zuknow learn together

新しい教材を作成

色彩検定3級 色彩心理

カード 33枚 作成者: 猫吉 (作成日: 2015/02/11)

  • 赤、オレンジ、黄など暖かく感じられる色のこと

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    赤、オレンジ、黄など暖かく感じられる色のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暖色

    解説

  • 2

    青緑や青など冷たく感じられる色のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寒色

    解説

  • 3

    緑や紫など暖かくも冷たくも感じない色のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中性色

    解説

  • 4

    近くに見える色のこと。赤、オレンジ、黄など長波長の色。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進出色

    解説

  • 5

    遠くに見える色のこと。青など短波長の色。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後退色

    解説

  • 6

    大きく見える色のこと。白など明度の高い色が大きく見える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膨張色

    解説

  • 7

    小さく見える色のこと。黒など明度の低い色が小さく見える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮色

    解説

  • 8

    黒=カラス、闇などと、ある色からそれと関係するイメージを思い浮かべること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色の連想

    解説

  • 9

    女性トイレは赤、進行の進めは青など、色から受けるイメージの連想が広く一般化したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色の象徴性

    解説

  • 10

    企業のロゴやマークでよく使用されるCIカラーの3色は。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤青緑

    解説

  • 11

    ある色をじっと見た時、白色に目をうつすと見た色と反対の色が見えること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負の残像

    解説

  • 12

    負の残像は補色残像ともよばれ、残像で見える色のことを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心理補色

    解説

  • 13

    色対比の中でも接しておかれた2色のように空間的に近い色の間に生じるもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同時対比

    解説

  • 14

    同じ色に対し、鮮やかな色を見た後ではくすんで見え、無彩色を見た後では鮮やかに見える。この対比のことをなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経時対比

    解説

  • 15

    接する2色のうち明度が高い色がより明るく、明度が低い色がより低く見えること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 明度対比

    解説

  • 16

    接する2色のうち、周辺の色の影響を受けて実際よりも色相の差が大きく見える現象のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色相対比

    解説

  • 17

    接する2色のうち、周辺の彩度の影響を受けて鮮やかに見えたりくすんで見える現象のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 彩度対比

    解説

  • 18

    補色を背景としたとき、彩度が増す現象のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補色対比

    解説

  • 19

    補色対比はまたの名を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補色による彩度対比

    解説

  • 20

    補色対比で2色の関係がより鮮やかに見え、色の境界がギラギラして見える現象のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハレーション

    解説

  • 21

    異なる色が隣接した図形の境界付近で起こる著しい対比現象のこと。境界が強調してみえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縁辺対比

    解説

  • 22

    対比とは逆にある色に別の色を少し挿入することによって挿入した色に近づいて見える現象?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色の同化または同化効果

    解説

  • 23

    鮮やかな有彩色に囲まれたグレイが有彩色の心理補色の色味を帯びて見えること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色陰現象

    解説

  • 24

    同じ色が面積が変わることによって見え方や印象が変わること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 面積効果

    解説

  • 25

    実際よりも長さや大きさ、明るさや色みなどが際立ってずれる現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 錯視

    解説

  • 26

    十字路の中心部が同色相の彩度の低い陰が見える現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーマングリッド

    解説

  • 27

    グラデーションなど階調をなだらかに変化させる表現を行ったときに階調の境界線が目だって見える現象のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マッハバンド

    解説

  • 28

    異なる有彩色が隣接し、それらの明度差がほとんどない場合、境界線が曖昧になりチラついたりする現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リープマン効果

    解説

  • 29

    格子模様の十字部分が抜けている時その部分が明るく丸い形に見える現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エーレンシュタイン効果

    解説

  • 30

    エーレンシュタイン効果の丸く見える部分を薄い色の線で結ぶと周りが広がって見え、まるでネオンの光のように明るく見える現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネオンカラー効果

    解説

  • 31

    明度の異なる色が重なった領域に最もふさわしい色をのせると、その部分が透けて見えること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 透明視

    解説

  • 32

    物理的には色みのない対象に色覚を覚える現象のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主観色

    解説

  • 33

    縦や横の方向の異なる緑の縞と赤の縞を交互に数秒ずつ凝視し数分間順応すると白黒の縞が方向によって順応時の補色に薄く色づいて見える現象。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マッカロー効果

    解説

56990

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ