zuknow learn together

新しい教材を作成

政治学1

カード 30枚 作成者: emi (作成日: 2013/12/25)

  • 安全保障

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    安全保障

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政治学における最重要研究課題の一つ。国際関係学は安全保障研究の産物であり、これを前提とせずして外交は成り立たない。国家は、国民の物理的経済的安全を守ることが義務である。

    解説

  • 2

    陰謀

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隠された戦略。利益を得るために個人または団体が秘密裏に立てる戦略。

    解説

  • 3

    影響力のスフィア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際社会のメンバー(国家)それぞれが、どれほどの範囲において影響力を発揮するかを便宜的に現す(仮想的)面積のこと。一般的に領土もしくは影響力の及ぶ範囲を表す。

    解説

  • 4

    オフェンス・ディフェンス・バランス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実主義の用語。攻撃力と防御力が同程度であれば、力の均衡が達成されるので、どちらも開戦できない状態の事。

    解説

  • 5

    カント的国際主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十八世紀の哲学者イマニュエル・カントによって提言された平和論を、国際安全保障学ではこう呼ぶ。「目的としての平和」を追求するもの。

    解説

  • 6

    グローバリズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界主義の事。人々の国家というシステムを重点に置かない直接な経済的、司法的、政治的交流や協力を論じる理論。

    解説

  • 7

    現実政治

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実主義的な政治を指す。もろもろの政府、民間などの利益団体が、少しでもその影響力を発揮し政策運営を動かそうとする権力闘争のこと。

    解説

  • 8

    権力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政府が国家を運営する際に必要な自国民に対する抑止力のこと。

    解説

  • 9

    (権力の)空洞化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実主義の用語で、軍事的、経済的、政治的覇権国家が衰退したとき、国際的権力構造にぽっかりと穴が空き、それがブラックホールのように他の国家を吸い込み、権力の争奪戦が起こるという考え方。

    解説

  • 10

    (権力の)超空洞化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界的超覇権国家が衰退したとき、世界的な権力の超空洞化が起き、それを巡り世界的な権力の超争奪戦が起こる、もしくは、その超空洞を埋め合わせするために、世界的な権力機関が必要になるというもの。

    解説

  • 11

    肯定的自由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「~をする自由」を指す言葉。

    解説

  • 12

    功利主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「最大多数の最大幸福」の実現こそが、正しい政治理念であるとする政治哲学のこと。

    解説

  • 13

    功利の量的計算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 功利主義の手法。

    解説

  • 14

    国家主権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国の基本的権利を指す。国家主権そのものが国際法の一部。

    解説

  • 15

    国際的無政府

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界政府の存在しない世界のことで、国家主権を超越し、国々の政府に対して強制力のある機関が存在しないため、それぞれの国が好き勝手に行動できる状態のこと。

    解説

  • 16

    国際主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国家間の協力が世界を平和に導くという国際関係学の理論。国際主義は自由主義のように「世界はどう動くか」を説明するよりも、「世界はこうあるべきだ」という主張が強いもの。

    解説

  • 17

    国民国家

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民が国家主権を持ち、国境、国民、政治組織が確立されている国を指す。

    解説

  • 18

    自由至上主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 否定的自由の観点に基づき、政府による人間活動へのあらゆる介入を悪とする政治思想。

    解説

  • 19

    民主主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民の全員が、直接的に政治参加することを理想とするイデオロギー。

    解説

  • 20

    ブローバック理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ブローバック」とはCIAの専門用語で、アメリカ外交政策に反感を覚える発展途上国が、なにかしらの手段を持ってアメリカに復讐する可能性を指摘したもの。

    解説

  • 21

    フリーメイソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界最大の、そしておそらく最も世間に知られている秘密結社。結社の目的は友愛、平等、自由などの概念を普及させること。

    解説

  • 22

    福祉国家主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肯定的自由の観点から、国家が資産の再配分、雇用機会の創出など、国民の面倒を最大限に見てあげるのが善とする、社会主義の亜流的政治思想。

    解説

  • 23

    否定的自由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「~からの自由」を指す。一般的に抑圧者からの脱却を示す。

    解説

  • 24

    発展指向型国家

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本政策分析理論。経済発展を国家第一の目標とし、政府組織全体が通産省(MITI)など主要な官庁の指導の下、堅固な中央集権体制を敷くこと。

    解説

  • 25

    地政学

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際政治学現実主義学派内部の、影響力の強い一分派。

    解説

  • 26

    代理戦争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実主義の考える権力の一つの姿。国家Aが10の利益を勝ち取った場合、国家Bは10の利益を失うという考え方。

    解説

  • 27

    戦争状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国家間もしくは個人の間の物理的衝突のこと。

    解説

  • 28

    セキュリティ・ジレンマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由主義者、及び平和研究学派が現実主義を批判するときによく使う言葉。

    解説

  • 29

    世界抑制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 力ではなく法と協力による、国々が一緒に世界の悪を抑制するシステムの事。

    解説

  • 30

    世界政府

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政治や政策決定の働きとプロセスを説明する理論のこと。

    解説

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ