伝達し、全身の虚実のバランスを調整する働き

    解説

  • 25

    奇経八脈(8つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十二経脈の間にあって、総合調節の作用を果たす 正経のような法則性を持たない脈のこと 陰維脈 陽維脈 陰蹻脈 陽蹻脈 督脈 任脈 衝脈 帯脈

    解説

  • 26

    陰維脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 諸陰経を維ぐ 陰経を主る

    解説

  • 27

    陽維脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 諸陽経を維ぐ 陽経を主る

    解説

  • 28

    陰蹻脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 五臓を主る 目を潤して栄養し、眼瞼の開閉及び下肢の運動に主る

    解説

  • 29

    陽蹻脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 六腑を主る

    解説

  • 30

    督脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身の陰経を総括している 陰脈の海 体の腹面を主る

    解説

  • 31

    任脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身の陽経を総括している 陽脈の海 体の背面を主る

    解説

  • 32

    衝脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 諸経の気血を総括する 経絡の海 五臓六腑を主る

    解説

  • 33

    帯脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陰陽諸経を束ねる 十二経を主る

    解説

  • 34

    内因の七情と損傷する五臓と気機の乱れ(7つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喜→心→気緩む 怒→肝→気上る 思→脾→気結す 悲→肺→気消る 憂→肺→気消る 恐→腎→気下る 驚→腎→気乱れる

    解説

  • 35

    経脈の気血の量(6つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陽→常に血多く、気少い 少陽→常に血少なく、気多い 陽明→常に血多く、気多い 少陰→常に血少なく、気多い 闕陰→常に血多く、気少い 太陰→常に血少なく、気多い

    解説

  • 36

    病因(3つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外因 内因 不内外因

    解説

  • 37

    外因(六渓)(6つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風 寒 暑 湿 燥 火

    解説

  • 38

    内因(七情)(7つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喜 怒 思 悲 憂 恐 驚

    解説

  • 39

    不内外因(4つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飲食 労倦 房事 外傷

    解説

  • 40

    三焦(3つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上焦 中焦 下焦

    解説

  • 41

    上焦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部位:横隔膜から上部 作用:体温調節 心・肺

    解説

  • 42

    中焦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部位:横隔膜から臍まで 作用:気・血・津液の調節 脾・胃・肝・胆

    解説

  • 43

    下焦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部位:臍から下部 作用:輸瀉 腎・膀胱・小腸・大腸

    解説

57064

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ